Facebook Twitter LINE
中古品
¥ 2,880
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 品番NODD-00099。DVD1枚、DVDケース(ジャケットあり)、リーフレットのセットです。【Amazon専用在庫ですので、在庫確実です。こちらの商品はAmazonの倉庫から発送されます。商品はOPP袋に入れて、OPP袋の上からFBA管理シール(バーコード)を貼り付けています。】【返金保証】十分な検品をして出品しておりますが、万が一、商品説明と異なる場合は、返金保証をさせて頂きますので、ご安心の上お取り寄せください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

エドヴァルド・ムンク-生命のダンス- [DVD]

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

仕様
価格
新品 中古品
DVD 通常版
¥ 2,400

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意は こちらをご覧ください。
  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。
  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック

  • 【AmazonDVDコレクション】 人気のタイトルが、いつでもお得なAmazon価格でご購入いただけるシリーズです。DVDは1枚1,000円、ブルーレイは1枚1,500円。 対象商品はこちら。


登録情報

  • 監督: セルヴィ・A・リンドセット
  • 形式: Color, Dolby, Subtitled
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ナウオンメディア(株)
  • 発売日 2007/09/21
  • 時間: 52 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000UKFBD6
  • JAN: 4544466003329
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 141,965位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

「私の絵画は、私の日記である」
──ノルウェーを代表する画家エドヴァルド・ムンク。
数々の代表作品と、彼が残した日記を元にその生涯を辿る唯一のドキュメンタリー、世界初DVDリリース。

『叫び』や『マドンナ』といった作品で、日本でも人気がある画家エドヴァルド・ムンク。自らの数奇な経験を元に“愛”と“死”、“孤独”や“不安”を描き続け、それらを芸術に高めた画家として広く知られている。本作は、ムンクの母国ノルウェーで制作された、ムンクが残した代表作についてのエピソードと日記を元に、ムンクの生涯を辿る唯一のドキュメンタリー。幼少で経験した母の死、父との確執、パリ留学で受けた刺激、女性との愛とその末に起こった悲劇・・・ムンクの人生に起こった象徴的な出来事が、美しい再現ドラマ、数々の代表作の紹介とともに蘇る。
2007年10月~2008年1月に東京、2008年1月~3月に兵庫を巡回する大規模なムンク展が開催される。本作にも登場しタイトルともなっている『生命のダンス』をはじめ『マドンナ』などを展示予定、日本で再評価が高まることとなる。

◆エドヴァルド・ムンク(Edvard Munch/1863~1944)
母国ノルウェーでは1,000ノルウェー・クローネの紙幣に肖像画が描かれている国民的な画家。1863年12月12日、ノルウェーのローテン村に生まれ、その後すぐにクリスチャニア(後のオスロ)に移住した。5歳のときに母が結核で死去、姉と弟も若くして死んでしまう。ムンク自身も体が弱かったことで、生涯“死”の影がつきまとう人生を送ることになる。1881年、芸術学校に入学して絵を描き始める。1889年よりパリへ留学し、ゴッホやゴーギャンの影響を強く受ける。パリについてすぐに、長い間確執のあった父が死去、ムンクの人生にさらに暗い影を落とすこととなる。1890年代に描かれた、後に代表作と評価される『叫び』『接吻』『マドンナ』などの作品は総称して“生命のフリーズ(frieze of life)”と呼ばれ、ムンクの芸術性を凝縮する作品群となっている。ムンクの作品のテーマとなる“愛”“死”“不安”が1枚に収められた『生命のダンス』はその中心となる作品。人生で何度か大きな恋愛を経験するが、度重なる家族の死により、家庭を持つことに対して過剰な不安を感じていた。1902年に起こった恋人とのトラブルで、左手中指を失う発砲事件が起こる。この頃から精神が不安定となり、デンマークで療養生活を送る。1909年にノルウェーに戻り絵を描き続けるが、1944年1月23日に80歳の孤独な生涯を閉じた。 膨大な絵画・版画・日記などは、彼の遺言に基づいてオスロ市に寄贈され、生誕100年となる1963年にムンク美術館が誕生した。ムンクの作品群はムンク美術館やオスロ国立美術館など、その大部分が母国ノルウェーに所蔵されている。

◆登場する作品:
『叫び』『生命のダンス』『病める子供』『思春期』『カール・ヨハン通りの夕べ』『マラーの死』『マドンナ』『太陽』『水浴する男たち』『サン・クルーの夜』『接吻』ほか

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

「叫び」などで知られるノルウェーの画家、エドヴァルド・ムンクの生涯を辿るドキュメンタリー。自らの数奇な経験から“愛”と“死”“不安”を描き続け、芸術へと昇華させたムンク。彼が残した代表作のエピソードと日記を元に、その生涯を紐解く。

商品の説明をすべて表示する

2件のカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件中1 - 2件目のレビューを表示

2014年8月22日
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
VINEメンバー
2011年5月16日
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告