エクソシスト ディレクターズカット版 & オリジナ... がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

エクソシスト ディレクターズカット版 & オリジナル劇場版(2枚組) [Blu-ray]

5つ星のうち 4.6 121件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,571
価格: ¥ 1,391 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,180 (46%)
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 998より 中古品の出品:7¥ 643より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • エクソシスト ディレクターズカット版 & オリジナル劇場版(2枚組) [Blu-ray]
  • +
  • エクソシスト3 [Blu-ray]
  • +
  • エクソシスト2 [Blu-ray]
総額: ¥4,403
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: エレン・バースティン, リンダ・ブレア, ジェーソン・ミラー, マックス・フォン・シドー
  • 監督: ウィリアム・フリードキン
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 英語, 日本語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2010/11/03
  • 時間: 132 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 121件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00439G1AC
  • JAN: 4988135829863
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 10,468位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

映画史上、最も怖い映画。
取り憑いたら離れない
史上最高のオカルトスリラー
あの有名シーンの撮影現場などの未公開映像を含む、新たに作られたドキュメンタリーを収録!

エクソシスト
エクソシスト
エクソシスト


封切られるや大反響を呼び、絶大な支持を得た『エクソシスト』。
後の映画に多大な影響を及ぼしたオカルト映画の最高峰は、今観ても独特の禍々しさを湛えている。
悪霊に取り憑かれたあどけない少女、少女を必死に救おうとする母親、
そして究極の悪と戦いながらも、かたや半信半疑、かたや不動の信念を持つ2人の神父を描いた、恐ろしくもリアリティー溢れる物語は、常に観る者の度肝を抜いてきた。

このディレクターズカット版は、監督のウィリアム・フリードキンと製作 / 脚本のウィリアム・ピーター・ブラッティが、
1973年公開時にはカットされた10分以上の未公開映像を加えて再編集したもので、
出演者たちの鬼気迫る演技のインパクトがさらに増し、観客は作品世界へより引き込まれることになる。

一大オカルトブームを巻き起こした『エクソシスト』。
他の映画では味わえない究極の恐怖を、ぜひご堪能あれ。

【映像特典】

DISC1:
・ 今明かされる撮影秘話
・ジョージタウン~あのロケ地は今~
・ 2つのエクソシスト~秘められたる理由~
・予告編集&TVスポット集&ラジオ・スポット集(ラジオ・スポット集は音声のみ)
・オリジナル劇場予告編

DISC2:
・ウィリアム・フリードキン監督によるイントロダクション
・ イメージ画とストーリー・ボード
・インタビュー・ギャラリー(オリジナル・カット / 天国への階段 / 最後の審判)
・もうひとつのエンディング
・ ドキュメンタリー:フイアー・オブ・ゴッド
・予告編集&TVスポット集
・オリジナル劇場予告編

【音声特典】

DISC1:
・ウィリアム・フリードキン監督による音声解説

DISC2:
・ウィリアム・フリードキン監督による音声解説
・ ウィリアム・ピーター・ブラッティ(原作 / 製作)による音声解説


内容(「キネマ旬報社」データベースより)

同名小説を映画化したホラー。エクソシスト(悪魔祓い師)がリーガンに取り憑いた悪魔と死闘を繰り広げる。ディレクターズカット版とオリジナル劇場版を収録した2枚組。“どんどんやるぜ!ワーナーのブルーレイ2,500円!”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
 この映画の凄いところは、ホラー映画というもので『恐怖』を描くのではなく、『恐怖に立ち向かう勇気』を描いて見せた事だと思います。この発想の転換の素晴らしさは本編を見ていただければ一目瞭然でしょう。
 登場人物たちは、ただ恐怖に震えて泣き叫んで逃げ出して殺されていくような人達ではないのです。恐怖を前にして打ちのめされ、憔悴しながらも、決して逃げようとはせず恐怖に立ち向かおうとする人達の物語です。傷つき、疑いながらも、身を守るのではなく弱い者を守ろうとする人達の物語です。
 恐怖側もまた、近づくもの皆片っ端から殺していくような『呪怨』型の悪霊ではなく、知性と悪意に満ちた存在として描かれています。強い者を攻撃するのではなく、弱い者、守るべきもの、過去の傷、そういったものを徹底的に攻撃して、戦う人達を打ちのめそうとする存在なのです。作中でも言っていますね。『目的は絶望させる事だ』と。
 恐怖の表現も、直接攻撃はごく少なく、不意に挿入される不気味な顔や、痛みを感じさせる行動、不吉なイメージなどであり、『敵』が銃弾で退けるような存在ではなく、形のない悪意そのものなのだという事が表現されています。
 おそらく、この作品のテーマには『信仰の危機』が入っているのでしょう。日本と違ってキリスト教の国なので、基本的に神の存在を真正面から否定する事はできないのです。
...続きを読む ›
2 コメント 120人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
未公開映像15分を追加した「ディレクターズ・カット版」も発売されてはいますが、私的にはこっちの「特別版」方がお勧めです。
ディレクターズ・カット版はスパイダーウォークのシーンなど追加されていますが、あれらのシーンは、W・フリードキン自身が「使わない方が良い出来になると思った」から当時使わなかったので・・・。
W・フリードキンのこの作品に対する完璧主義は有名で、一見、どうでも良いようなシーンでも美的に優れていればきちんと編集段階で挿入していますし、逆に非常にお金と労力をかけたシーンでも、作品の構成上、気に入らなければはずしています。
(「ディレクターズ・カット版」のスパイダーウオークや、エンディングの余計な台詞なども、無論、追加されているとお得な気分になるかも知れませんが‥!W・フリードキンのこだわりの凄さは、公開当時、あちこちの主要劇場に出向いて、音響効果やスクリーンの明るさなどを自ら調整したという逸話があるほど(監督でここまでする奴は世界にもそうはいないでしょう!)。
さらに、この公開当時と同じ映画である「特別版」がお勧めな訳は、本編以外に約91分にも及ぶ当時のCM、メイキング、インタビューなど、マニア垂涎の「特別編」がおまけでついている点においてです。
これらは一昔前ならプレミア必至の映像ですが、それを惜しげもなくオマケとして付
...続きを読む ›
コメント 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
この映画はたんなるオカルト映画では無く、かなり哲学的な作品です。

神父でありながら、自分の信仰心に苦悩するカラス神父。
精神病院で愛に飢える患者達、母の死とそれへの罪悪感、何もできない
無力な自分。しかし神は助けてくれない・・・。
自分自身の事で精一杯なのに、少女の悪魔祓いをする事に・・・。

悪魔に取り憑かれた少女の家族は信仰が無く、幸福そうに見えるが
実は父は不在・・・・。不幸をかかえていた。地獄とは死んでから行く世界では無く、この現実世界にもあるのだと感じる。
イラクの悪魔が白人の少女に取り憑く設定も何やら意味深に感じる・・・。

悪魔は神父を混乱させる為に亡き母の声で精神攻撃をしかけてくる。
悪魔と神父の血も凍るような戦いが始まります・・・。
そしてカラス神父の最後の決断とは?となるわけです。

ディレクターズカット版で追加されたシーンで、作品の雰囲気もやや変わった
気もします。
これが良かったのか?悪かったのか?はかなり微妙・・・。
まあ、オリジナル版もあるのだからその辺は問題ないですね。
まあ古い映画なので、過激で怖い映画が観たいだけの方には
ショックシーンも物足り
...続きを読む ›
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
 ランカスター・メリン神父を演じたマックス・フォン・シドーは、スウェーデン出身の俳優。イングマール・ベルイマンの初期代表作にほどんど出演している。ひさしぶりに、「エクソシスト」(1973年)で見た時は、ずいぶん老けて、80代ぐらいかと思ったが、それでは計算が合わない。1929年生まれだから、40代半ばのはず。メークがどうのこうのではなく、体の動き、台詞まわしなどが、高齢者そのものなのだ。カラス神父の母親役のバシリキ・マリアロスと同世代に見えた。バシリキ・マリアロスは、「エクソシスト」完成後になくなっているので本物の高齢者だったが、マックス・フォン・シドーは役者として脂ののりきっている時だったのだな。その後も、ほとんんど毎年、映画に出演して、近作では「スター・ウォーズ フォースの覚醒」(2015)にもでて来る。御年、86~7歳だろう。健康老人の鏡である。100歳まで、映画に出てきてもらいたいもんだ。
 エクソシストの原作には、スタンリー・キューブリックが、監督候補に名乗りをあげた。しかし・・・・ジェイムズ・キャメロンなみの完璧主義者のキューブリックに、監督をまかせると、予算が膨大になることを恐れた映画会社が断った。想像してみるに、もし、スタンリー・キューブリックが脚本・監督をした「エクソシスト」が作られいたら、どんなものになっていたことであろう。 ウィリアム・フリードキンの
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す