エバー・アフター [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

エバー・アフター [DVD]

5つ星のうち 4.4 85件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,533
価格: ¥ 832 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 701 (46%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、因幡路本舗が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:14¥ 477より 中古品の出品:5¥ 519より

この商品には新しいモデルがあります:

エバー・アフター [DVD]
¥ 991
(85)
在庫あり。

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でエバー・アフター (字幕版)を今すぐ観る ¥ 199 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • エバー・アフター [DVD]
  • +
  • エバー・アフター (名作映画完全セリフ集―スクリーンプレイ・シリーズ)
総額: ¥2,128
ポイントの合計: 36pt (2%)
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: ドリュー・バリモア, アンジェリカ・ヒューストン, ダグレイ・スコット, ジャンヌ・モロー
  • 監督: アンディ・テナント
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日 2010/06/25
  • 時間: 121 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 85件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B003N0GC7Y
  • JAN: 4988142795823
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 78,680位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

ドリュー・バリモア主演、
真実の「シンデレラ物語」とは──。

<キャスト&スタッフ>
ダニエル“シンデレラ”…ドリュー・バリモア(松本梨香)
継母ロドミラ…アンジェリカ・ヒューストン(沢田敏子)
ヘンリー王子…ダグレイ・スコット(石川 禅)
貴婦人“陛下”…ジャンヌ・モロー(稲葉まつ子)

監督・脚本:アンディ・テナント
製作:ミレイユ・ソリア/トレーシー・トレンチ
脚本:スザンナ・グラント/リック・パークス

●字幕翻訳:戸田奈津子 ●吹替翻訳:栗原とみ子

<ストーリー>
“陛下と呼ばれる貴婦人のところにグリム兄弟が招待された。兄弟は収集した童話の1つ「シンデレラ物語」が間違ったものであると伝えられる。そして陛下は真実の物語を静かに語り始めた……。

<ポイント>
●ドリュー・バリモア主演、真実の「シンデレラ物語」とは──。

<特典>
●オリジナル劇場予告編集

内容(「Oricon」データベースより)

継母と2人の姉に虐げられていた主人公が、王子との愛を実らせるまでの姿を描いたシンデレラストーリー。ドリュー・バリモア、ダグレイ・スコットほか出演。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
ドリュー・バリモアは良い作品に恵まれてるなぁ…久しぶりにぼろぼろ泣いた。
冒頭の「Once upon a time...」のBGMでいきなり、音の波の中でずっと漂っていたい感じの落ち着いた名曲。この時点で、あ、これは当たりだわ間違いないわ、と思う。音楽大事。
童話の話と微妙に違うところがまたうまい具合に観る側の心を揺さぶってくる…継母を絶対悪にしないところがまたおぉぉぉ???ってなるよね、良い、すごく良い。次女のキャラクターもあぁこういう感じにしたのか面白いなぁーって。そう、良い人と悪い人をきっちり別けられないから良いのだ。
王子様の心中揺れ動くさまとか、突っ走ってすれ違うさまがまた巧くて、おとぎ話のシンデレラをぐぐいっと現実側に引き寄せているからなおさら感情移入できるんだよね、良い…
また観たい素晴らしい作品でした
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
ドリューの逞しさには、スカッとさせられます。頭もいいし、継母や義理の姉妹に意地をされても、じっと我慢している。
でも、最後には自分がつらい思いをさせられたのと同じ立場に立たせるところはさすがです。
王子だけでなく、誰もが勇気や元気をもらえる素晴らしい映画です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
レビューが高かったのと、見たいと思ったので選びました。レビュー通りこぎみよく楽しめました。王子様が初めからずっと素敵ではなく間違えたり、継母達が最後にギャフンとなる結末は綺麗事でなく気持ちよかったです。
まだご覧になってなかった方は是非(プライムビデオに期限があるの知らなかったのでウォッチリストから消えてしまう前に気になるのは見ようと思います)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
あまり期待しないで見始めたのですが、冒頭から美しい映像と音楽で引き込まれました。
一目見ただけで恋に落ちお姫様になるようなシンデレラ物語ではなく、しっかりとドラマが描かれています。
ディズニーのシンデレラより好きです。お薦めです。

没入感 5
感動 5
爽快感 5
ビジュアル 5
好み 5
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
いままでとはまったく違ったシンデレラストーリーだと思ってください
御伽噺の定番のように、王子様がお姫様を幸せにするのではなく、
お姫様が王子様を幸せにする感じです

ジャンヌ・モロー演じる陛下から始まる物語の定番フレーズ
「昔、昔、あるところに」
この言葉から誰もが知っているシンデレラが幕を開ける
最初きっとシンデレラのストーリー通りだろう
アンジェリカ・ヒューストン演じる義母は、
まさにぴったり
いじわるというよりも
自分の人生を生き抜くために女であることを
最大限に使って最高の時間をてにするのよって
感じがひしひしと伝わってきます
個人的には、姉の存在が一番のお気に入りです
綺麗だけど我儘でまさにやりたい放題
でも、どこか憎めないのはその潔いまでの
シンデレラとの対比的な役柄だからだと思います
そして、何より物語のキーを握るのが、
ドリュー・バリモア演じるシンデレラだ
しかし、彼女が演じるのはいじめに耐えて
しくしく毎日を過ごす女性ではない
己の知識と力でピンチを切り抜け
確固たる信念を持ったそんな女性
現代のキャリア・ウーマンの如きかっこよ
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: Blu-ray
この映画の内容や魅力については他のレビューで十二分に述べられているのでいいとして、気になったのはやはり王子のキャスティングである。
はっきりいって若くもイケメンでもないし、性格的にも勇敢さや潔さはヒロインの方に譲った、人間臭いアンチヒーローとして描かれている。
ただ、王子が最初にヒロインに惹かれたのが、貴婦人のはずなのに下男を助けようとする正義感や、王子に対しても一歩も引かず、哲学書を引用して黙らせるその知性である。その意味ではこの俳優さんの演技がとても自然であり、王子役が軽薄そうな今どきのイケメンでない意義がそこにあると感じられる。

ただし、ヒロインの方がなぜ王子に惹かれたかということについては、はっきりいって最後まで違和感をぬぐえない。芯の強い女性がどういうわけか甘えん坊の心弱さに引かれてしまうとかいうのは他の心理的な作品に任せておいて、そこはそれ、この映画は"おとぎ話"なのだから、もっと分かりやすくていい、例えば"だめんず"の恋に対する一途さや誠実さ、あるいはふとしたときに見せる意外な男らしさであったり、そういういわゆる"キュンポイント"があればもっと自然な展開になったのではないかと思う。
フィクションの世界ではよくある"好きになるのに理由なんていらない"などと
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。海外モデル