この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

エキスパートCプログラミング―知られざるCの深層 (Ascii books) 単行本 – 1996/3

5つ星のうち 4.7 12件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,998
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

本書ではANSI Cの規格書まで、New Hacker’s Dictionaryのノリで読んでいる。言語の規格書をおもちゃにしながら、Cの特徴を浮き彫りにしているのだ。ノリは軽くても、規格そのものの解説はしっかり行っているので、まじめにCを勉強している読者も失望することはない。規格書を経典のごとく扱うような一般の入門書と違って、規格のさまざまな背景や、その欠点、改良への提言まで含まれている本書は、プログラマとしての視野を広げる上でまたとない一冊となってくれるはずだ。

内容(「MARC」データベースより)

ANSI Cの規格書までNew hacker’s dictionaryのノリで読む。言語の規格書をおもちゃにしながらCの特徴を浮き彫りにする一冊。


登録情報

  • 単行本: 334ページ
  • 出版社: アスキー (1996/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4756116396
  • ISBN-13: 978-4756116390
  • 発売日: 1996/03
  • 梱包サイズ: 25.6 x 18.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 416,058位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 kura VINE メンバー 投稿日 2006/10/23
形式: 単行本 Amazonで購入
プログラマにおけるプロとアマチュアの違いの一つとして、

- アマチュアはなんとなく動いていればOKだが、

- プロは何故どうやって動いてるかまでわかってないといけない

といった部分があると思います。

この本は

- スタック、ヒープの違い

- BSSセグメント、dataセグメント、textセグメントの違い

など、なんとなく聞いたことはあるが、メモリ破壊の解析なんかを通じて現場で苦労しながら学んできたこと(あるいは先輩から一子相伝でワザを盗んできたこと)、あたりがひととおり書いてある数少ない本だと思います。

最初にこの本を読んでおけば良かったなぁとも思いつつ、

いきなりこの本読んでもワケがわからないかなとも思います。

Cでだいぶ物を作れるようになって、「なんとなく動いてる」から卒業したい方にお勧めだと思います。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
例えば仕事場の机に置いておいて、必要な時に見る・・・というような本ではなく、読みながら感心したり新しい発見をしたりという本。本の帯に「めざせ!!Cウィザード」と書いてある通り、C言語の中の深いところまでを知ったエキスパートになりたい人が読む本です。
はっきり言って、この本に書いてある内容を知らなくても分野によってはプログラムを書く(そしてプログラマになる)ことは全然可能だと思いますので、「プログラムなんて書けて、それなりに動けば良いでしょ」と言う方にはお勧めしません(OSはa.outをどう扱うか?なんて気にしなくてもプログラム書くのは可能だし)。

色々書きましたが、私の場合は「読んでて楽しいからこの本が好き」ですw。参考書というより、読み物としての技術書っていう感じの本ですね。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2000/11/10
形式: 単行本
著者は英国生まれのアメリカ人。だから、ちょっと知ったかぶりで、文体にこっている。そして、SunのOSグループのリーダー。だから、GNUをこきおろす。・・・ということを頭に入れた上で虚心に読めば、Cについて詳しく書かれたまれな本。
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
Cでプログラムをある程度書けるようになってきてから読むと、とても楽しめる本。
筆者の語り口、題材の作り方が絶妙で、楽しく読ませてくれる。「配列とポインタの違い」や、「Cプリプロセッサの挙動」など、この本でしか読めない情報が入っているわけではないが、これだけ楽しく読める本はなかなか無い。
訳も良好で読みやすく、「K&R CとANSI Cの違い」など今となってはやや古くなってしまった話も一部にはあるが、全体としては古びておらず、今だに楽しめる。
この本、唯一の欠点は技術協力をした人のコメントが「外野席」の名前で、欄外のいろんな個所に入っている事だ。
「外野席」の中には有用な情報もあるが、買った人はこの人のコメントを読みたくて買っているわけではなく、「訳注」を越える範囲のメッセージを載せるのは良い翻訳方法とは言えないだろう。
上記のような欠点もあるものの、他に類をみない読んでて楽しい内容になっている。まだ読んでいないCプログラマは本屋をまわってでも内容を確認してみる価値はある。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本の最も楽しい所は、「Cの本ではない」ということだろう。

Cという言語はCという「言語だけで」できているわけではない。そもそもがプリプロセス処理をやってから本チャンのコンパイルをし、結果をアセンブラで出し、オブジェクトファイルにし、リンカーでライブラリとくっつける…というこれだけのことをやってやっと実行可能ファイルが出来上がる、というのがそもそものデザインだ。

当然、「言語上は何がどうなっているのか」だけでは100%使いこなせない、という事になる。「それはアセンブラに直ったときにどうなっているのか」とか「リンカーは何をしているのか」とか、実はそういった事をきちんと理解して初めて使いこなせるようになる。もちろん、バイナリになれば終わりってわけじゃない。実行する際にはカーネルのシステムコールを呼ぶわけだけど、こいつがまたその先で何をやっているのかとか…。

たまに、最初から最後までC言語関係なしで話が進む章もある。これが最も楽しい。なおかつ、「C言語関係なしなのに」読み終わるとCでプログラムを書く場合の参考にちゃんとなっている。

コメントや突っ込みも含めて、楽しめるようになって欲しい。
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー