ウルヴァリン:X-MEN ZERO [Blu-ra... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ウルヴァリン:X-MEN ZERO [Blu-ray]

5つ星のうち 4.2 94件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,057
価格: ¥ 927 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,130 (55%)
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:15¥ 926より 中古品の出品:2¥ 2,000より

この商品には新しいモデルがあります:

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でウルヴァリン:X-MEN ZERO (字幕版)を今すぐ観る ¥ 199 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【20世紀FOXストア】 『デッドプール』、『X-MEN』、『ダイ・ハード』、『007』、『24 -TWENTY FOUR-』、『glee/グリー』ほか、新着タイトルや人気ランキング、海外TVシリーズ情報など

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ウルヴァリン:X-MEN ZERO [Blu-ray]
  • +
  • ウルヴァリン:SAMURAI [Blu-ray]
  • +
  • X-MEN ブルーレイコレクション(5枚組) [Blu-ray]
総額: ¥5,772
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ヒュー・ジャックマン, リーヴ・シュレイバー, リン・コリンズ, ダニー・ヒューストン, ライアン・レイノルズ
  • 監督: ギャヴィン・フッド
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日 2013/09/04
  • 時間: 108 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 94件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00DG274XU
  • JAN: 4988142960221
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 937位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

「ウルヴァリン:SAMURAI」公開記念! 最も過激なヒーロー誕生の秘密が今、明かされる!
涙まで、金属なのか。
映画の言葉 "強くなるんだ 誰にも負けないように"


<キャスト&スタッフ>
ローガン/ウルヴァリン…ヒュー・ジャックマン(山路和弘)
ビクター/セイバートゥース…リーヴ・シュレイバー(石塚運昇)
ケイラ…リン・コリンズ(安藤麻吹)
ストライカー…ダニー・ヒューストン(野島昭生)
ウェイド/デッドプール…ライアン・レイノルズ(加瀬康之)
エージェント・ゼロ…ダニエル・ヘニー(磯部 弘)

監督:ギャヴィン・フッド
脚本:デイビッド・ベニオフ/スキップ・ウッズ
製作総指揮:スタン・リー/リチャード・ドナー
●字幕翻訳:松崎広幸 ●吹替翻訳:久保喜昭

<ストーリー>
ミュータントとして生まれたローガンは、少年時代、その能力が覚醒。以来、人としての幸せを捨て、幾多の戦争に身を投じて生きてきたが、ケイラという女性と出会い、初めて人間として生きる喜びを知る。だが、ある日突然彼女は殺されてしまう。深い絆で結ばれていたはずのローガンの兄ビクターの手によって……。兄を倒すため謎の巨大組織と取引したローガンは、最強の戦士となるべく、超金属アダマンチウムを全身の骨に移植する改造手術をうけ、<ウルヴァリン>という名の人間兵器に生まれ変わる。獣のような闘争本能と人間としての心の間で葛藤するローガンと、野獣と化した兄ビクターとの複雑な関係。巨大組織が仕掛けた恐るべき陰謀と、ウルヴァリンの記憶を失わせた絶望的裏切り。最も過激なヒーローの誕生と、復讐の物語が初めて明かされる!

<ポイント>
●世界的大ヒット「X-MEN」シリーズの最高傑作!
★封入特典(初回生産分のみ):MARVELコミック「WOLVERINE ADVENTURE IN JAPAN」
※初回生産版終了後は封入コミック無しの仕様となります。

<特典>
●ギャヴィン・フッド監督による音声解説 ※1
●アルティメット・X-モード ※2
・X-コネクト (ピクチャー・イン・ピクチャー)
・X-プレビズ (ピクチャーイン・ピクチャー)
・トリビア・トラック
●ウルヴァリンのルーツを探る:スタン・リー&レン・ウェイン ※1
●伝説の始まり:ヒーロー誕生の物語
●"ウェポンX" ミュータント・ファイル
●チェイス・シーンの舞台裏
●もうひとつのエンディング&未公開シーン集 ギャヴィン・フッド監督による音声解説付き
●FOX予告編集
・X-MEN トリロジー ブルーレイ・コレクターズBOX
・ナイト ミュージアム2
※1 ブルーレイディスクのみの収録特典
※2ブルーレイディスクのみの収録特典<インタラクティブ>
このコンテンツは ピクチャー・イン・ピクチャー(BONUSVIEW)機能対応の機器でのみ再生可能です。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

「X-MEN」シリーズの人気キャラクター・ウルヴァリンの誕生秘話を描いたSFアクション。ミュータントとして生まれたローガンが“ウルヴァリン”として生きていく姿を描く。“フォックス・スーパープライス・ブルーレイ”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray Amazonで購入
ウルヴァリンファンにはたまらない作品だ!彼がなぜ過去の記憶がないのか!なぜ金属の骨格になったのか…明らかになる!悲しい過去とウルヴァリンの優しさに胸が熱くなる作品だ!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
第1作目のX-MENの前のウルヴァリンの生い立ちの話です。
X-MENでの謎がわかります。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
『ウルヴァリン-SAMURSI-』企画段階において、まずはウルヴァリンを掘り下げようって事で作られた本作です(特典映像で語られます)。

本作では、ウルヴァリンに的を絞って物語が進むので、レギュラーキャラが大勢いる他のXメン作品(1-3)よりもシンプルに物語に没頭する事が出来ます。
加えて、ミュータントの抱える悲劇(差別・実験等)や、他のミュータントキャラにもほど良くスポットが当てられているので、Xメン作品としての良さもキチンと残っています。
アクションは序盤から飛ばしまくっていますし、物語自体もXメン1-3との絡みがあるので、Xメン作品が好きならば見て損は無い出来です。
ただ、2017年現在においても、未だ明かされぬ伏線を残しつつ終わっているので、その点が今後どうなるのか気になるところ。『ヒューチャー&パスト』で歴史改変しちゃったので、どこからどこまでが現在の作品の流れなのか、よくわからないというのもあるんですが・・・。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
XMEN、3部作は充分堪能して満足出来たので、整理もついて終了と思っていたのに、実はその前の物語があるなんて知ったときは驚きだった。迷わず「ウルヴァリン・XMEN ZERO」を購入した。
そう言えばローガン(主人公)はXMENでときおり、「自分が何者で、何処から来たのか、どうして不死身なのか」疑問を抱きながらの活躍だったな。本編はこの部分を解明してくれる物語である。つじつまが合い納得度全開である。ストーリーはご案内のとおりなのでわかりやすいはず。・・
いつも感心させられるのは脇を固める才能豊かなミュータント達である。実は1作目から出演させたかったが、バランスを考慮して今回に至る等の「特典説明映像」も充実している。
ローガンが主役ではあるけれど、ガンピットのカードを操るクールさ、棒術使いなんかもカッコいいし主役級じゃないかな。それから、ローガンより強いミュータントが現れるんだ。どう立ち向かうかが楽しみだよ。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
以前テレビで観たことがあるけど、改めて観てもやっぱり面白い!ローガンの手から出てくる骨みたいなものが、アダマンチウム製のナイフになった経緯がわかって嬉しくなる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 BP5 投稿日 2016/9/1
形式: DVD Amazonで購入
すぐに届き、商品も新品同様でした。
大変満足です。
ありがとうございました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 羽純 VINE メンバー 投稿日 2010/2/10
形式: DVD Amazonで購入
 面白い!一気に観てしまいました。
なんと言ってもジグソーパズルのピースがパチリとハマる様な、
X-MENシリーズと見事に繋がった面白さ!

 ストーリーがしっかりとしています。
ローガンがまさに、ウルヴァリンになって行く事情、過程が描かれています。
そうそこには彼の驚くべき人生が…
長い歴史の中を生き、そして彼が背負うことになる運命が待つ。
ここにその全てがあります。
 細部にわたるまで丁寧に作られ人を配したことで、前三作と見事に繋がっています。
その繋がり方は、X-MENシリーズ三作品の前に置いても、後に置いても良し!
前後どちらに持ってきても、違和感もなくストーリーが成り立ちます。

 実は、ラブコメ系に登場するヒュー・ジャックマンは、余り好きじゃなくて。
やっぱり彼はハード&ワイルドが似合う、カッコイイと思うんです。
ウルヴァリンとヒュー・ジャックマン、こういうのをハマり役っていうのかしら…
役作りのために体を絞ったとのこと、素晴らしい&美しいの一言。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ぴぽぱ 投稿日 2015/2/3
形式: DVD Amazonで購入
Xmen無くしてマーベルは語れません。今回は過去が語られます。やはり何度見ても面白いです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 案山子 VINE メンバー 投稿日 2010/4/10
形式: DVD Amazonで購入
 アメコミの実写化作品の中では「X−MEN」シリーズは割と気に入っている。ローガンを始めとしてストーム、サイクロップス、ミスティークなど敵味方に個性的なキャラクターが揃っており、特にも「X−MEN2」は面白かった。
 一方で「X−MEN」では主人公であるローガンの秘密が明らかにならなかったために、過去の記憶を持たない理由や苦悩の原因も分からず、消化不良の感も残った。さらにキャラクターが多すぎることも災いした面があり、正体の分からないローガンはもちろん、登場人物の誰に感情移入すべきか、誰を視点人物にすべきかが分からなかったのだ。
 その点、本作ではローガン(ウルヴァリン)を主人公として彼を中心に物語は進む。「X−MEN」シリーズ以上に感情も露わになるので見ている方も感情移入しやすい。また、様々な特殊能力を持った脇役も出しゃばり過ぎないので、逆にお互いの持ち味が活かされたような気がする。恋人役のケイラ(リン・コリンズ)が少し地味だったかという気もするが、セクシー過ぎても彼女の超能力は活かされまい(ちなみに彼女は「イルマーレ」にも出演していた)。
 さらに嬉しいのは若き日のサイクロップスやストームがちらっと出てくること。マグニートーは出て来なかったが、まだまだ私が気づかなかった場面があるに違いない。
 番外編ではあるが、面白かった。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー