新品の出品:1¥ 14,700より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ウォール街 (特別編) [DVD]

5つ星のうち 4.4 101件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 14,700より

この商品には新しいモデルがあります:

ウォール街(特別編) [DVD]
¥ 927
(1)
在庫あり。

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオウォール街 (字幕版)¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: マイケル・ダグラス, チャーリー・シーン, ダリル・ハンナ
  • 監督: オリバー・ストーン
  • 形式: Color, Dolby, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日 2012/12/19
  • 時間: 128 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 101件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B009S09K2C
  • JAN: 4988142924223
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 62,013位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

マネー戦線の最前線、ウォール街に渦巻く野望と陰謀……。オリバー・ストーン監督がスリリングに描き出す傑作エンターテイメント!
映画の言葉“自分を誇れる人間になれ"


<キャスト&スタッフ>
ゴードン・ゲッコー…マイケル・ダグラス
バド・フォックス…チャーリー・シーン
ダリアン・ディラー…ダリル・ハンナ

監督:オリバー・ストーン
製作:エドワード・R・ブレスマン
脚本:スタンリー・ワイザー/オリバー・ストーン
●字幕翻訳:戸田奈津子

<ストーリー>
世界の金融の中心「ウォール街」で繰り広げられる男たちのマネー・ウォーズ。若き商社マンのバドは自分の持てる頭脳と行動力の全てを注ぎ、一攫千金を狙っていた。億万長者ゲッコーに取り入るため、父の勤める航空会社の情報を渡し、インサイダー取引したことで夢が叶い、大金を手にするが……。

<ポイント>
◎1987年度アカデミー賞主演男優賞[マイケル・ダグラス]受賞
●マイケル・ダグラスが迫真の演技でオスカー受賞! チャーリー・シーンとの火花散る闘いに大興奮!
●オリバー・ストーン監督の興味深い音声解説や、45分にも及ぶドキュメンタリーなどDVDならではの特典を収録。

<特典>
●オリバー・ストーン監督による音声解説
●ドキュメンタリー
●オリジナル劇場予告編集

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『プラトーン』のオリバー・ストーン監督が、マイケル・ダグラスとチャーリー・シーン主演で描いた社会派ドラマ。野望が渦巻く金融ビジネスの最前線・ウォール街で繰り広げられる男たちのマネーウォーズの行方を描く。“ベスト・ヒット”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
パッケージからしててっきり10年くらい前の作品かと思ったら87年と30年も前のものだった。
映像もパソコンの画面もとにかく古臭い。
自分は最近株を始めたので観てみたが、やはり今とはだいぶ環境が異なってるように思う。
しかし金を持っている者が常に勝者であり、持っていない者は搾取される構造、成り上がってわかる貧富の格差(主人公の「自分は貧しかった」という台詞にこもる実感は普遍的だ)や、金など無くていいということを信条とする労働者の父と、そんな親と対決し勝ち組になろうとする息子などはいつの時代も変わりようがない。
いかにも作り物といったストーリーだが、たとえファンタジーでも面白いものは面白いということがわかる。
30年前、20年前に比べたら鮮度が落ちている部分もあるが、今の人間が観ても通じる稀な名作だ。
ただし株の知識や経験は必要だ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
証券会社に勤める男が、有名投資家に認められのし上がっていく話。
1980年代の映画なので雰囲気とかは古臭いが、映画としては楽しめる。
出世願望が強い主人公がのし上がっていくのを見てやる気が出る。
マネーゲームの結末も現実的で納得できる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
現在のマネーゲームの中で、ゆがんでいく「人間」性。
金だけが 人生ではないと言いながら。
何が人間にとって大切なのかーカネである。
<財布>の大きさで、人をはかるのか? 
という言葉がおもしろかった。
「世界をふたつにわけよう。」
豊かさとはなにか
 財布の大きさ。
 仕事のあること。
 健康。
もっと 大切なものが あるはずなのだが。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
オリバーストーン監督作品では、ベトナム戦争告発のプラトーンが浮かぶ。80年代後半、アメリカの斜陽や苦悩に焦点をあて、自分たちの姿を振り返らせるという手法は、エイゼンシュテイン以来の映画の創成期からの伝統に属する。この『ウォール街』は資本主義や欲望、という台詞を直接語っている部分があるが、実はアメリカ史のバックボーンとしての移民や労働者階級の泥臭さをチャーリー・シーン演ずるバディの心理に込めている。資本主義を罪悪ではなく、欲望を善としたのは新教徒だとある社会学者が描くが、それは労働者とひと握りの富めるものの境界を度外視した議論だろう。【ネタバレ】さて、本作品の後半の枷で脚本を見ると、働くことの価値を買収される航空会社の組合というイメージに投げかけつつ、会社を売り飛ばすというゲッコー氏の行為にたいする是非という見るものの倫理への問いである。働き手が作り上げる共同体にたいする信奉=誠意、はいまでは伝説的な言説になってしまった。この社会性の変容にも拘らず、わわわれは不屈だが不器用な父親像に民主主義の残像を見る。涙で病床を見舞い、策略の仕返しとしての逮捕に真剣に「悔しがる」・バディ(相棒)の素朴な演技にぐっとくるところが成功している。
この映画は99%の評価を与えられる。とくに、伏線の効果を最大に利用したライターと、その意をくんだ画面構成、配役の的確
さが見るものをその場
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
面白かったです
特に交渉シーンでどのようなセリフを操るのか興味深かったです
携帯電話のサイズに本作の古さを感じますが、そこは本質ではなく、ウォールストリートを舞台にした人間模様です
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
証券金融界をこれだけドラマティックに描き、成功した映画は他にないだろう。(他にエディー・マーフィー/ダン・エイクロイド主演の「大逆転」など面白いと思うが、この映画はコメディーである。)
生き馬の目を抜く世界に生きる証券マンやダイナミックに企業を買収する銀行家達のドラマは、得てして、同業者以外の者が見ると冗長なドラマになるのだが、この映画は違う。ストーリー展開のテンポも良いし、台詞も凝っている。
特に圧巻なのは、ゴードン・ゲッコーの存在感であろう。マイケル・ダグラス演じるゴードン・ゲッコーは、実在の人物で、ジャンク債の帝王と呼ばれたマイケル・ミルケンをモデルとしているようだ。
ミルケンも、劇中のゲッコーの台詞で「アメリカの1%の金持ちがアメリカの資産の半分を持っている。そして、その内の3分の1は働いて財を成し、残りの3分の2は、未亡人やいかれた息子たちが継いだ遺産だ。私はゼロから苦労して今の地位を築いてきたんだ」と語っていたように、努力によって巨万の富を築いた人だったようだ。1946年生まれのミルケンは、ブッシュ大統領と同じ年に生まれた。10代の時に「成功するには人より長く働くこと」という規律を自分に課していたという。ニューヨークにあるドレクセルというボンドトレーディングの会社でトレーダーとして働き始めた彼は、午前4時半に出社し、ランチはいつも秘書がサン
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す