中古品
¥ 375
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙に若干スレキズありますが目立った傷みや汚れ,書き込み等なくキレイです。除菌清掃済みです。アマゾン配送センターに保管してありますので在庫確実にあります。●送料無料にてアマゾン配送センターより発送です。代金引換・コンビニ払い・コンビニ受け取り・お急ぎ便などにも対応しています。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

エネルギー革命 メタンハイドレート (家族で読める family book series 003) (家族で読めるfamily book series―たちまちわかる最新時事解説) 単行本(ソフトカバー) – 2009/5/28

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 60

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

30年後、日本で起こるエネルギー革命

悲願の自国資源が実用化される日

石油から天然ガスへ、エネルギーの主役が転換する近未来、日本は沿海のメタンをパイプラインで引いて利用できる。21世紀の人類と地球環境に、大きなインパクトをもたらす「メタンハイドレート」の最新知見を徹底解説!

著者について

1947年生。東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻教授。理学博士。日本におけるメタンハイドレート研究の第一人者

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 96ページ
  • 出版社: 飛鳥新社 (2009/5/28)
  • ISBN-10: 4870319284
  • ISBN-13: 978-4870319288
  • 発売日: 2009/5/28
  • 商品パッケージの寸法: 20.6 x 14.8 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 749,058位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
Youtubeにて、株式会社独立総合研究所の自然科学部長である青山千春水産学博士の、日本海でのメタンハイドレート(以下MH)研究の動画を拝見し、以前からエネルギー安全保障のカギとして注目されているMHに興味が湧き、本書を手に取りました。

著者は日本海のMH研究第一人者、かつ上記博士と共に日本海で研究を続けている方で、石油利権に囚われない稀有な地質学者です。

本書の構成は
1、MHの性質(固体化した天然ガス)、生成と集積の仕方、これまでの研究結果
2、南海トラフや日本海東縁など採掘個所の特徴
3、過去6億年に5回起きた生物の大量絶滅とMHの関係性
4、MH開発に伴う環境的問題点とその対策(MH採取後の海底の不安定化、つまり地滑りの懸念とその対策)
5、今後のエネルギー開発に関する提言(国際協力、機密以外の情報開示)

となっています。

興味深かった主張を箇条書きします。
・世界第6位の広さの日本の排他的経済水域には、約6兆立方メートル(日本の年間天然ガス使用量の100年分以上に相当)ものMHが存在する可能性がある。

・現在日本の天然ガスの供給地は中東や東南アジアなので、輸送費を含むと「世界一高い天然ガス」となり国内需要
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 著者は、東大の先生で、わりと「堅い本」である。ただし、92ページしかないし、パンフレットみたいな本でもある。
 曰く・・
 メダンハイドレートとは、水分子がつくるカゴの中にメタンなどのガス分子が閉じ込められた氷状の物質。水分子のカゴの中にメタンなどちょうどよい大きさの分子が入ることで安定した結晶構造を維持できる。資源量は天然ガスの2〜10倍と推定される。
 密度は氷とほぼ同じで水よりも軽い。海底から放出されると、溶けながら海面まで浮き上がってくる。
 メタンハイドレートは(1)微生物分解起源と(2)熱分解起源の2種類。(1)は、動植物の死骸がバクテリアによって酸化分解され、更に、メタン生成菌によって食べられることで生産されるメタンであり、(2)は、地中奥深く埋没した有機物が地熱によって無生物的に分解されるメタンである。(1)は、海底下200〜300メートルに偏在し、(2)は、海底下3000〜4000メートルに局在する。
 海域のメタンハイドレートは、大陸縁辺に多く(有機物が流れ込みやすいので)、陸から離れるとほとんどない。低温高圧環境に多い(陸地なら永久凍土地帯に多い)。
 二酸化炭素削減のためにも天然ガスの需要は高まる。日本は世界一高い天然ガスを買っている。まず、供給地である中東や東南アジアにまでパイプラインをひけない
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック