通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
エスパー魔美 (1) (小学館コロコロ文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

エスパー魔美 (1) (小学館コロコロ文庫) 文庫 – 1996/9

5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 525
¥ 525 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • エスパー魔美 (1) (小学館コロコロ文庫)
  • +
  • エスパー魔美 (2) (小学館コロコロ文庫)
  • +
  • エスパー魔美 (4) (小学館コロコロ文庫)
総額: ¥1,575
ポイントの合計: 51pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

出版社からのコメント

おてんば娘・魔美に、ある日突然超能力が…!! さわやかなお色気と奇抜なアイデアが大評判のユーモアSF!!


登録情報

  • 文庫: 303ページ
  • 出版社: 小学館 (1996/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 409194101X
  • ISBN-13: 978-4091941015
  • 発売日: 1996/09
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 56,130位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
エスパーである魔美ちゃんとものすごく頭の良い高畑さんが、小さな事件から大きな事件を解決したりできなくて悩んだりします。
あれだけ非凡な2人なのに、物語のはじめから終わりまで、2人それぞれの日常の生活という確実な軸が全くぶれません。
だからとても安心して読めます。
安心できる漫画というのは、たとえば寝る前にちょっと楽しんで読みたい漫画という感じなのです。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 anonymous4 殿堂入りレビュアートップ1000レビュアー 投稿日 2010/7/16
形式: 文庫 Amazonで購入
なぜか文庫版・全集版両方のレビューが混ざって表示されていて困りますが、ここではコロコロ文庫版について書きます。
藤子F氏の他作は単行本未収録作品が多くありますが、『魔美』は全ての話が、ずっと単行本から出され続けているので、文庫版も内容に基本的な違いはありません。
全集版にはカラー絵などがそのまま収録されていますが、そこまでほしくない通常の読者には、文庫版で十分だと思います。

初版、てんコミ版では全9巻だったものが、6巻に収録されています。
カバー絵は扉絵を元に、F氏が後に描きおろしたものです。初期の絵を元にしていても、コンポコの鼻が丸いなど、後のタッチが表れています。
アニメと違いコンポコがタヌキ色ではなく、レモン色(キツネ色)なのにも、こだわりが感じられます。
(全集版カバー絵の彩色はF氏ではないようです)

久しぶりに読み直しましたが、ホームレス(に扮した社長)に「じつにおどろくべき・・・いや、おそれいった・・・」とまで言わせる、魔美のおせっかいぶりには、この生き馬の目を抜くご時世、ホロリと来るものがあります。

もっとも、魔美の家庭について、「バブル以前の古き良き日本の庶民」といった風に書いている人もいますが、1970-80年代初頭では、魔美の家庭(父が教師、母が新
...続きを読む ›
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
最近DVDを見る機会があり、この原作を読んでみました。
超能力に目覚めるとともに、「人を助ける」という宿命を背負った魔美。

魔美は自分でも言うほどの大のおせっかい好きで、
あらゆる事件に自分から首を突っ込んでは、親友の高畑くんと一緒に解決していきます。
そのおせっかいが時々イラッと来ることもあるけど、
相手の暗い素性を聞いた時は本気の涙を見せるなど、なかなか人情家でもあります。

他の方も書かれていますが、話によっては人の命に関わるような重いエピソードもあります。
しかし、そこから決して逃げずに真正面から立ち向かう魔美はとてもたくましいです。
結果、大抵「いい話」で終わるので、安心して人にも勧められます。

お色気シーンも、今の漫画みたいに過度に性的ではないし、肉感もあまり無いので、
流して読める所も好印象です。

ドラえもんやキテレツに比べれば知名度もやや低いと思われますが、これは間違いなく名作です。
もっと沢山の人に読んでいただければと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
その中でもこの作品は小学生〜の女の子達を

ターゲットにしているのは一目瞭然です。

オシャレでかわいいけれど、おっちょこちょいで鼻の低さが

コンプレックス。高嶺の花ではない親しみの沸くヒロインが、

ある日突然エスパーになったら・・・読者である少女達は

ワクワクしない筈がないじゃないですか!

私はもういい大人ですが、今読んでも血沸き肉踊ります(笑)。

難しい話は置いといて、単純に魔美の活躍っぷりを

ハラハラドキドキ見るのが、この本の楽しみ方だと思います。

テレポーテーションする際のブローチから出てくるのが梅仁丹。

とてもかわいい設定で大好きです。
1 コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック