ウルフ【ワイド版】 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ウルフ【ワイド版】 [DVD]

5つ星のうち 3.8 17件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 800 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 3,304 (81%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ときわ商会が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
中古品の出品:5¥ 450より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でウルフ (字幕版)を今すぐ観る ¥ 199 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジャック・ニコルソン
  • 形式: Dolby
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.66:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
  • 発売日 1998/10/23
  • 時間: 127 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 17件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005LMEE
  • JAN: 4988107093476
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 275,393位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   うだつのあがらない中年男ウィル(ジャック・ニコルソン)は、夜のドライブ中に狼に噛まれてしまったことから、次第に人格や行動が野性化していき、仕事では左遷の危機を脱し、ついには社長令嬢ローラ(ミシェル・ファイファー)と激しい恋に落ちていく。そんな折、彼の前夫人(ケイト・ネルガン)が何者かに惨殺される事件が勃発し…。
   おなじみ狼男という題材をモチーフに、『卒業』などのマイク・ニコルズ監督が大人のラブストーリー仕立てで描いた異色ロマンティック・ホラー。ゴシック調の映像がダーク・ファンタジー色を際立たせているが、特殊メイクなど使わなくても十分モンスターに見える(?)J・ニコルソンのいつもながらの怪演により、どこか奇妙なおかしみが醸し出されているのも確かである。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

人里離れた山道で遭遇した狼に噛まれてしまった男が、次第に野性に目覚めていく姿を描いた、ジャック・ニコルソン主演で贈るエロティック・ホラー。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
今時あり得ないことが、おこる。
ある満月のくらい夜に、狼にかみつかれる。
それが、少しづつ、野性を呼び起こす。
会社が、乗っ取られ、妻が寝取られ、その失意の編集長が、猛然と反撃する。
野性のもつちから、競争に勝ち抜く自信。
こんな単純なゲームが、これからうけいれられるのだろう。
ストーリーとして単純だが、その持つ意味は大きい。
人間が、狼男に形質転換できるのか。
遺伝子組み替え技術を背景にする。ニコルソンのはまり役にも見える。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
映画の内容は知っている。気に入っているから買うのである。
登録情報にこう記載されている。
「言語: 英語, 日本語  字幕: 日本語, 英語」
これが買ってわかったがウソ。字幕は「日本語」のみ。
ウソの情報は載せるな!
パッケージイメージは裏側も表示せよ!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 WARP VINE メンバー 投稿日 2002/10/11
形式: VHS
メイクにリック・ベイカーが参加していますが、あくまで大人のソフトホラーといった感じでグロテスクな見せ場は皆無です。そもそも物語からして、冴えない男が狼男になることで仕事もアフター5もバリバリっていうのが気に入らない。狼男の恐怖も孤独もなく、ホラーというジャンルなのに作り手が無視してしまった様な映画です。監督がマイク・ニコルズじゃ、仕方ないのかな。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
大都市ニューヨーク。出版業界。上流階級。
そういったアッパーな設定によるのだと思いますが、
ヒッチコック作品が持つ品の良さや洒落っ気が、そこはかとなく漂う作品です。
「卒業」「ワーキング・ガール」のマイク・ニコルズ監督ならではの
娯楽作でありながら社会風刺を利かせた演出、舞台劇さながらに
台詞を軸に展開していく人間ドラマが見どころです。
SFXやCGを期待してはいけません。とにかく台詞が粋。
ジャック・ニコルソンとミシェル・ファイファーの共演は観てのお楽しみ。
ビルのロビーから部屋や調度品までアート・ディレクションに凝っていて、
ワンシーンごとの完成度が驚くほど高く、狼の仮面をかぶった迷える子羊のような
大人のためのロマンティック・ホラーに仕上がっています。
計算高く抜け目のないビジネスマン役のジェームズ・スペイダーや
ケイト・ネリガン、リチャード・ジェンキンスといった共演者たちの好演もお見逃しなく。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
狼男の現代版というふれこみで、かつ主演のニコルソンの大ファン。勿論、荒唐無稽な話であるのは分かるが、狼男のビジネス面でのすごさをもっと描いてほしかったし、最後にどこかに行ったかのようでよく分からぬのが不満であった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 bernie VINE メンバー 投稿日 2006/3/14
形式: Blu-ray
Will Randall (Jack Nicholson) has made it to the top of his publishing career. With no where to go he is sure to be a victim of the latest merger. He has the support of close friends and loyal clients; however that is not enough for him to see any way out but down or out. Little does he know that he is being helped “out.”

One night driving on a dark snowy road in Wisconsin he encounters and collides with a wolf. Upon investigation of the situation he is nipped.

Turns out this could be the best/worst that that could happen. Now he finds the physical and mental agility to c
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
演出に新鮮味があるわけではない。狼になりつつあるニコルソンが、ある時を境に自身の尋常ではない視覚、聴覚を知り、実感する場面や秘書のサンドイッチの肉をつまみ食いする場面、普段吸っているパイプに違和感を抱く場面など、手法としては平板だし、陳腐と言えるかもしれない。
だが、そうしたありきたりのドラマの進展ぶりを超える俳優陣の確かな演技力、好演、熱演が説得力を持って来る。
社長は厭味な奴だし、初老の名編集長であるニコルソンのくたびれ感には哀愁が漂う。部下でニコルソンを貶めたスチュワートは痛い目に合って欲しくなるし、年の離れたニコルソンに少しずつ惹かれる社長の娘ミシェルファイファーの切ない心情は報われて欲しいと思ってしまう。そうそう、老研究家の頼み「私を噛んでくれないか」というセリフも哀しさが滲み出ていたなぁ。
おそらく、ニコルソンとファイファーは狼のつがいとして生を全うするだろうし、その方が人間として行き続けるよりも幸福なのだ。老研究家の所にも二頭はやって来て、その手を噛んでくれるに違いない。
息をもつかせぬアクションもない、ホラーからは程遠い、逆にスタントがばれてしまうような安っぽさもある。
それでも、何度も観たくなる映画だ。
先に述べた俳優陣の熱演、好演の第一はもちろんニコルソン。初老期に入った男の諦めや徒労感、虚しさ。しかし
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー