中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ☆中古品につきカバーに若干のスレ・劣化があります☆除菌作業を行い、迅速に発送致します☆付属品(CD・DVDなど)は別途記載ない場合は、付属しておりません。☆中古品につき、表紙が表示と異なる場合があります。発送には、郵便局のゆうメールを使用します☆万が一商品に不備があった場合は、メールにてご連絡ください。対応させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ウォルター少年と、夏の休日 (竹書房文庫) 文庫 – 2004/6

5つ星のうち 5.0 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

14歳のウォルターは、夏休みの間、二人の大伯父が住むテキサスの農場に預けられることになった。気の進まないウォルターに、母親のメイはすぐに迎えに来ると言い残し、姿を消してしまう。初めて会う大伯父、ハブとガース兄弟は、頑固で偏屈な変わり者だった。その晩、ウォルターは部屋の片隅で一枚の古い写真を見つける。写っていたのは黒髪の神秘的な美女。ガースに聞くと、なんとさる異国の姫君だという。兄弟がアフリカを転々としていた若き日、ハブはこの姫と運命的な恋に落ちたというのだ。ガースの口から紡ぎ出される昔話は、ウォルターの空想の中で、奇想天外な冒険譚となって生まれ変わる。そして、お互いの心の距離も、しだいに近づいていく…。繊細な少年と風変わりな老人たちのふれあいを描き、ヒットを記録した感動作。


登録情報

  • 文庫: 302ページ
  • 出版社: 竹書房 (2004/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4812417171
  • ISBN-13: 978-4812417171
  • 発売日: 2004/06
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 888,701位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
7
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(7)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
この本を読み終わった後、心の中に、まるで
『 晴れ渡った青空が広がった 』ようだった。
こんなにも“爽快な気分”を与えてくれた物語を、他に知らない。
この本は、オスメント君主演で映画化されたものだが、残念ながら
私は見ていない。でも、先に本で読んで正解だったと思う。
アメリカの映画誌で、「スクリーンで観たい良質な脚本」のNo.1に
選ばれた秀作だけあって、実に心地よい感動作であった。
母親に(厄介払いをされるように)置去りにされたウォルター少年。
預けられた先には、大叔父の老兄弟 ハブとガースが、
テレビも無い、電灯も無い、時が止まったような家で暮らしていた。
子供の面倒なんか見たこともない老兄弟 と 都会っ子 の
珍妙な一夏の生活は、少年を一人前の人間へと成長させていく。
ウォルターは、謎に満ちたこの大叔父さん達に、若かりしころの、
まるで、おとぎ話のように奇想天外な武勇伝を聞くが、
この伝説のような逸話が、この物語の骨になっている。
また、5匹の犬と豚(自分を犬だと思っている)、それと老ライオンの
存在が、なんとも微笑ましく、物語に深みを与えている。
『 子供を、ひとりの人間として認めた時、様々な教訓が返ってくる』
そんな事を教えられる、心打つ一冊だ。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
映画があまりに良かったので本も購入しました。
少年と二人の年老いた老人との交流が清々しく爽やかに描かれています。
最初はパワフルな老人に翻弄されるウォルター少年。
一緒に過ごすうちにお互いの存在がかけがえのないものになっていきます。
映画ではわからなかった細部の設定もわかり、
読み終わった後、とてもやわらかな気持ちになりました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
 表面的にはほのぼのとした少年の成長物語だが、本質は少年の大伯父のマッケーン兄弟の爽快な生き方の話だった。若年期、中年期を恐れるものもなく豪快に駆け抜けたが、さすがに老年期になってかつての体力も衰え、役立たずになること恐れる老兄弟。彼らは少年と動物園から払い下げられた老ライオンの出現で、老人になってもかつての気概さえ失わなければ自分たちの信念に沿った生き方ができるし、若者がおとなになる手助けをして役に立てることに気づいたのだと思う。老人だからと甘えもせず、長生きしようと悪あがきもしない潔さがまぶしかった。巨大な猫として動物園で生き、ウォルター少年のペットになった老ライオンのジャスミンは、ウォルターの危機に際して猫からライオンにもどる。このエピソードゆえに星をひとつ増やした。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kyororo 投稿日 2004/7/16
形式: 文庫
いいですね!!内容が非常にわかりやすいです。最初のほうのカラーのページに映画の写真があるので映画を見ていない人でも場面を想像しやすいと思います。まぁ僕が思うに映画を見た後に読むのが結構楽しめます。『あぁそういえばこの場面はこうだったなぁ』っといった感じに(笑)まぁ買って損はないのでは?
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック