通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに使用感(ヨレ、スレ、傷等)あり。中身は書き込み、ヨレ、汚れない状態です
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルール 単行本(ソフトカバー) – 2012/2/22

5つ星のうち 4.4 16件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 590

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルール
  • +
  • 第6版 投資家のための 金融マーケット予測ハンドブック
総額: ¥4,644
ポイントの合計: 140pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

【4万部突破! 】

世界No.1経済紙「ウォールストリート・ジャーナル」の記者と経済学者が、本当に役立つ50の経済指標を厳選!
経済の動向を示すデータの動きが読み解けるスキルが身につき、経済の変化をいち早く察知できるようになるので、景気の変動に左右されることなく大切な資産を守り、着実に増やすことができる。
基本的な経済指標を押さえつつ、知る人ぞ知る指標も多数紹介。

出版社からのコメント

「監訳者まえがき」より抜粋
経済の先行きが不透明さを増している中で、自分はどのように生きていけばよいのか。国の経済政策は、どのようなものが望ましいのか。個人の資産運用あるいは資産防衛はどうあるべきか。さまざまな問題意識を抱いている人は少なくないでしょう。
世界各国の経済は、モノとマネーの双方を通じて、複雑に絡み合うようになりました。このため、ギリシャなど欧州で財政の危機が深刻化すると、日本でも景気悪化や株価下落が生じます。タイで大洪水が発生すると、日本でデジタルカメラが品不足になるといった事態になるのです。できるだけ効率的に、関連知識を吸収することが大切になってくるのです。
世界一の経済規模を誇り、世界経済のハブ(中心軸)になっているのは、何といっても米国です。日本の経済は、米国の経済の好悪によって、多大な影響を受けています。日本の株価は、米国の株価に連動して上下に動くケースがほとんどです。そこで、米国の経済がどのように動いているのかが、「この指標さえチェックしていればわかる」という本はないのだろうか、という話になります。本書『ウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルール』は、まさにそうした本だといえるでしょう。
私は、マーケットの視点から経済を分析し予測していくエコノミストとして、すでに22年以上働いています。そうした私の知識や経験から見ても、サイモン・コンスタブル、ロバート・E・ライト両氏が著した本書の記述には、うなずかされる部分が数多くありました。たとえば、「はじめに」の中にある次のような記述は、私がいくつもの著書で主張してきたことと、ぴたりと重なりあっています。
「経済指標は、経済の変化をいち早く察知するための道具です」
「ここで取り上げた経済指標が、すべてではありません。経済のヒントは日常のさまざまなところに転がっています。自分の目でそれを探してみてください」
「他人の言うことを鵜呑みにするのではなく、自分自身で判断できるようになりましょう」
この本の原書を読んで、私がまず感じたのは、「どこからでも読める読み物になっているな」ということでした。米国の経済指標を紹介する本は日本でも多数出版されていますが、それらの多くは「事典」の性格が濃いものです。無味乾燥な記述の羅列で、読んで楽しいものだとは、けっしていえません。ところが本書の場合は、各節があたかもコラムのように書かれており、まさに「読んで楽しい内容」になっています。しかも、「どこから読んでもよい」のです。
対象にしている読者層が広いということも、本書の特色でしょう。 外貨や株式などで投資をしている人や、ビジネスマンにくわえて、シニア層、主婦、学生など、さまざまな人が読んで楽しめる、あるいは有益な知識を得ることができる内容になっています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 304ページ
  • 出版社: かんき出版 (2012/2/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 476126814X
  • ISBN-13: 978-4761268145
  • 発売日: 2012/2/22
  • 商品パッケージの寸法: 21.1 x 13.8 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,332位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
FXをやるようになって経済指標もチェックするようになったのだが、正直ニガテで、何をどう見るべきかいまいち自信が持てなかった。
米国経済指標をわかりやすく解説している本はないかなぁ、ということで、出会ったのが本書。

実にわかりやすいと思う。
米国経済指標の「何を」「いつ」「どのように」チェックすべきかが的確にまとめられていて、しかも読みやすい。
投資家の視点で書かれているので、すぐに実践に役立てられそうだ。

投資をやる人なら、読んで損はしないと思う。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
米国のマクロ動向は自分の業務に影響があるので新聞記事を中心に状況把握と分析を行っています。

そんな中で本書を手に取ってみました。

これまでも米国の景気指標をまとめた本はあったのですが、
本書は≪非常に読みやすい≫というのが第一印象です。

その要因を考えてみたところ、次の3つでした;

・まず、解説がポイントをつきながらも簡潔であること。

・次に、目次や見出しが見やすく、分類もわかりやすいので、検索がしやすいこと。
 (すぐに目当ての指標の解説ページにたどり着けます)

・そして、読みやすい翻訳であること。(とてもこなれた翻訳だと思います)

米国の景気指標が中心ですが、商品関連指標(銅価格、石油在庫等)、バルチック海運指数、さらには日銀短観なども取り上げ、全部で50の指数が解説されています。

先般、米国の≪消費者信頼感指数≫の記事が新聞に出ていたので、さっそく本書の解説頁を参照しました。
どういう指標なのかといった定義説明のみならず、「…非常に上下しやすいので、早とちりをしないように慎重に判断する必要があります。(中略)細かい動きにとらわれず、3カ月分の平均的な動きがどうなっているかに
...続きを読む ›
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
2016年世界経済の注目は1)FRBの利上げペース 2)原油価格 3)中国経済の減速であると思われる。 その動向によってドル円レートが影響される。 
経常収支の動向による円需給等の日本経済のファンダメンタルスは2017年以降に影響を及ぼすと考えている。
わたしは個人的には米国債を償還まで保持するフィクストインカム投資を方針としているので、この本の中で取り上げている経済指標のうち

 ・対米証券投資指標TIC
 ・週次景気先行指標WLI
 ・イールドカーブ
 ・TIPSスプレッド(TIPS ブレークイーブン)

に今後は注目して行こうと思う。

特に10年物国債と3ヶ月物国債の利回りの差であるイールドカーブは、フラットのときは1年後の景気悪化の確率が25%、一方、右下がりになり、利回りの差がマイナス1.5%になると景気悪化の確率は75%にまで高くなる。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
情報が氾濫する時代の中で、どの情報が有用化または無用かを判断するのは意外と難しい。
また、莫大な情報を取捨選択する能力というのは、これからの時代に、というか今でさえも持たなくてはならない必須の能力の一つであろう。
そのような中で、ただ漠然と新聞を読んでいるだけでは、経済の本当の動きは読み取れない。
新聞に載るのは基本的に日経平均株価のような株の平均と、為替、国債金利くらいのもので、新聞では基本的にそういったメジャーな指標にしか触れられない。
本書では、本当に有益だろうと思われる50の経済指標とその背景、近年の動きなどを載せており、そのため普段お目にかかれない有用な情報源を教えてくれ、経済を予測するための数多くのヒントを与えてくれる。
数字はファクトといわれるが、数多くのファクトの源を教えてくれる本書は、経済が揺れ動く現代において多くの人が一度は読む本であると感じる。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
FXなんかやってると毎週1,2回くらいは「○○指標が本日○○時に発表される」みたいなニュースに触れ、それがどんな風にマーケットに反映されるのかよくわからないということがある。

急な為替相場の変動。
なんで? と思うと「○○指標が市場の期待と大きく外れており、失望を買った」みたいな解説に出会う?

そうなん?

些細に見える指標をどのように解釈することができるのか、その数値が変化するというのは、社会がどのように動いていることを反映しているのか、それを平易な語り口で一つ一つ解説してくれています。
50という項目数は多すぎず少なすぎずよい。 値段が1600円てのもほどほどでよい。

一気に通読するのもよし。 日々出会って疑問に思ったことがらをその都度調べるリファレンスとしてもよし。

日経やファイナンスのニュースを読むときにこれまで以上に興味を持って接することができそうな気がします。 ★5つです!!!!!
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック