通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ウルトラマラソン マン がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付◆下部に一部数ミリの小ギレあります◆その他大きなキズ・シミ等はなく、総じて状態は並品です◆本文良好です◆高価買取!購入後飽きたらお売り下さい。当社購入品、購入価格の60%以上で買戻(その他条件有・一部例外有)◆used品の為、微小な汚れ・細かいスレ等ご容赦下さい◆クリーニング後、DM便等にて迅速発送致します◆複数同時購入2点目以降100円ご返金!◆別販売にて在庫がない場合ご返金致します
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ウルトラマラソン マン 単行本(ソフトカバー) – 2012/2/16

5つ星のうち 4.6 25件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,836
¥ 1,836 ¥ 498

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ウルトラマラソン マン
  • +
  • 違う自分になれ! ウルトラマラソンの方程式
  • +
  • ウルトラマラソンのすすめ: 100キロを走るための極意 (平凡社新書)
総額: ¥4,169
ポイントの合計: 128pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「ユーリ!!! on ICE」 公式ガイドブック 『ユーリ!!! on Life』
描き下ろしイラストによるA2両面ポスター2枚付きで予約開始 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

GQ誌で「2004年度驚愕の肉体」に選ばれたディーン・カーナゼスにとって、42.195kmのフルマラソンはウォーミングアップに過ぎない。
彼は人間が走れる距離の極限に挑む。例えば320kmの駅伝レースを2晩徹夜して一人で走り抜く。50℃のデスバレーを横断し、マイナス40℃の南極を駆け抜ける。

彼の冒険は想像を絶するものだが、思わず笑ってしまうおかしみも兼ね備える。深夜走りながらファーストフードのドライブスルーで、「クルマがないから」と食べ物を販売してもらえない。
気付けば走りながら眠ってしまい、高速道路の真ん中で車のヘッドライトが目の前に迫ってくる! などなど、エピソードに事欠かない。

『筋肉』の著者サム・ファッセルによれば、ディーンは「最強の小さな機関車」だ。「何が彼を突き動かすかを説明できるのは彼自身しかいない。
石炭でも薪でもなく、心と純粋な意志で彼は走る。ディーンの走りは、会社生活やつまらない都会生活からの逃避ではなく、自己のアイデンティティーや存在意義を必死に確認するための行為である」と述べる。

ディーン・カーナゼスの固い信念は、賞賛や栄冠を求めてのものではなく、あくまでも限界への挑戦だ。
人生がどう転がろうとも、走ることで自分が望むところへたどり着ける。それは物理的な場所だけでなく、精神的な到達点も含めて。


〈帯コピー〉
30歳の誕生日の夜、安穏とした生活に疑問をもった僕は、庭仕事用のスニーカーを引っ張りだして、朝まで7時間ぶっ通しで走った。そして僕は、ウルトラマラソンマンになった。

内容(「BOOK」データベースより)

気温50℃を超える中で216kmを走破するデスバレーマラソン、マイナス40℃の南極フルマラソン、標高差2736mを越えて160kmを走り抜く…。この男、いったいぜんたい、どうしてここまで走るのか?

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 296ページ
  • 出版社: ディスカヴァー・トゥエンティワン (2012/2/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4799311298
  • ISBN-13: 978-4799311295
  • 発売日: 2012/2/16
  • 商品パッケージの寸法: 18.9 x 13.1 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 25件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 61,272位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
ウルトラマラソンマンの中で僕の中で響いたフレーズを並べさせて頂きました。約4年前に走り始めた頃では、ほとんどピンとこなかったであろうこのフレーズも、今では僕もウルトラランナーとして、とても共感できました。正直もっともっと早くこの本に出会いたかったけど、今はただただこの本に出合えた事が嬉しく、自分の走ることに対する考え方が、豊富な経験をもつ筆者と共感できた事で更に自信がつき、僕の進むべきランナーとしての道しるべを頂いたように感じました。今後、ランニングを続けていく上で、再びこの本を手にとって読み返すのも一つの楽しみです。

1. 「足で走ろうと思うな。ハートで走れ」P39
2. 「もっとも大事なのは絶対に諦めないこと。ゴールに辿りつくのにどれくらい掛かろうと構わない。やり遂げることが大事なのだ。」P92
3. 「スタートラインに立つことは偉業だと思う。見事ゴールしたものは別の人間になっているだろう」P112
4. 「65マイル(104KM)も走ると、自分の体の感覚が麻痺してくる。こうゆう状態では、体調をチェックし脳に異常を伝える仕組みが機能しなくなる。身体が脳を騙すようになる。」P142
5. 「痛みは体が弱さを取り除こうとする方法なのさ。苦痛を克服するのではなく、苦痛を味わい楽しむべきなんだ」P144
6. 「苦
...続きを読む ›
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
本の中で彼は、ウルトラマラソンのレース中は孤独から解放されるという。
僕の経験上、ウルトラマラソンは全く孤独な世界だというのに!

この本の帯にある『この男、いったいぜんたいどうしてここまで走るのか』の答えは、
彼自身が綴る数々の非日常的なレース体験記を通じて書いてある。
ウェスタンステーツ100マイル耐久レースでの壮絶な不眠不休のレース体験で、
デスバレーでの干からびた、フライパンの上を走るような世界で、
そして走る場所とは到底思えない南極点を目指すフルマラソンを通じて。

この本は、
並はずれた走力と不屈の精神力で桁外れに困難なレースを克服する
ための秘訣やテクニックを伝える本ではない。

むしろ、
彼はなぜ走るのかという根本的な問いかけに答えを見つけた男の話だ。
言い換えれば、生きるために何が必要か僕は見つけたよ、という感じ。
それが彼の場合は「走ること」で、
記録を狙うことやトロフィーや名声を勝ち取ることでもない。
走ることそれ以上でもそれ以下でもない。

周りの環境、仕事や家族や友人達からのサポートを得ながら、
走ることで自分を顧みて、乗り越えて、解放する。
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
とにかく走る能力、体力、精神力がすごい。ここまでやる必要があるのか? どこからやる気がわき起こってくるのか?
どこにたどり着くと、満足するのか。計り知れない走ることへのこだわり。読み進むに従って、自分の中にもやる気が湧き上がってきた。
何かせねば、ゆっくりのんびり時の流れに身をまかせていても、何も始まらない。
すごく刺激になった一冊です。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kenken トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2015/8/28
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
ここ数ヶ月の間、10年以上ぶりに走ることに目覚めてから、少しずつですがトレーニングをはじめたところです。
そのため走ることに関する本を短期間のうちにいろいろと読んで、ウルトラマラソン関係についてはまず「BORN TO RUN」を読み、その後「EAT & RUN」を読み、それから本書に辿り着きました。

読み始めてからは、あまりに面白く一気に読んでしまいました。
全編にユーモアが散りばめられていて非常に読みやすい文章です。
走ることに取り付かれた男の物語、というか普遍的に誰もが持っているのではないかと思われる自分の限界に挑戦していくということについての物語です。

本書を読んで非常に勇気づけられました。
現在走っている方、これから走ろうと思っている方には特にお勧めです。
必読、といってもいいかもしれない。
これを読んでからネットの検索で、東京でもウルトラマラソンが開催されているのをはじめて知りました。
来年も開催されるのかはよくわかりませんが、開催されるのであれば参加しようと思っています。
本書は人生を変える書、なのかもしれません。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー