ウルトラミラクルラブストーリー [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,750
通常配送無料 詳細
発売元: 大森配送センター
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ウルトラミラクルラブストーリー [DVD]

5つ星のうち 3.3 58件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,040
価格: ¥ 2,750 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,290 (45%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、安心迅速発送のクレイブが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
新品の出品:8¥ 2,400より 中古品の出品:22¥ 574より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ウルトラミラクルラブストーリー [DVD]
  • +
  • 敗者
総額: ¥4,262
ポイントの合計: 46pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 松山ケンイチ, 麻生久美子, ノゾエ征爾, ARATA, 藤田弓子
  • 監督: 横浜聡子
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: VAP,INC(VAP)(D)
  • 発売日 2009/11/27
  • 時間: 120 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 58件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B002QM92F4
  • EAN: 4988021133777
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 85,133位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

【横浜聡子監督(2007年度日本映画監督協会新人賞受賞)、待望のメジャーデビュー作!!】
松山ケンイチ主演! その生命力あふれる“怪演”に絶賛の声続出!!
舞台は日本の青森県。セリフは全篇津軽弁。
故郷・青森に囲まれ、彼自身にも影響を与えた特別な一本。
麻生久美子と共に描き出す、究極の片思いファンタジーがDVDになって登場!!

2009年6月より公開
★トロント国際映画祭(ディスカバリー部門) 正式招待上映
★バンクーバー国際映画祭 正式招待上映
★ロンドン映画祭 正式招待上映

◆ 松山ケンイチ主演最新作
実力派若手俳優No.1の松山ケンイチ主演の最新作!
全身で画面いっぱいに動き回り、子どものように自由な主人公・陽人を怪演!
また、陽人に慕われながらも元カレのトラウマから抜け出せない、少し変で謎めいた女性・町子に麻生久美子、
度肝を抜くような姿で出演を果たしているARATA。
そして渡辺美佐子、原田芳雄、藤田弓子などのベテラン俳優陣も見事集結!
生命力と幸福感に満ちた世界をまぶしく彩る。
◆ 青森出身監督×青森出身俳優×全篇津軽弁×オール青森ロケ!
◆ 横浜聡子監督ついにメジャーデビュー!
◆ 賛否両論!リピーター続出!? 観たことのない日本映画。

【STORY】
青森で農業をしながらひとりで暮らす、子供みたいな青年・水木陽人(松山ケンイチ)。ある日、陽人は東京からやってきたという幼稚園の新任の先生・町子(麻生久美子)に出会い、一目で恋に落ちてしまう。さっそく猛アタックをしかける陽人だが、元カレのトラウマをかかえている町子はちょっと困惑気味。しかし、陽人の身に起きた“ある出来事”によって、2人の距離は徐々に近づいていくのだが・・・。

【キャスト&スタッフ】
松山ケンイチ 麻生久美子
ノゾエ征爾 ARATA
藤田弓子/原田芳雄/渡辺美佐子

監督・脚本:横浜聡子
原作:「ウルトラミラクルラブストーリー」横浜聡子・著(角川書店刊)
製作:「ウルトラミラクルラブストーリー」製作委員会(フィルムメイカーズ、バップ、日活、WOWOW、ホリプロ、日販、角川書店、ミュージック・オン・ティーヴィ、リトルモア)

【仕様】DVD2枚組(本編DVD+特典DVD)
デジパック仕様・アウターケース付き
特典映像(予定)
● メイキング of ウルトラミラクルラブストーリー
● ウルトラミラクルラブストーリースペシャル~横浜聡子・対談集~(協力:MUSIC ON!TV)
● ウルトラミラクルラブストーリーin青森
● イベント映像3連発!
● 未公開シーン
● 予告編集(特報、予告、TVスポット)
封入特典
●ブックレット
●ウルトラミラクル手ぬぐい(※初回生産分のみ封入)

※仕様及び収録内容は変更になる場合がございます。
※初回特典は数に限りがございますので、ご注文はお早めに。

内容(「Oricon」データベースより)

自主映画「ジャーマン+雨」で鮮烈な長編デビューを飾った監督、横浜聡子による商業映画デビュー作。青森を舞台に、農業をしながら暮らす子供みたいな純粋な青年が、初めての恋に向かって猛アタックする姿を描いたラブ・ストーリー。松山ケンイチ、麻生久美子ほか出演。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

映画館で観てぶったまげました。
なにあのラストシーン!!
決して登場人物に感情移入はできないけど、ぶったまげられたのでよかったです。
松ケン目当ての女の子たちは引いていた。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
松山ケンイチが演じるような青年は世界中に点在している。彼らの頭の中のヘリコプターは爆音をたてて農薬を撒き続けていることを最初に体感する事が出来る。映画の中の青年は、とても健やかにのびのびと生活し、彼の周りの人々も自然であたりまえに彼に接する。小さな町が、青々とした田んぼや森の緑のせいで楽園のように見えて、ほんの小さなエピソードにすら嘘や作り事がないので、子供の絵本のような話の流れも無理なく納得することができる。それに耳慣れない東北の言葉は響きも心地よく、映画に色を添える。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
なんなんでしょう。このいたたまれなさは。
美大志望の同級生が撮ったつまんない映画を見せられてる感じというか、パフォーマンスに走った売れないバンドを見ている感じと言うか。

個々のアイデアも「シュール!」「アート!」とありがたがるにはかなり陳腐で、全編青森弁の奇をてらった設定に観ているうちに馴れてくると、またその陳腐さが悪目立ちしてきます。
そんなものでももっと怒濤のように不条理が押し寄せてくればまだ良かったのですが、意外とアイデアの数に乏しく、しかもそのせいで繰り返しやテンポの悪いシーンばかりで、そのくせ変にお話としてまとめようとしている意図がまた恥ずかしくて。

哲学(「死」「進化」「自然」)を匂わせるシーンにしても、どこか説明台詞的で言葉ばかりが先に立つ印象。
その内容に関しても踏み込みの浅い「最近そういう新書でも読んで感化されたのかな?」という感想しか持てないものでした。

この手の映画に内容を問うても仕方ないですし、私自身も単にパンチの効いたものを期待して観ていたのですが、アートと呼ぶにはあまりにパワー不足なので評価としては星一つです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ラストに何が言いたかったのかが、全然わかりませんでした・・・
だからか、この作品を見て、私の中で何も残りませんでした><
もう見ないなぁ。

ずっとざわざわして、気持ち悪い心地。
私にはこの作品を見るセンスがなかったです!
でも映画全体の音楽はすごく好きでしたよ☆
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ジョセフ 投稿日 2010/6/7
かなり見る人を選びそうで、一般ウケはしない作品ですね。

途中で「分かろうとしてはいけない」という事を悟って感覚で見るようにしましたが、
自分の感性では何も残りませんでした。完全なる無。
芸術性もしくは敷居が高く、作る側も見る側も「こんな奇抜なことを楽しんでる」と酔うための映画だと感じてしまいました。
もう二度と横浜さん絡みのコンテンツには手を出さないと思います。

逆に、感性に自信のある方には1回試してみることをお勧めしたい映画です。
クセがある分、ハマれば病みつきになるかも?
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
松山ケンイチは「役柄を掴むまで時間がかかった」といい、麻生久美子も「最後までよく分からなかった」とメイキングで言っている。俳優が「?」のまま撮影が進む作品は、やっぱり観ても分からない(笑)。横浜監督の「意図」は何となく伝わるのだが、例えて言えばシュトロハイム的。監督の世界観を第一に考えた映画なのだ。「観てる人の世界を超えたい」という監督の意向は面白いが、これは商業映画じゃない。確かに観てる人の想像は超えていたけれど(笑)。冒頭「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の完全パロディで始まるのは良かったが、理解できたのはここだけだった。松ケンやアソクミ、ARATAに加えて御大・原田芳雄まで出演しているのに、本当にもったいない。本作を高評価している方は、この不条理感が好きなのだろうか・・・。自主映画ならば良いが、これは日活やWOWOW、バップまで参画している「大作」だ。横浜監督も「観客の方を向いて」作らないといけないのでは。特典ディスクは大充実で、どうしてこういう作風になったのかは十分理解できた。別に権威主義でも何でもないが、活動写真には下積みも必要だ。スタジオで助監督経験を少しやってからでも遅くはない。冗談か本気か、横浜監督は横浜市立大を卒業している(笑)。横浜人としては愛着もあるので、次回作に期待します。星は2つ。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
トピックをすべて見る...


フィードバック