この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ウニはすごい バッタもすごい - デザインの生物学 (中公新書) 新書 – 2017/2/19

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書, 2017/2/19
"もう一度試してください。"
¥ 1,246 ¥ 1,279
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

空を飛ぶ動物といえば鳥と昆虫。
鳥は骨が体内にあり、骨が支えている筋肉を動かすことで羽ばたく。からだを飛ばすためにはたくさんの酸素が必要なので、肺呼吸で取り入れた酸素を血液にのせてからだの隅々まで行き渡らせる。
一方、昆虫の体内には骨がない。かわりにキチン質の硬い皮で体を覆い、素早く羽ばたくのに筋肉とクチクラを組み合わせたバネ振り子を使う。昆虫も飛ぶために酸素を必要とするが、肺をもたない。では、どのようにして酸素をからだにとりこんでいるのだろうか――。
同じ飛ぶ動物でも体のつくりがまるで違う。本書は、刺胞動物、節足動物、軟体動物、棘皮動物、脊索動物の五つのグループを取り上げ、それぞれに異なる体のつくりを持ち、それぞれに繁栄しているその多彩な世界を紹介する。

内容(「BOOK」データベースより)

ハチは、硬軟自在の「クチクラ」という素材をバネにして、一秒間に数百回も羽ばたくことができる。アサリは天敵から攻撃を受けると、通常の筋肉より25倍も強い力を何時間でも出し続けられる「キャッチ筋」を使って殻を閉ざす―。いきものの体のつくりは、かたちも大きさも千差万別。バッタの跳躍、クラゲの毒針、ウシの反芻など、進化の過程で姿を変え、武器を身につけたいきものたちの、巧みな生存戦略に迫る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 321ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2017/2/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4121024192
  • ISBN-13: 978-4121024190
  • 発売日: 2017/2/19
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 356位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

「○○はすごい」系タイトルが流行ってるらしいから書名はそれで行きましょうか的な軽いエンタメのノリ(あとがきより)で書かれているものの、しかし、結構中身はハード。変わった生き物の生態を紹介するのではなく普通の生き物の体の構成物質の話や理路整然とした「なぜこういう身体デザインを選んだか」話が学術用語を交えて延々と続いたりします。誰もが知っているはずの昆虫の「脱皮」の意外な意味など「知ってたつもりが知らなかった!」という驚きをどんどん与えてくれる本です。歯ごたえはあるものの決して読みづらくはなく、サンゴ、昆虫、軟体動物などあれよあれよとテーマが移っていくので飽きさせません。図番は豊富、章末には謎の「いきものうた」のサービスまで。「○○はすごい」本にまた1冊、名著が加わりました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
心臓が1回打つ時間は動物によって違うため、
動物にはそれぞれの時間の感じ方があることを示した
『ゾウの時間 ネズミの時間』の本川達雄の著作です。

本書は生物のからだのつくりを生存戦略の面から説明します。
東工大の講義を元にしているようなのですが、
語り口は一般読者にもわかりやすくなっています。
専門的な説明はコラムとして別に掲載しているので、
そこまで詳しいことに興味がない人はそこを無視しても進められます。

第1章は刺胞動物門、イソギンチャクやサンゴの話です。
刺胞という針が時速60キロで発射されるメカニズムや、
サンゴ礁と褐虫藻という藻類の共生が語られます。

第2章は節足動物門、要するに昆虫です。
昆虫の骨の材料となる多糖類とタンパク質を合成したクチクラや、
羽を神経の指令なしに運動させるメカニズムなどが語られます。

第3章は軟体動物門、貝類やイカ、タコの話です。
ここでは貝殻がなぜラセンになるのか解き明かされます。
また、貝を開閉する筋肉であるキャッチ筋が取り上げられています。

第4、5章は棘皮動物門、ヒトデやウニ、ナマコの話です。
ヒトデな
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 男性古代遺跡ファン トップ500レビュアー 投稿日 2017/3/23
内容は、生物学好きなら絶対楽しめると思います。ただ、寝ながら読書したい人は、文庫サイズが出るのを待った方が良いかも。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告