この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

エマニエル夫人《無修正版》 [DVD]  [アダルト]

5つ星のうち 3.8 44件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more
アダルト商品につき18歳未満の方は購入できません。
商品は外から見えないよう厳重に梱包してお届けします。


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: シルヴィア・クリステル, クリスティーヌ・ボワッソン, アラン・キュニー
  • 監督: ジュスト・ジャカン
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen, アダルト
  • 言語: フランス語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東北新社
  • 発売日 2005/06/24
  • 時間: 91 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 44件のカスタマーレビュー
  • 国外配送の制限: この商品は、日本国外にお届けすることができません。
  • ASIN: B0006TPJJW
  • EAN: 4933364210197
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   1974年に日本公開され、ポルノ映画でありながら多くの女性客を集めて社会現象となったフランス映画。ピエール・バシュレの囁くような主題歌、籐の椅子に座った全裸のシルヴィア・クリステルのポスターは、あまりに有名。
   20歳の若妻エマニエルは、夫の赴任先であるタイで様々な性体験に身を委ねる。性の哲学者とも言うべきマリオ老人と出会ったエマニエルは、さらなるアバンチュールを重ね、やがて成熟した大人の女性へと変貌していく…。
   冒頭とラスト、エマニエルは鏡台に向かって化粧をする。冒頭のそれは、まだ幼い、少年のようなエマニエルの無邪気な表情を捉えているのに対し、ラストでのエマニエルはあたかも娼婦のような出で立ちで、濃い目のルージュを唇にひく。ひとりの女性の精神的旅立ちを描いたこのシーンから放出される、毅然とした迫力に、男はただただ圧倒されるしかないのだろうか。(斉藤守彦)

内容(「Oricon」データベースより)

フランス外交官の妻がタイで繰り広げる愛の軌跡を描いた、1970年代を代表するソフトポルノのヒット作。ヘア解禁版。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
過去2度ほど投稿しましたが、何故か掲載されませんでした。でも、どうしても言いたいので、再々投稿します。
アメリカ版より色も綺麗で、例のタバコのシーンも長かった気がする。なんと評判の米アンカーベイ盤(廃盤)より綺麗です!ただ、この商品はpalからNTSCに変換してるので、早廻しになってしまい、やや音が高いです。残念ながらシルビアは出演していないが、特典映像のスタッフ達の思い出話は楽しい!(乗馬のシーンは男性が乗っているとか)以上良いところ。

ただ、どうにも納得いかない事が2つ。'1・・日本語字幕がひどい。そもそも日本語として成立していない所が多い。エマニエルが絶対言わないと断言出来るいいまわしもあります。
ほかのDVDのレビューでどなたかが、「ユニヴァーサルの字幕は日本人がしていない」と書かれていました。制作費を安くするため他国人に依頼しているそうです。それでも最後に日本人がチェックしろよ!'2・・あまりに興ざめなので、字幕をオフにしようとしたら、それもダメ。字幕が消せない!!
コメント 144人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 のりむす 投稿日 2004/12/14
形式: DVD Amazonで購入
 公開当時、友達とドキドキしながら観に行った。 その直後、ヘア解禁版も上映されたが20歳くらいで何だか恥ずかしくて見に行けなかった。最近、ふとその事を思い出してDVDを注文しようとしたらずーっと売り切れ状態。後悔しきり。
 だから、今回の発売(それも3作同時)は単純にうれしいの一言。
女だって見たくなる。シルビア・クリステルの魅力だと思います。
コメント 65人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
異国情緒として、タイを選んだところが良いとおもいます。インモラルな雰囲気がうまく描けているとおもいます。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
フランスでは、「男は自動車と同じ。良いと思うものを乗り換えていけばいいのよ」というのが、普通の女性の発想だそうです。
ですから、ミッテラン大統領の愛人が見つかっても、誰も騒ぎません。
そんな性の自由な国から来た、清楚で純粋なエマニエル夫人。
彼女は、外交官である夫の赴任地タイに来ます。
同じフランス人たちは、現地で性の自由を謳歌しています。
夫さえも、彼女に「自由にしていいよ」と言うのです。
でも、自分の中の殻から抜け出せなかったエマニエル。
しかし、女友達との小旅行で、女としての喜びを知って変わり始めます。
決定的だったのは、フランス人で性の熟達者の老人との出会いでした。
これまでしたこともない、タイ人キックボクシングの試合を見て、
興奮します。
勝利者は、賞品としてエマニエルを求めます。
どうしていいか、老人に目で尋ねるエマニエル。
老人は、黙ってうなずきます。
エマニエルが、現地のタイ人に抱かれたはじめての体験でした。
エマニエルが、そのとき上げる喜びの声が美しいです。
交わりのシーンが、とても美しく描かれていて、この映画は単なるアダルト映画とははっきり一線を画します。
ラストシーンで、鏡台の前で化粧をするエ
...続きを読む ›
コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
私が若い時、この映画が大変な話題になっていました。
DVDを借りて早速見てみたものです。
シルビア・クリステル演技のエマニエル夫人は、フランス人としてはとても遅手。
パリでは夫以外の男性を知りません。
ところが、夫の赴任地タイに行く飛行機の中で、ファースト・クラスの座席とトイレで、
それぞれ1人の男とセックスしてしまうのです。
タイについたら、フランス人女性が性の開花に励んで男あさりをしています。
そこから、エマニエル婦人の性の放浪が始まるのです。
個人的には、最後の方で、タイ人キックボクサーとバックでセックスして、
思わずあえぐエマニエル婦人の声がたまりません。
禁断の白人女性と黄色人男性のセックス・・・・・!
最後のシーンで、エマニエル婦人が、ソックスだけを履いて、鏡の中に写る
場面が良いです。
初めて画面に登場した時の清純な姿と比べて、アイシャドウを濃く塗り、
足を大きく広げて組む姿。
エマニエル婦人は大人になったのです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
巷に氾濫していた藤の椅子に座ったポスターで、私は本作品の主演女優シルヴィア・クリステルを完全に誤解していた。本作品を鑑賞する前まで、エマニエルを成熟しきっていて妖艶な大人の女性だとばかり思っていたのだ。しかし、それは完全に誤解であった。

エマニエルは、まだまだ、女性としては成長途上にある20代前半の初々しい女性。
性に対して、ひそかな欲求を感じつつも、前に進めないもどかしさがある。

外交官の夫とタイの大使館赴任に同行し、現地のお屋敷に優雅に住んでいる舞台設定も心地よい。贅沢をするならやっぱり、アジアだ、と納得してしまうではないか。

エマニエルが美しいために、さまざまな誘惑が彼女を取り巻く。その誘惑に翻弄される姿がなんと美しいことか。
たしかに、明らかにこの作品は傑作である。

しかし、あのポスター。やはり子供心には誤解を生じさせるものではある。
 
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック