エデンの東 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

エデンの東 [DVD]

5つ星のうち 4.6 69件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,543
価格: ¥ 927 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 616 (40%)
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:15¥ 927より 中古品の出品:3¥ 1,284より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でエデンの東 (字幕版)を今すぐ観る ¥ 199 より

人気タイトルをまとめ買い!
この商品は「DVD どれでも3枚 3,090円」キャンペーンの対象商品です。※マーケットプレイスの商品は対象外となります。キャンペーン詳細につきましてはこちらのリンクをご参照ください。 対象商品の一覧 へ

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • エデンの東 [DVD]
  • +
  • 理由なき反抗 特別版 [DVD]
  • +
  • ジャイアンツ(2枚組) [DVD]
総額: ¥2,781
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジェームス・ディーン, ジュリー・ハリス, レイモンド・マッセイ
  • 監督: エリア・カザン
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2010/04/21
  • 時間: 118 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 69件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B003EVW5EQ
  • JAN: 4988135804365
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 3,387位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介


旧約聖書の「カインとアベル」を下敷きにしたジョン・スタインベックの原作を
名匠エリア・カザンが監督したジェームス・ディーンの本格デビュー作


第一次世界大戦下のカリフォルニア州サーリナス。 24歳のキャルは農場を営む父アダムが、兄のアーロンばかりを可愛がっていると感じ、反抗的な問題児扱いされていた。落ちこぼれで愛に飢えたキャルを、恋人のアブラは何かと気にかけていた。 ある日、キャルは死んだと聞かされていた母ケートが実は生きていて、モントレーで酒場を経営していることを知る。アダムが野菜の輸送中の事故で無一文になった時、キャルは父親を助けようと、ケートに資金を借りに行くが・・・。孤独を抱えたナイーブな青年の青春と家族との確執を描き、ジェームス・ディーンを一躍伝説のスターにした名作。

内容(「Oricon」データベースより)

第一次世界大戦下のカリフォルニア州サーリナスを舞台に孤独を抱えたナイーブな青年の青春と家族との確執を描いた作品。旧約聖書の「カインとアベル」を下敷きにしたジョン・スタインベックの原作を、名匠エリア・カザンが監督したジェームス・ディーンの本格デビュー作。「WARNER THE BEST ¥1,500」対象商品。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
往年の名作ですね。小学生のときに初めて学校で観ました。折に触れ観たくなる、思い出の映画になりました。装丁が綺麗で記念になりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 わたしはこれまで、ジェームス・ディーンを心から嫌っている女性にふたり、出会いました。わたしも中学生時代にテレビで映画を観て「ひねくれた不良だなあ」という印象をうけました。
 けれどふたりの女性の言い分は、それとは違いました。彼女たちは揃って「周囲の人をみんな不幸にしておいて自分ひとりはハッピーエンド。何なの、あれは」と言いました。

 この責任は原作者や脚本家が負うべきで、ジェームス・ディーンの知ったことではありません。しかし、たとえばあの役を若いころのデヴィッド・ドゥカブニーが演っていたとすれば映画のイメージも当然変わっていたわけで、映画を観終わったあとの漠然とした後味の悪さはジェームス・ディーン本人にも遠因があろうかと思います。

 けれど、わたしの考えとしては「まったく救えない」立場にいる人間が、「20%くらい救われました」という場所に昇進するというのがジェームス・ディーンの映画であって、それはいかにも「ハリウッド的大団円」にそぐわない。そういうことではないでしょうか。

 わたしは三部作のなかでこの「エデンの東」がいちばん、好きです。ジェームス・ディーンが母親に出会って会話をして、母親が夫(つまりジェームス・ディーンの父)のことを悪く言うと、彼はフッフッと笑います。母親は「笑ってるね。お前には解るんだね」と言います。あのシーンは、忘れられません。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
年を重ねる毎にこの映画に対する想いが深まります。
若い時にはキャルの孤独に涙しました。母親への屈折した愛情、無理解な父への不満、兄への嫉妬、そしてその兄の恋人・・・。悲しい悲しい愛情への飢えです。
自由奔放に家庭を捨てた母親、謹厳でありながら心に向き合えない父、恋人のキャルに対する理解に嫉妬する兄、家庭で疎まれるも外では可愛がられ人好きのする弟キャル、憎まれる村のドイツ人、今は登場人物それぞれの立場に共感できます。
エデンの東は、「エデン(楽園)追放のアダムとイブ=すべての人間」の不完全さと、生まれる苦悩を描いて見せました。家族間の愛情の欠如、小さな地域社会の相互不信、国家間では戦争を通して憎しみが描かれています。
人間の根源的な欲求が満たされない限り、この映画は見る人達に満たされぬ愛と寂寥を描いて見せるのかもしれません
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
年を重ねる毎にこの映画に対する想いが深まります。
若い時にはキャルの孤独に涙しました。母親への屈折した愛情、無理解な父への不満、兄への嫉妬、そしてその兄の恋人・・・。悲しい悲しい愛情への飢えです。

自由奔放に家庭を捨てた母親、謹厳でありながら心に向き合えない父、恋人のキャルに対する理解に嫉妬する兄、家庭で疎まれるも外では可愛がられ人好きのする弟キャル、憎まれる村のドイツ人、今は登場人物それぞれの立場に共感できます。

エデンの東は、「エデン(楽園)追放のアダムとイブ=すべての人間」の不完全さと、生まれる苦悩を描いて見せました。家族間の愛情の欠如、小さな地域社会の相互不信、国家間では戦争を通して憎しみが描かれています。
人間の根源的な欲求が満たされない限り、この映画は見る人達に満たされぬ愛と寂寥を描いて見せるのかもしれません
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
知らない人がおそらく居ないほど有名であり、映画史上に残る名作・傑作との誉れ高い今作だが、
実はジョン・スタインベックの小説の4分の1ほどだけを映画化した作品であり、今作を観ただけで「エデンの東」と言う物語を語るには余りにも片手落ちと言わざるを得ない。
実を言うと私も今作を初めて観た時は原作を読んでおらず、それはそれで「エデンの東」と言う映画に対し感銘を受けたのは確かだが
原作を読破した今では本来は非常にサスペンスフルな内容でもあるのに、バッサリと切り捨てられた今作に対する思いはかなり複雑なものがある。

山崎豊子の「白い巨塔」やマーガレット・ミッチェルの「風と共に去りぬ」(何れも文庫本5冊に亘る)を例に挙げれば解っていただけると思うが、
どちらについても既読者が原作の後半4分の1だけ映画化した作品を見せられて、果たして納得できるだろうか。
上記2作品の原作を読み、映画も観た私には甚だ疑問である(「白い巨塔」の場合、文庫の4巻目以降は「続・白い巨塔」であり、映画化はされていない)。

と能書きをダラダラ書いていても仕方がないので、ここからは真面目にレビュー致しますが
このレビューをご覧になられている方は映画だけでなく、是非原作も読んで欲しいです。
「エデンの東」の本当の面白さ
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す