¥ 2,916
通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
エネルギーの視点からみた放射線 ─強(こわ)くて、... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

エネルギーの視点からみた放射線 ─強(こわ)くて、恐(こわ)いけど、怖(こわ)くない─ 単行本(ソフトカバー) – 2018/1/13


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2018/1/13
¥ 2,916
¥ 2,916

AmazonStudent
【学生限定】Prime Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元。6か月無料体験登録をして、お得に本を買おう。(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞
2017年にAmazonで最も売れた本をご紹介 >詳しく見る

商品の説明

内容紹介

放射線に関しては、これまでにも様々な本が出版され、インターネットでも多くの情報を得ることが出来ます。
しかし、これらは放射線が生物に与える、目に見える影響が主なテーマになっていて、目に見えにくい効果につ
いてはあまり取り上げられていません。
そこで本書では、放射線とはエネルギーを運ぶものであるという視点から、放射線がどのようにして様々な物質
(無機物、有機物、生物) にエネルギーを与えるか、また、放射線の持つエネルギーの大きさによってエネルギー
をやり取りする仕組みがどのように異なるのか、という点に焦点を当て、広い観点から放射線を理解できるよう
な記述を心掛けています。
本書を読むことにより、放射線は強<こわ>くて(かたい・つよい量子線)、恐<こわ>い(客観的にみて悪影響を及ぼ
し得る存在)けど、怖<こわ>くない(むやみやたらと恐れたり、否定する必要はない)ものだと理解できるようにな
るでしょう。


▼目 次

 まえがき

第1章 放射線はエネルギーを運んでいる
 1-1 放射線はこわい?
 1-2 この本には何が書かれているか
  放射線とはエネルギーを運んでいるものである/あらゆる物理・化学現象はエネルギーのやりとりで
  起こっている/被曝とはエネルギーが与えられることである/同じエネルギーを運んでいる放射線で
  あっても、その種類によっては物体に与えるエネルギーは大きく変わること/放射線を議論する際の
  物理量(単位)と放射線計測/放射線エネルギーの大小または高低と放射線の強度について
 1-3 物質からのエネルギーの放出(黒体放射から放射線の放出へ)
 1-4 宇宙と自然放射線
 1-5 物理・化学現象とエネルギーのやりとり
 1-6 放射性物質と人工放射線
 1-7 まとめ

第2章 放射線(エネルギー量子線)とは
 2-1 放射線とはエネルギー量子線である
 2-2 エネルギー量子線源とその強度
  エネルギー量子線源/エネルギー量子線源としての放射性同位元素の特性/線源の形状、点線源、体
  積線源、面線源、空間線源/空間線量率
 2-3 物質に入射したエネルギー量子線からのエネルギー付与
 2-4 被曝(人体や生物へのエネルギー付与)
  体外被曝/体内被曝/線量率(エネルギー量子線の与えるエネルギー(GyとSv))/ベクレル(Bq)から
  GyまたはSvへの換算
 2-5 遮蔽および除染
 2-6 生物・人体への影響

第3章 エネルギー量子線源(放射線源)について
 3-1 放射性同位元素
  安定同位元素と放射性同位元素/放射性同位元素からのエネルギー(量子線)の放出/自然に存在する
  放射性同位元素/自然のエネルギー量子線による人体の被曝/ヨウ素131とセシウム137からのエネ
  ルギー放出と被曝
 3-2 太陽からの放射
 3-3 原子炉
 3-4 福島原発
 3-5 人工エネルギー量子線源
  加速器/X線発生装置/レーザー

第4章 エネルギー量子線の物質(無機物、有機物、生物)への影響
 4-1 被曝の影響評価について
  なぜ安心安全な被曝線量を明言できないのか/被曝の確定的影響と確率的影響/低線量被曝の影響
  評価と被曝低減
 4-2 エネルギー量子線照射の物質への影響
  無機物へのエネルギー量子線照射の影響/有機物へのエネルギー量子線照射の影響/生物へのエネ
  ルギー量子線照射の影響──分子のレベルの影響から、細胞・組織・そして個体への影響──
 4-3 放射線耐性あるいは損傷の回復
 4-4 入射線量と影響を受ける体積

第5章 被曝低減または汚染と除染
 5-1 エネルギー量子線源の分布と線源の除去
 5-2 体内被曝と体外被曝
 5-3 体内被曝の低減
 5-4 回復能力
  被曝により損傷が発生する(影響を受ける)場所とその大きさ(拡がり)/被曝により生物体内に発生し
  た損傷の回復
 5-5 短期被曝と長期被曝

第6章 エネルギー量子線の検出測定
 6-1 エネルギー量子線の種類、エネルギーおよびその強度計測
  エネルギー量子線の強度測定/放射線強度測定(計数率)の誤差について/エネルギーの測定可能な計
  測器/カロリーメトリー(熱量計)/エネルギー量子線源の強度
 6-2 被曝線量計測
 6-3 エネルギー量子線源分布の可視化
 6-4 被曝の線量当量による影響評価と測定の精度
  被曝による影響をSv(被曝線量)単位で比較することについて/被曝線量あるいはエネルギー量子数の
  測定精度と測定可能桁数について

第7章 エネルギー量子線の利用
 7-1 滅菌/殺菌
 7-2 医 療
 7-3 エネルギー源としての利用
 7-4 炭素14年代測定
 7-5 放射性同位元素のトレーサーとしての利用

第8章 エネルギーと地球の歴史
 8-1 地球環境の変化
 8-2 生命の発生と進化

第9章 おわりに──エネルギー利用と放射線──
 9-1 エネルギーの源
 9-2 ただで使えるエネルギーはない
 9-3 化石燃料ももとはといえば太陽エネルギー
 9-4 エネルギー利用に伴うリスク

付録 放射線についてのQ&A

 参考文献
 索 引


著者について

田辺哲朗 (たなべ てつお)
1970 年 大阪大学工学部原子力工学科卒業
1973 年 大阪大学大学院原子力工学専攻(中途退学)
1973~1995 年 大阪大学(助手~助教授)
1995~2004 年 名古屋大学教授
2004~2012 年 九州大学教授
2012~2017 年 九州大学特任教授
2017 年 大阪市立大学特任教授、現在に至る
工学博士(1977 年)
名古屋大学名誉教授、九州大学名誉教授


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 178ページ
  • 出版社: 九州大学出版会 (2018/1/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4798502219
  • ISBN-13: 978-4798502212
  • 発売日: 2018/1/13
  • 商品パッケージの寸法: 25.7 x 18.2 x 0.8 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,622,522位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう