この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ウォーバーグ―ユダヤ財閥の興亡〈上〉 単行本 – 1998/11


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 323
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

メディア掲載レビューほか

世界の金融界リードした一家綴る渾身の作
ウォーバーグ家は、独フランクフルトのロスチャイルド家ほど有名ではないが、ドイツ系ユダヤ財閥の雄として、19世紀から今世紀にかけて世界の金融界をリードしてきた。本書は、ハンブルクのM・M・ウォーバーグ、ニューヨークのクーン・ロウブ、ロンドンのS・G・ウォーバーグといういずれも一流のプライベートバンクを率いた一家に関する、日本語訳にして1000ページにおよぶ年代記である。

物語は北部ドイツの美しい港町、アルスター湖畔のハンブルクに始まり、ドイツの詩人ハインリッヒ・ハイネが「若者、ある処女を愛す」と題した詩を捧げたという女性ザーラ・ウォーバーグ、彼女の2人の息子、ジークムントとモーリッツや、弟モーリッツの5人の子供たちの物語がつづられていく。

とりわけ、モーリッツの5人の子供たちの経歴はそのまま、経済発展と戦乱に彩られた今世紀前半の欧米史と重なり合う。第1次大戦後のベルサイユ条約締結時に、ドイツ側を代表して国益のために尽力したマックス、ニューヨークにわたって一家と盟友関係にあったクーン・ロウブで活躍し、米国の中央銀行に相当する連邦準備理事会(FRB)の創設に深くかかわったポール、イスラエル建国に奔走したフィーリクス、変わったところでは、20世紀の美術研究に独創的な方法論(図像学)を創始し、パノフスキー、ケネス・クラークなどの美術史家や哲学者に大きな影響を与えたアビーがいる。

著者のロン・チャーナウ氏は、執筆の意図をこう語る。

ドイツ人社会に受け入れられていると確信していたドイツ系ユダヤ人が、ナチの登場と共にそれがかりそめの幻想だったことを思い知らされ、「かくも賢明にしてかくも勤勉な民族が、なぜ自分たちの存在を脅かす死の脅威にかくも盲目だったのか」という謎を、ウォーバーグ家4代にわたって明らかにすることである、と。

しかし、その点については十分に成功したと言い難いのではないか。ドイツ系ユダヤ人とナチの関係について、独自の分析がなされていないからだ。著者の意図を実現するには、歴史をどうみるかという哲学が必要だが、著者には年代記作者としてのすばらしい技術はあっても、歴史家としての哲学にはそれほどの深みを感じられないように思えた。

とはいえ、それを除外すれば、この本は理屈抜きにおもしろい。教養ある欧米人が仏ニースの海岸やアルスター湖畔で寝そべりながら、ぜいたくな時間を堪能する――そんな読み物に仕上がっていることは間違いない。

(経営評論家 矢内 裕幸)
(日経ビジネス1999/2/1号 Copyright©日経BP社.All rights reserved.)
-- 日経ビジネス

内容(「BOOK」データベースより)

20世紀最大級のユダヤ金融一族の内幕!ハンブルクに興った小さな金融業が、第一次大戦後の大恐慌やナチズムの弾圧を乗り越えて、国際金融界に君臨した壮大なるドラマ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 478ページ
  • 出版社: 日本経済新聞社 (1998/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532162874
  • ISBN-13: 978-4532162870
  • 発売日: 1998/11
  • 梱包サイズ: 19.6 x 14 x 3.4 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 859,021位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。手紙陶芸用品 陶芸道具