¥1,404
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ウッドストック1969: ロックフェスの始まり、熱... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ウッドストック1969: ロックフェスの始まり、熱狂の終わり、50年目の真実 (文藝別冊) ムック – 2019/8/6

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
ムック, 2019/8/6
¥1,404
¥1,404 ¥1,180

ブックマイレージカード
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • ウッドストック1969: ロックフェスの始まり、熱狂の終わり、50年目の真実 (文藝別冊)
  • +
  • レコード・コレクターズ 2019年 9月号
  • +
  • 創刊50周年記念復刻 Part 1 ニューミュージック・マガジン1969年5月号~8月号
総額: ¥3,727
ポイントの合計: 37pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


本はまとめ買いでポイント増量!
2冊を購入はクーポンコード「2BOOKS」、3冊以上は「MATOME」の入力で最大4~10%ポイント還元 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

60年代を象徴し、「愛と平和の祭典」として語られるウッドストックだが、そのインパクトは音楽のみに留まらず、政治・経済・社会・文学などに波及した歴史的出来事だった。1969年以降、私たちは何を得て、何を失ったのか――50年の歳月によって掘り起こされた真実と歴史的な文脈の中から「伝説」の意味を問い直す。



【目次】

[インタビュー]
曽我部恵一ラブ&ピースって何のこと?

[エッセイ]
久保田麻琴 A lot of freaks!
福島康之 勝手にウッドストックと僕
スガナミユウ 熱のゆくえ

[対談]
佐野元春✕室矢憲治
再起し続けるストリートの精神――R.I.P., Rip it up, Have up all

[仮想ドキュメント]
ウッドストックの3日間
大鷹俊一

[出来事としてのWSF]
室矢憲治(MUROKEN)泥だらけの微笑み――未来へのメモワール

[民衆史としてのWSF]
湯浅学泥だらけのユサユサを考える
樋口泰人ウッドストックには白塗りの男がいたはずだ
マニュエル・ヤンウッドストックからDRUMまで――資本と階級闘争の揺れ動く指標としてのカウンターカルチャー

[1969以降の世界]
武田砂鉄ウッドストックを終わらせた不良(ナスティ)バンドたち
萩原健太そして、ウッドストックは語り継がれる
北中正和ウッドストックの地平線
五十嵐正History of Rock Festival――葛藤のフェスティバル史
長澤唯史ウッドストック、ロックとカウンターカルチャー――再考と再評価の試み


登録情報

  • ムック: 224ページ
  • 出版社: 河出書房新社 (2019/8/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4309979815
  • ISBN-13: 978-4309979816
  • 発売日: 2019/8/6
  • 梱包サイズ: 21 x 14.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 7,551位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


1件のカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

1件中1 - 1件目のレビューを表示

2019年8月16日
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告