通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
エニグマ・コード―史上最大の暗号戦 (INSIDE... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 Heart is Good
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯あり【あと残り1点】【除菌クリーニング済】カバーに微スレ・上部に小ヨレ・裏表紙に一部薄汚れがありますが、本文はキレイな状態でございます。【帯あり】と記載がない場合、帯は付属しておりません。お客様からのご注文お待ちしております。 最後までご覧いただきありがとうございます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

エニグマ・コード―史上最大の暗号戦 (INSIDE HISTORIES) 単行本 – 2007/12

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,456
¥ 3,456 ¥ 2,796

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • エニグマ・コード―史上最大の暗号戦 (INSIDE HISTORIES)
  • +
  • チューリング
総額: ¥6,588
ポイントの合計: 198pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



レビュー100件以上ストア開設!
レビュー件数が100件以上で、★★★★以上の自己啓発・英語・レシピ本などが探せます。 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

天才解読者のひらめき、諜報員の賭け、そして水兵の勇躍。第二次世界大戦時、ドイツと連合軍が水面下で繰り広げた激闘の全容が、新発見資料と豊富な関係者証言により、ようやく明らかになる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

シーバッグ=モンティフィオーリ,ヒュー
元法廷弁護士のジャーナリスト。サンデー・タイムズ、サンデー・テレグラフ、オブザーバー、インデペンデント日曜版、デイリー・メール日曜版などで記事を執筆。1992年にデビュー作『ファッション界の王たち―モエヘネシー・ルイヴィトン合併物語』を上梓。現在はロンドン在住。家族は妻と子供3人

小林/朋則
1967年生まれ。翻訳家。筑波大学第一学群人文学類卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 522ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2007/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4120038971
  • ISBN-13: 978-4120038976
  • 発売日: 2007/12
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 14.4 x 4.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 252,547位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 まげ店長 トップ500レビュアー 投稿日 2007/12/22
形式: 単行本
全くノーマークの本だったので、驚きです。
エニグマの暗号解読に関する「運用的」な内容としては和書で最高峰の出来です。
暗号解読=数学+運用と切り分けると、この本は「運用面」については凄いですが、「数学面」では
他の本の方が更に凄いと思います。
(暗号解読を「数学的」な側面から理解するには群論を理解できないと駄目なような気がしてきました...)
それには「甦るチューリング―コンピュータ科学に残された夢」が一番近いと思います...

Uボート戦を中心にして、エニグマ解読に関する史実を時系列でドキュメンタリ
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
大変面白く読むことができました。エニグマ解読は天才アラン・チューリングのことが大変有名ですが、実際のエニグマ解読は彼の力だけでなされたものではなく、国をまたがる多くの関係者の努力によるものであったこと、また、解読は数学を含む分析によってだけでなされたものではなく、暗号解読に必要な材料をドイツ軍Uボートや艦船の命がけの捕獲を通じて集める必要があったこと、さらに暗号解読は決して直線的に向上したわけではなく、しばしばドイツ軍の暗号送信方法変更によりブラックアウト(暗号を読めなくなること)を経験せざるをえなくなり、その期間輸送船に対するUボート攻撃により多くの被害が生じたことが詳述されています。暗号解読そのものや第二次世界大戦史に関心のある方に是非お勧めしたいと思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 リヒテンシュタイン VINE メンバー 投稿日 2007/12/30
形式: 単行本 Amazonで購入
暗号や情報戦に関する本は、現在まで多数出版されていますが、どれもこれも「帯に短し襷に長し」のごとくでしたが、この本はドイツ軍の「エニグマ」がなぜ解読されたか?情報の漏洩から始まりエニグマの復元、そして第二次世界大戦中のエニグマ解読に関する情報収集(追加ローター、設定表、暗号表等の捕獲)作戦等が書かれており海軍関係の情報戦に絞っている点がよかったと思う。今まで読んだ情報戦に関する本では、フジ出版社「謀略」(絶版)がエニグマ暗号解読(エニグマに関して非常に詳しく)から第二次大戦のドイツ、イギリス情報戦を全てを網羅している。(これ以上の本は無いでしょう)また情報機関に関する本では、だいぶ古いが三修社「謀報」(絶版)が情報機関や情報員等幅広く書かれてい(この本は1970年までの情報作戦の記述あり)て情報の歴史全般を知る上で非常に良書です。
「エニグマ・コード」と上記2冊を読めば第二次大戦までの情報戦は完璧でしょう
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
エニグマコードに関する戦いについて記載される書籍を読むとどうしても、「本当にドイツ軍と日本軍は暗号に対して絶対の自信を持っていたのか」という疑問が生じます。我々は連合国軍は暗号解読に成功した事実を秘匿し続けたことを所与として歴史を見ようとしますし、秘密指定解除された事実も参照して執筆された本書もそのことを前提として書かれていますが、どうしても連合国側が隠し遂せたのか腑に落ちないのです。そのことを考えさせる点でも本書は第2次世界大戦下の情報戦における第一級のノンフィクション作品でしょう。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告