日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

エブリデイ (字幕版)

 (124)
6.41時間37分2018PG12
映画「エブリデイ」は、16歳の少女リアノンが霊体“A”に恋をする物語。“A”は、毎朝違う体に憑依して目を覚まし、毎日違う人生を送っている。
このビデオは、現在、
お住まいの地域では視聴できません
ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
『ベイクオフ・ジャパン』シーズン1 独占配信中

イギリスの大人気番組『ブリティッシュ・べイクオフ』の日本版がついに登場!審査員は、一流パティシエの鎧塚俊彦さんと日仏ベーカリーグループオーナー/パン職人の石川芳美さん。全国から選ばれた10人のアマチュアベイカーたちがお菓子やパン作りなどベイキングの腕を競う!
今すぐ観る

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
Jacob BatalonJustice SmithLucas Jade ZummmanMaria BelloOwen Teague
提供
MGM
レーティング
PG12対象
コンテンツ警告
飲酒暴言性的なコンテンツ
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

レビュー

5つ星のうち4.0

124件のグローバルレーティング

  1. 49%のレビュー結果:星5つ
  2. 23%のレビュー結果:星4つ
  3. 15%のレビュー結果:星3つ
  4. 9%のレビュー結果:星2つ
  5. 4%のレビュー結果:星1つ
並べ替え:

トップレビュー日本から

chien2018/10/07に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
素晴しい脚本。
確認済みの購入
いいお話です。脚本がいいです。
それに出演している若い役者達が自然な演技でとても上手いです。
だれもが「A」をしっかりと演じています。

なにより人を愛することの本質を示しています。
それは「人に寄り添う」ことです。

実は「A」は天使であり、キューピットなのかもしれません。
天使は人の幸せのために生きています。
そして人にとって大切な生き方は「人を幸せにする」ことではないでしょうか。

この映画は、単なるロマンチックな青春映画とあなどってはいけないと思います。
68人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Movie Customer2018/10/07に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
心から人を愛するという事を教えてくれる映画
確認済みの購入
毎日別人に憑依してしまう精神体「A」と偶然出会った事で、10代に良くある「勘違いの恋」から目覚めて「本物の恋」を知る16歳の少女の話。
とにかく相手を想ういろいろな感情が押し寄せて来て、ずっとドキドキが止まらない。観ていると「好きになったら外見は関係ないんだなぁ」と改めて実感します。こんな恋愛映画には滅多に出会えないと思う。
個人的に最後の告白は「マディソン郡の橋」を思い起こさせるセリフで、本当に胸が苦しく観ていて辛かった。
28人のお客様がこれが役に立ったと考えています
天吾2019/06/24に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
何を描いているのか分かりにくい
確認済みの購入
男でも女でもない、特定の身体を持たないAは、24時間ごとに別の人間の身体に乗り換えて行動する
対して主人公は唯一簡単にAを見つけられる16歳の女の子
「見た目よりも心が大事」というセリフがある通り、見た目や肩書きにこだわらない純愛を描いている
…これが表の見方

裏の見方としては、主人公は多感な時期の女の子であり、両親の不仲、ボーイフレンドへの不満が冒頭で描かれていることからAという事象は彼女の精神不安に起因するものだという解釈だ
(作中では「他の人と違う人」もしくは「悪魔」として扱われているが、このレビューでは「現象」として説明する)

客観的に見れば、主人公の女の子は毎日違う人に心を奪われている
誰彼構わず平気でキスしたり身体を重ねたり、というのは好奇心や性欲を用いた自傷行為だ
そして自分も乗り移られ、気づけば身に覚えのない下着をつけていた、というのは自慰行為の隠喩か
クラスメイトから「アバズレ」と揶揄われているシーンもあるが、Aが彼女の妄想(言い訳)であり、彼女は実際にメンヘラビッチだったという見方は十分成立するものだろう

思春期の頃に性欲を抑えきれず、後から思えば恥ずかしいような行為をしてしまった経験は大なり小なり誰にでもあるはずだが、彼女の場合は前述した精神不安が引き金となり、すっかり抑えが効かなくなっていたのではないだろうか
つまり彼女は病んでいて他人に依存することで自分を保てていた、その相手(A)は必要としてくれるなら誰でも良かった、という設定に思える
(もっとも同じ16歳という縛りだけが説明つかないが)
Aと会う約束をしていたのに連絡が来なかったために激昂したのも彼女の精神不安の裏付けに思えるし、彼氏がゲームしてるところを眺めていてもつまらない、という不満はつまり「もっと構って欲しい」ということ
薬物中毒の友達にAを乗っ取らせて救おうとしたのも、支えとなり自分が必要とされることで平静を得ていただけなのかもしれない

物語のクライマックスでAという事象は彼女に向かって現実を突きつける
「もし僕が乗り移った人が結婚してたら?」「子供が欲しくなったら?」「父親は誰になる?相手は君が二度と顔を会わすことのない男だ」
見知らぬ人に身体を委ね続ける人生は報われないだろうという警告(気づき)があってAと決別する
この決別は精神の安定、人間としての成長を意味しており、腰を落ち着かせて再スタートを切るハッピーエンド

自分としてはこの裏の見方の方が面白いと思うし、しっくり来ているのだが、あるいはただの意地の悪い見方なのかもしれない
(ちなみに表の見方をすべき作品なのだとしたら、つまらないので星1つです。)
切り口が浅いために色んな解釈ができてしまいそうな作品
能動的に考えるのが好きな人以外には向かないと思う
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
zimzimsee2018/11/22に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
人と関わるということ
確認済みの購入
週末前夜の1本として、レビュー評価がよかったので観てみました。主人公の高校生リアノンを取り巻く状況、人、そして彼女自身が変わっていく様子ーー不思議な精神(spirit/霊)的存在、「A」の影響でーーがシンプルに、でも丁寧に優しく描かれていました。見終わった今、とても穏やかな気分です。

以下、ネタバレ的な感想です。彼「A」は善意の人で、自分の存在の意味を探しながら生きています。1日だけ体を借りる、という形で関わった人に悪い影響を残さないように、それぞれ24時間を心を込めて。でも、リアノンと出会い、励まされて、よりポジティブにいい影響を与えようと行動するようになります。昨日まで全く知らない人、そして今日は自分と一緒にいるけど明日はもう関係なくなる人のために、その人自身が傷ついたり、その家族が悲しんだりすることを、自分の痛みとして共感し、そして行動する。いろんな人の毎日を見てきたからこその共感力だと思うのですが、そこに現代社会と世界に今必要な「愛」を見ました。人を大切に思う愛は外見や性別を超えられる、というメッセージを受け取りました。私も「A」のように、1日1日を大切に、与えられたいのちと環境の中で、精一杯、いい影響を及ぼすために生きていかないと!としみじみ思います。単なるティーン向けの恋愛映画で終わらせるのはもったいない、本当にいい作品でした。
24人のお客様がこれが役に立ったと考えています
S★member2018/11/06に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
字幕も吹替も観て原作本も買いました
確認済みの購入
期待なしで見たところ凄く好きな話で感動しました。アメリカの青春映画ですが思春期の恋愛と綺麗な描写に惹き込まれます。主人公の女の子がとっても可愛いです!恋愛以外の夫婦関係、ジェンダーなどの見た目についても考えさせられる映画だったので、即原作本を購入しました。Amazonで売ってましたが内容確認したくて本屋へ行ったところ児童書コーナーに並んでいたので驚きましたが大人が十分感動する内容です。映画では主人公の女の子が毎晩違うお相手と愛を育んでいる軽い娘のような設定でしたが原作本はもう少し繊細に書かれてました。原作本ある映画はダイジェスト版ですから仕方ないでしょうね。映画を観て良かったと感じた方は原作本お勧めです。
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
58582018/10/29に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
すっごく良かった!オススメ!!
確認済みの購入
主演のアンガーリー・ライスがとても可愛くて魅力あります。スタイルも良く着る服が全てオシャレ!『ナイスガイズ』のあの女の子だったとは!気づかなかったです。
ストーリーが観たことないストーリーで
面白くて息付く間もなく最後まであっという間に観てしまいました。
切ないストーリーですが、これで良かったんだって思わせるAの優しさが心に残る映画です。何となく観てみただけなのに自分の中では上位に残る周りに勧めたい映画です!
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Red beans2020/09/12に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
ほんのりとスパイスの効いた青春ファンタジー
確認済みの購入
テンポよく、且つ愛らしい作品で、すっきり観ることが出来ます。

**少しネタバレ入ります。**
「人を好きになるのに見てくれも性別も関係ない、あなただから好きになるんだ。」
としつつも、外見や性別が十代のヒロイン リアノンに与える心理的影響をほんのり描いているところが、このファンタジー作品に一定の現実的スパイスを加えていて好感を持ちました。

もうひとつ好きだったのはラストシーン。
インスタグラムで”A”が載せたNYCの軌跡画像に対して、唯一”A”のSNSにアクセスを許されたリアノンが『Good』をした瞬間に映画の幕が下りるのがとてもクール。

P.S.
特定の方への誹謗ではないのですが、少しだけ追加コメントさせて下さい。
韓国映画「ビューティー・インサイド」のパクリというコメントを拝見して調べてみましたが、「ビューティー・インサイド」は2015年公開映画で、「エブリデイ」が2018年公開映画だったからおそらくそう思われたのかと。
ただこの「エブリデイ」はオリジナル脚本ではなく、2012年に出版された同名小説「エブリデイ」をベースにしているので、実際は「ビューティー・インサイド」の方が小説「エブリデイ」にストーリー設定のインスピレーションうけた可能性はあっても、その逆は無いかなと思いました。
「ビューティー・インサイド」も素晴らしい映画の様なので、コメントを書かれた方はその映画への愛着から、がっかりされて、悪意なくコメントされたのだと思います。
ただ、これから「エブリデイ」を観ようか検討される方に、誤った先入観を与えてしまう可能性があり、それが原因で観ずに通り過ぎさせてしまうのはちょっと勿体無い作品なので、お節介は承知の上で訂正させて頂きました。
コメントされた方が気分を害されることがないと嬉しいです。
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
TSH2020/09/21に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
「16歳=未熟で多感な年頃」という前提を常に忘れなければ、しんみりと感動出来る若者向け映画
確認済みの購入
最初から終盤直前まで、主人公の女の子はかなり「自分勝手」です。
Aという存在が他者の人生を「奪っている状態」でも構わず残ってほしいと頼みますし、
自分の言動でかなり大きな不利益を憑依中の人物に与えても『自分を見て』的に期待します。

が、設定年齢が「16歳」なので、ある意味では「自然」な描写です。
ここを「まあ、そんな年頃だよね」と【許容出来るかどうか】で、
まず評価が分かれます。
その年頃の記憶を忘れて『けしからん!なんて自分勝手なんだ!!』と怒る人には、
もうこの時点で★1か2しか付けられないでしょう。
逆に、当時の記憶を思い出したり、その年頃であるなら
『あ、そんな年頃だったなあ…』/『あ、わかる、この感じ…』となりやすいので、
高評価に転じやすくなります。

基本的に【若者向け映画】なので、中学~高校生、又はその年頃を思い出せる年齢や人でないなら
【致命的に相性が悪い映画】ですので、そもそも観ない方が良いかもしれません。
総合評価に関しては、「そういう人達の評価は省く」前提ですので、
もしも該当しそうであれば【★1映画だと思って観ない】のが得策です。
※以降「同じ年齢帯/思い出せる人」向けとしてのレビューとなります
※以降【ネタバレ】を多少含みますのでご注意下さい※



設定としては欧州の古い民話を思い起こさせるような懐かしさのある柔らかい設定です。
「1日毎に別の人物の身体に移り変わり続けるとどうなるのか?」は
中々に哲学的な側面もあって徹底していたらその方面でも面白くなったのですが、
途中で・・・となります。
最終的には、A→自己犠牲、主人公→心の成長、という形に向かっていきますが、
Aの能力?性質?についての詳細な説明が無いので、途中で少し「?」となる場面も出てきます。
(一応、推測可能&恐らくそうだろうと思うに足る「情報」は提示されます)

ここで、Aが「真っ当な精神状態を保てているのはどうして?」という疑問が出てきますが、
作品テーマ的には重要で無いのでスルーされますし、鑑賞時にもスルーして良い部分ではあります。
ただ、Aは余りに「それまでの人生」に多数の疑問が出てきてしまう「存在」であり、
あれだけ「肉体的性別を問わずに入れ替わり続ける」のに
「基本人格が男性」というのは、もう少し理由が欲しかった気もしました。
また、「肉体は女性だが精神は男性」という人物に憑依したりもありましたが、
そうした部分も「ジェンダー問題に触れてはいますよ?」的な「ポーズ」的に流されてしまったのも
作品の<質>としては惜しかった気もしました。
(※作品の<面白さ>の部分では、そこまで重要では無かったのですが)

と、基本的には、「男性の精神と女性の精神の恋物語」となっており、
時々女性の身体に入る事があっても、肉体関係的な部分を含めるとやはり
「女と男」的な構図になっていたのは、ここも惜しい部分だったと感じます。
(まあ、あんまり踏み込むと複雑化し過ぎるので、敢えて回避したのかもですが…)

こうして考えていくと、設定は面白いのですが、展開そのものは結構「王道的」であり、
結末も「王道的」ではある内容です。
悪く言えばテンプレ展開ですが、丁寧にテンプレを押さえてくれているので
踏み込んだ見方をしなければ「素直に楽しめる恋物語」にはなっています。
(厳しい言い方をすると「浅い」のですが)

ただ、上記した様に「描写は丁寧」なので、
踏み込んだ見方で鑑賞せず「ロマンスとして消費するコンテンツ」として視聴するなら、
そうしたものを「期待」する人達とは非常に相性が良く、
要は【男女の恋物語+乗り越えるべき障害+自己犠牲による**】という
単純化すると数多ある【感動しやすい物語】となっています。

終盤の言動含め、古来から繰り返されてきたものの「焼き直し」なのですが、
この作品がそうした「形式」を「初見」な人は「新鮮な物語」として
純粋に楽しめるので、民話や戯曲や小説等を過去にどれだけ触れてきたのかでも
評価は変わりやすい作品です。

個人的な「好き嫌い」で評価するなら、Aの自己犠牲に注目するなら★5ですし、
主人公側の言動に辟易すると★2ですが、総合的な「好感度」は★4です。
ですが、【質】で評価するならば、前述した様に「過去に多数の人々を感動させ続けてきたテンプレを活用」
という作品なので、基本的な評価は★3となります。
が、ここも前述しましたが丁寧な描写をしていたので、+1して★4と言うのが
「質」の「総合評価」です。

ただ、【障害に邪魔されながら男女が惹かれ合い、最終的に自己犠牲に殉ずる】という
テンプレを素直に楽しめるなら★5として楽しめる作品ではあります。
逆に、映画以外の作品に数多く触れている人には『ああ、またか…』となりやすいですし、
哲学的な側面は結構スルーされてしまったこと、「何度も繰り返されてきたテーマ」なことを考えると、
★3以下の評価を付ける人がいても不思議で無い作品です。

但し、これは【どちらも正しい評価】であり、
「恋物語として楽しめた」なら★5を付けるのは「正しい」ですし、
「テンプレの焼き直しで目新しさは無い」と考えて★3を付けるのも「正しい」ですし、
「テーマは手垢塗れなうえに内容は浅い」と思って★1を付けるのも「正しい」【評価】です。
この辺りは「それまでの人生経験」や「性格」等々で変動しますので、
【高評価が付いてたから鑑賞してみたけど→その通りだった!/普通だった/NGだった】
と分かれますので、作品が【若者向けの典型的な恋物語】であることだけは
認識してから、鑑賞し始めた方が無難かもしれません。

そもそも論として「恋物語」の大多数は極論言えば【合うか合わないか】なので、
合わないと感じた人を貶すもの不適切ですし、合った人を貶すのも不適切です。
『楽しめたならそれで良いじゃないか』/『楽しめなかった、けど仕方ない』
そう思える人が、期待し過ぎずに鑑賞するのが、一番良いかもしれません。

【補足】
『某韓国映画のパクリだ!リメイクだ!』的なレビューが散見されたので補足を。。
軽く調べてみたところ、時系列順に並べると、
①デイヴィッド・レヴィサンが2012年8月に上梓した小説『エヴリデイ』が原作
②『ビューティー・インサイド』(「某韓国映画」)は、2015年公開の韓国映画
③『エブリデイ』は2018年にアメリカ合衆国で公開された恋愛映画
なので、①の映画化である③は②のパクリでもリメイクでもなさそうです。

ちなみに②は元となる②’という動画があるようなのですが、こちらも
2012年8月に公開とのことで、小説の発行と動画の製作期間を逆算すると、
A】「完全なる偶然」で似た設定だった
B】①に影響されて②’の動画を急ぎ製作した ※②’の監督=②の監督
となるので、この視点でも③(本作品)が②(「某韓国映画」)の
『パクリだ!リメイクだ!』には該当しないと考えられます。

内容としては、
② →性別・年齢・人種に関係なく毎日違う容姿で朝を迎える男
①③→霊体が毎日取り憑く人間を変えていた
②は「人格は同じで、肉体が毎日変動」、
①③は「肉体ベースで見ると人格が変動(人格が肉体を変動していく)」
ので、設定も少し異なっているように見えます(かなり似ていることも事実ではあります)

但し、「日毎に異なる身体になってしまう」というのは、
欧州の古い民話でいくつか似たベースがあるので、
もっと言えばそっちの方が「オリジナル」と言える気もします。
(「偶然」②や①が「似た設定だった」というのも、あり得ます)

この作品に限らないですが、『パクリだ!』と批判する場合は、
まず【時系列】を調べて並び直してみると良いかもしれません。

なお、調べていた過程で、①の原作小説の推奨年齢は「14-18」とあったので、
「ティーン小説」(=「若者向け」)と感じたのは合っていたようです。

「某韓国映画」(邦題は『ビューティー・インサイド』)の方も面白いらしいので、
機会があれば観てみたいと思います。
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示