¥ 670
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
エコノミスト 2017年 5/23 号 [雑誌] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

エコノミスト 2017年 5/23 号 [雑誌] 雑誌 – 2017/5/15

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
雑誌
"もう一度試してください。"
¥ 670
¥ 670 ¥ 384
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • エコノミスト 2017年 5/23 号 [雑誌]
  • +
  • 週刊東洋経済 臨時増刊 本当に強い大学2017 [雑誌]
  • +
  • 週刊ダイヤモンド 2017年 5/20 号 [雑誌] (関西流企業の逆襲)
総額: ¥2,580
ポイントの合計: 60pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

〔特集〕ザ・名門高校
・ノーベル賞を取れない東京の高校 確かな年輪を重ねる名門
・わが母校を語る 糸井重里(前橋) 浜矩子(戸山) 山中伸弥(大教大附属天王寺)
・東大合格者数ベスト10の変遷
・これぞ名門高校「三冠王」 ノーベル賞、首相、金メダリスト
・文化勲章輩出ベスト5
・戦後の首相、日銀総裁、経団連会長 全出身高校を網羅
・「ローカル化」に悩む地方高校と東京ブランド大学
・超一流プロ野球選手は「西高東低」
・歴代甲子園優勝185校 春は西日本勢が優勢 夏は近年分散傾向
【インタビュー】2017年の経営者 一谷昇一郎 プルデンシャル生命保険社長


登録情報

  • 雑誌
  • 出版社: 毎日新聞出版; 週刊版 (2017/5/15)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B071CX6ZMV
  • 発売日: 2017/5/15
  • 商品パッケージの寸法: 28 x 21 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 Bitter and Sweet トップ1000レビュアー 投稿日 2017/5/16
形式: 雑誌
海外の大学は原則的に寮生活となる場合が多い。これに対し、日本の首都圏の大学生は小学生と同じ生活環境で過ごす人が多い。
首都圏の中高一貫校がダメで、地方の公立出身者が伸びる理由の一つは、大学在学中の精神的自立の度合いにあろう。
大学以降の研究は書物を読んで自分の頭で考えることになる。受験産業の乏しい地方出身者の方が本を読んで自分の頭で考える習慣と能力を身につけやすい。ノーベル賞の受賞者に地方出身者が多いのはこうした事情が影響しているのではなかろうか。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 雑誌
少し偏見と思い込みが入っているな~と思うところもあるが、
東大を含めた名門校に入学することを子供の頃からの目標として育ててしまった場合のデメリットはあながちハズレていない。

日本の高校のいわゆる進学校では、堂々と『大学に入ってから遊べ』と公言しているが、なぜ恥ずかしげもなくその言葉を言えるのか、
それは、『名門大学の合格』が人生の成功と思い込んでいるからである。

そのため、大学に入学した後、燃え尽き症候群となる。

大手企業に入社すれば一生安泰、というわけではなくなった今、学歴の考え方を考え直す機会を与えてくれる1冊です。
できれば小学生、中学生ぐらいの子供を持つ親が読んだほうが良いかも。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告