Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540

¥ 108の割引 (17%)

(税込)
ポイント : 5pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[五十嵐大介]のウムヴェルト 五十嵐大介作品集 (アフタヌーンコミックス)
Kindle App Ad

ウムヴェルト 五十嵐大介作品集 (アフタヌーンコミックス) Kindle版

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 648 ¥ 356

紙の本の長さ: 196ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック


商品の説明

内容紹介

『ディザインズ』『リトル・フォレスト』『海獣の子供』などで絶対的な支持を獲得している五十嵐大介の作品集、待望の登場! 2004年から2014年にかけて描かれた短編は、「この世界のどこかにいる、かもしれない」──そんな「未確認生物」をモチーフとした珠玉の10タイトル。『ディザインズ』の原型となる読み切り『ウムヴェルト』も網羅し、五十嵐大介の環世界が惜しみなく放たれた1冊!

著者について

五十嵐 大介
2002年12月から2005年7月にかけて『リトル・フォレスト』を連載(全2巻)。
2014年8月、実写映画として『リトル・フォレスト』公開。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 52765 KB
  • 紙の本の長さ: 199 ページ
  • 出版社: 講談社 (2017/3/23)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B06XKF5B3S
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
ディザインズとセットで購入。
絵が、はなしっぱなしの頃と比べると、随分取っつきやすいものになった気がする。だからといって五十嵐先生の神秘性に変化はなく、そこには確かなものが描かれていた。
本当に素晴らしい作品集だった。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
2004年から2014年までに発表された10本の作品を収めた待望の短編集。(五十嵐さんの短編集、ほんと待ってました!)
20ページを切る短い話が続き、最後に「ディザインズ」の前日譚ともいうべき表題作の「ウムヴェルト」は巻頭4ページの美しいカラーを含めた60ページを超えるボリューム。「ウムヴェルト」を読む事で進行中の「ディザインズ」の世界がより深く感じられた。
冒頭の「ガルーダ」のような鳥の感覚を共有する話や、「マサヨシとバァちゃん」のような体がどんどん小さくなる事で世界や時間まで変わってしまう話等、この世界を人間とは違う感じ方で他の種族は生きているという「ディザインズ」の主題に至る過程を、この短編集からチラホラ感じる事が出来る。
とは言え肩の力を抜いて読める短編も多く、個人的にはバカバカしいワンアイデアを超絶画力で読ませてしまう「雨男」のキャラが愛おしくて好きです。(笑)
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 マメ蔵 投稿日 2017/3/25
形式: Kindle版
雨男がとても良かったです。あんな風に「ありがとう」って言われたら彼女に恋しちゃいそう。続編見たいです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
『ディザインズ』第2巻と同時発売の、五十嵐大介さんの短編集。
本書の最大の売りは、好評の『ディザインズ』のルーツまたはパイロット版とも云える先行短編作品「ウムヴェルト」を収録していること。『ディザインズ』の背景にある細かい設定が詳しく描かれていて、作品の世界観を理解する上でとても参考になります。
ストーリーやキャラクター(カエル娘)もかなり似通っているのですが、細かい部分での変更も行われている(例えば、本作に登場するオクダは、『ディザインズ』ではオクダとショーンという2人のキャラクターに人格及び役割を分割されているようにみえる)ので、『ディザインズ』の1エピソードとして組み込むのは難しく、このように短編集に別収録する形になったのだと思います。

この作品の中に登場する「ウムヴェルト=環世界」は、エストニアのヤーコプ・フォン・ユクスキュルという学者が提唱した生物学の概念で、簡単に言うと、人間と動物では、世界というものを全く違う方法で感知している・・・例えば、犬はその鋭い嗅覚で、人間が感知できないような情報を匂いから嗅ぎ取り、それによって人間には知覚できない独自の世界を感じ取っているのでは・・・我々が視ているのは、「あくまで人間が知覚した世界」であって、それは他の動物たちにそのまま当てはまるものではない、という事。この考え方が作品の根底にあるので
...続きを読む ›
2 コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover