エッセンシャル・キリング Blu-ray がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

エッセンシャル・キリング Blu-ray

5つ星のうち 3.3 9件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,264
価格: ¥ 4,072 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,192 (35%)
この商品の特別キャンペーン まとめ買いで3,000円OFF 1 件

残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:3¥ 4,072より 中古品の出品:1¥ 3,280より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 期間中にパナソニックの液晶テレビとDVD・ブルーレイソフトをまとめて買うと、合計金額から3,000円OFFに。詳しくはキャンペーンページをご確認ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • DVD商品2500円以上購入で買取金額500円UPキャンペーン対象商品です。商品出荷時に買取サービスでご利用いただけるクーポンをメールにてご案内させていただきます。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 【今年の初ブルーレイ化作品】 - 「初ブルーレイ化タイトル2枚で3,090円」などのお得なセール情報や、新作初ブルーレイ商品情報など

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • エッセンシャル・キリング Blu-ray
  • +
  • アンナと過ごした4日間 Blu-ray
総額: ¥12,552
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ヴィンセント・ギャロ, エマニュエル・セニエ, ザック・コーエン, イフタク・オフィール, ニコライ・クリーヴ・ブロック
  • 監督: イエジー・スコリモフスキ
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 紀伊國屋書店
  • 発売日 2012/11/24
  • 時間: 85 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 9件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0098F3Z78
  • JAN: 4523215081962
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 117,689位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

自ら最高傑作と断言する監督スコリモフスキ
主演ヴィンセント・ギャロ
渾身のアート・アクション巨編! !

第67回ヴェネチア国際映画祭W受賞!
審査員特別賞/主演男優賞(ヴィンセント・ギャロ)
セリフを一切排し、85分逃げまくる男を描いた怒涛のノンストップアクション!

17年ぶりに手掛けた「アンナと過ごした4日間」が東京国際映画祭で審査員特別賞を受賞し、キネマ旬報誌の洋画ベストテン第7位に輝き見事な復活を遂げたポーランドの巨匠イエジー・スコリモフスキ。世界に先駆け彼を断固支持してきた日本の映画ファン待望の新作が遂にブルーレイ化。
「ランボー」とアンドレイ・タルコフスキーの作品を足して割ったような映画と監督自らが語る本作は、極限まで削ぎ落としたシンプルなストーリーと今だかつて見たことのないサバイバル・アクションの連続でヴェネチア国際映画祭に一大旋風を巻き起こした。イスラエル、ポーランド、ノルウェー、の3カ国にまたがるロケーションを敢行し獲得した壮大な極地の風景描写は見る物を圧倒すること間違いなし。米軍に追われるアラブ人兵士を顔面と鍛え上げられた肉体で演じきったヴィンセント・ギャロは、自然と格闘し魂の救済を願う人間の苦悩をスクリーンにたたきつけている。

(C) Skopia Film,Cylinder Production,Element Pictures,Mythberg Films,Syrena Films,Canal+Poland.All rights reserved.

【特典】
収録:スコリモフスキ監督来日映像集2011(18分)、オリジナル版予告編、日本版予告編、フォトギャラリー
封入:解説リーフレット(24頁)、オリジナルポストカード3種類

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ポーランドの巨匠、イエジー・スコリモフスキ監督が、台詞を一切排除し、83分間逃げまくる男を描いたノンストップアクション。アフガニスタンの荒野をひとりさ迷っていたところをアメリカ軍に捕えられたムハンマドは、移送中に逃げ出すが…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
脱出劇は好きなので期待したがこの映画には何も無かった。監督本人いわく「ランボー」やタルコフスキー監督の名を出していたが観終わったあと殆ど何も残らない映画でした。ランボーほどアクションに徹してるわけでもなく、タルコフスキーの名を出すに至っては全く持って意味が判らなかったです。水や自然風景を挿入すればタルコフスキーなのか?どっちつかずの中途半端な作品としか印象はありません。ただ、観劇者としての救いは静謐で温度感の伝わるような映像だけは良かった。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 きゅうきゅう トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/10/14
形式: Blu-ray
 さすが、ベネチア映画祭でおきて破りの二部門受賞した作品です。*本来の規定では一作品一部門となっていました。
Essential=必要な要素つまり避けられない Killing=殺人。自分が生き抜くために罪なき人でも殺しながらの果てしのない逃亡。おそらくは中東から北欧へと移送された男。
 この作品にはセリフがないことが特徴ですが、同時に人物の名前も素性も生き残ろうとするその鉄のような意思の背景もほとんど示されません。しかし生き切ろうとする、帰還しようとする姿がすべてを語ります。何度も繰り返し観て行きたい作品です。
 しかしBDソフトとしては高すぎです。紀伊国屋初のBD「バグダド・カフェ」(2010発売)より高い!あっちはコーヒーチケットやステッカーや特典も豊富だったのに…。アマゾンUKなら£7.99。セリフのほとんどない作品だから海外版で充分!?
ということでソフトとしては★減点したいところですが、あまりにも凄い作品なので★は5つ付けさせていただきます。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: DVD
イエジー・スコリモフスキは、自分の名前を日本語表記で「家路」と書く(ホントです)。
前作『アンナと過ごした4日間』で17年の沈黙を破って監督復帰した時、世界のどの国よりも日本の観客がまっ先に作品を高く評価し、スコリモフスキは日本を「第2の故郷」と呼んでいるという。そんな思いも込められた「家路」なのだろうが、奇しくもこの最新作『エッセンシャル・キリング』のテーマにも通底するものがある。

物語は、極めてシンプル。米軍の捕虜となっていたアラブ人らしき男(ヴィンセント・ギャロ)が脱走し、ひたすら逃走する。ただそれだけだ。
男は、生存本能の塊になって、ただただ、走る走る走る走る走る!
一切の贅肉をそぎ落とした、こんなシンプルな映画があるだろうかと思うような作品である。

スコリモフスキがこの映画のアイディアに閃いたきっかけは、自宅の近くを自動車で走っていた時、凍った道でタイヤをスリップさせ、あわや崖から転落寸前になった体験からきている。その近くにはCIAの収容所があり、クラッシュした護送車から逃走する男の話を思いつき、自宅に帰ってから一気にシノプシスを書き上げたという。
この映画は、一種のアクション映画だが、スコリモフスキはこの手の映画にありがちな「英雄的な旅の観念を剥奪」し、「生存のため、戦うため、闘争と殺し
...続きを読む ›
2 コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: DVD
アラブ兵らしき男が米軍風の追跡隊に追われて、
どこの国とも分からない乾燥しきった丘陵や雪山をひたすら逃げる。
軍人、民間人見境無しに、生き延びるためのエッセンシャル・キリング
(絶対必要な殺害)を重ねる男は、傷つき飢えに苦しむ手負いの野獣と化し、
蟻や木の皮を口にし、生魚に齧り付き、果ては赤子を抱く母親を襲うと、
乳房にしゃぶり付いて母乳まで呑む始末。
映画は冒頭からエンディングまで、一切の状況説明無しに、
一言も言葉を発しない逃げる男を捉えるだけで、
最後は、観客も男の行方を見失ってしまうという徹底振りです。

『アンナと過ごした4日間」のイエジー・スコリモフスキ監督は、
寡黙であるがゆえに饒舌に語りかけてくる映像の特性を生かすために、
極限状態に置かれた理性を失った人間の獣性だけを見せて、
観客の想像力に問いかける事で、問題意識を多く持つ観客ほど
諸々の裏読みが出来る作品に仕上げています。

監督曰く『「ランボー」とタルコフスキーの作品を足して割ったような映画』
だそうですが、残念ながら『ランボー』程劇的ではなく、
タルコフスキー程詩的ではありませんでした。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。時計 カシオ時計 レディース カシオ時計 レディース防水腕時計 カシオ防水とけい 腕時計