通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
エイリアン通り(ストリート) (第1巻) (白泉社... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆小口に日焼けがあります。カバーに使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

エイリアン通り(ストリート) (第1巻) (白泉社文庫) 文庫 – 1995/12

5つ星のうち 4.4 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 720
¥ 720 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • エイリアン通り(ストリート) (第1巻) (白泉社文庫)
  • +
  • エイリアン通り(ストリート) (第2巻) (白泉社文庫)
  • +
  • エイリアン通り(ストリート) (第3巻) (白泉社文庫)
総額: ¥2,088
ポイントの合計: 35pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『君の名は。』、星野源『いのちの車窓から』、『ダンジョン飯』ほか、
KADOKAWA全品10%ポイント還元中。この機会をお見逃しなく! 今すぐチェック

登録情報

  • 文庫: 372ページ
  • 出版社: 白泉社 (1995/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4592881915
  • ISBN-13: 978-4592881919
  • 発売日: 1995/12
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 353,492位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
最近でも、「Natural」「花よりも花の如く!」と素晴らしい作品描き続けている成田美名子さんの今から15年ぐらい前の作品です。成田さんの作品は「自分の居場所」がテーマの一つだと思うのですが、この作品にはこのテーマが明確に描かれていると思います。誰もが憧れる明晰な頭脳や美しい容姿も人が幸せになるための絶対的な根拠にはなり得ない。人は自分の居場所、それは自分の自分が頭が悪かろうと醜かろうと、立派な人間でなかろうと受け入れてくれる、何かを、誰かを求めていると思います。ちょうど、この作品を読んだのが、自分が高校生の頃で、こうしたことを考えていた時期だったので、余計に強くそのことを感じたように思います。今年になって十数年ぶりに文庫化されたこの作品を読み返す機会を得ることができました。今読み返すと、確かにまだテーマが十分にこなされておらず、前面に出過ぎている感もありましたが、あの当時、自分自身が抱えていた思いといったものも思い出され、また感動を新たにすることが出来ました。時を経て、もう一度、この作品を楽しむことが出来たことに感謝しています。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/8/18
形式: 文庫
80年代前半に大ヒットした名作。金髪の美少年、天才、大金持ちでビバリーヒルズの豪邸に住んでいる、など主人公の造型はいかにも古くさいし、作品全体に漂うアメリカに対する盲目的な憧憬も、何というか、時代を感じさせる。
が、そのような理由で本作を敬遠するのはあまりに勿体ない。この作品にはそれだけではない深みがあるからだ。他者に対する戸惑い、ぎこちなさ、孤独。それを自覚してなお他者と繋がろうとするいじらしさ。このような人物をここまで的確に、かつ魅力的に描ける漫画家は、成田美名子をおいてほかにない。何より、どの人物も品のよいところが素晴らしい。作品は、ひきこまれるストーリーとセンスの良いユーモアに包まれつつ、生きることの素晴らしさとかすかな悲しみをあぶり出していく。一人一人の心の中に深く入り込んで、微妙な心の襞を丁寧に描いていく。70年代から80年代初頭はテーマ性をたたえたマンガが次々と世に送り出された時代だが、その中でも本作は、人物の陰翳、ストーリーのオリジナリティ、絵柄の美しさ、過度に小難しくならないサービス精神、そしてバランスのよさで、群を抜く。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
成田は絵もうまいけど、ストーリイテラーとして、キャラや物語の設定・構成・展開のさせ方がうまい。
ストーリイの骨格がしっかりしているので少々脱線気味に話しをすすめてもブレることがない。
シリアスなシーンとコミカルなシーンとのつなぎ方やバランスが絶妙で、とてもテンポのよい運びは読者を退屈させない。

アラブ某国の石油相にして次期首長候補(最終話で首長に)を父に持つ主人公シャール・イダニス・モルラロールを主人公に
彼を取り巻く人々との顛末を描いていく。
当時、米国映画エイリアンが流行っていたこともあっての題名とは思うが、
本歌取りで見事に成田流のドラマを構築しているのはさすが。
題名にだまされてはいけません。
"エイリアン"という概念をテーマに据えて、シャールたち"エイリアン同士"は本当の仲間になっていく。
最終話では、拉致されたシャール救出作戦の際に、切り札としてセレムが真顔で
「だいじょうぶ。これがあります」と取り出す「中国花火」、
そして花火をきっかけに「合図だ!」とのり込むジェルを中心とした仲間たち。
感動の場面だった。
最終話のこのシーンはとても印象的で、いちばん好きなシーンでもある。

シャールの生立ちは複雑で、今は亡
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
中学生の頃、もうホントに夢中で読んでいました。
シャールもセレムも大好きで、シャール君のフルネームは未だに言えます。
大人になって一万円もする豪華版を購入した時も、ワクワクドキドキ、再読して・・・ん?
・・・何もかも浅い。台詞ひとつとってみても、恐ろしく浅い。共感云々というレベルではなく・・・下らない。中身がない。
低予算のチープな映画という印象。脚本ダメ、監督ダメ、顔だけで演技力のない俳優たち。
萌えの要素を詰め込んで、雰囲気だけで押し通しました感満載。
世間知らずでピュアな中学生だと気付かない事が沢山あって楽しめる作品なのかもしれません。
大人になって読み返した中で後悔したナンバー1作品。(子供な自分を懐かしく、笑止した作品かも)
大好きだっただけに残念。もう一度あの頃に戻って読み返したい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー