通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ウェブ配色 コーディネートカタログ がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: *記載の無い場合付録・付属物等は付きませんのでご了承下さい*表紙に若干のスレがありますが中身の状態は概ね良好です。中古商品の為、多少の傷み・汚れ・ヤケ等はご容赦下さい。商品の発送はメール便・ゆうメール・宅急便の中から行い、注文確認後24時間以内に発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ウェブ配色 コーディネートカタログ 大型本 – 2011/2/23

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 2,678
¥ 2,678 ¥ 191

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ウェブ配色 コーディネートカタログ
  • +
  • ウェブデザインコーディネートカタログ
  • +
  • ウェブ配色 決める! チカラ - 問題を解決する色彩とコミュニケーション
総額: ¥7,840
ポイントの合計: 237pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ウェブデザイナーのためのまったく新しい見本帳です。200を優に超えるすぐれたウェブサイトを色相別、印象別、目的別に紹介します。各テーマや各サイトごとに、配色理論に基づいたくわしい解説も添えました。ぱらぱらっとめくって配色のアイディアを得たり、「こんな印象を与えるにはどうすればよいんだろう」とヒントを探ったり、さらにはじっくり読み込んでいちから配色理論を学んだり……。デザイナーを目指している人から、バリバリ活躍中の方まで、さまざまな使い方が可能です。

内容(「BOOK」データベースより)

200を超える優れたウェブサイトからアイディアを得て、セオリーを学ぶ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 大型本: 160ページ
  • 出版社: 技術評論社 (2011/2/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4774145602
  • ISBN-13: 978-4774145600
  • 発売日: 2011/2/23
  • 商品パッケージの寸法: 25.6 x 18.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 302,138位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本
「ライバルサイトは青や赤ばっかりなので、ミドリを選択して印象を変える」といった戦略があります。
ウェブサービスのデザインって青系が多いんですよね。逆に紫はあまりないそうです。

私がこうした色の選び方を知ったのは5年位前に著者のサイト「坂本邦夫の「基礎からわかるホームページの配色」」で勉強したわけですが、それまで全く考えてなかった色の選び方で衝撃を受けたのを覚えています。

カラーでボタンをデザインするのも重要ですね。
そういえばダウンロードボタンはグリーンが若干効果が高いという調査結果もありました。

テキストリンク色の変更で、70億円(!)を稼ぎだすことに成功したマイクロソフトという記事もありました。

本書はカラー別に効果やサンプルが紹介されています。勉強になります。

色について何も考えてないウェブ制作者には必見の本ですよ!
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
あなたは、サイトのお色に

見とれるってことは

なくはないよね?

じつは、

ウェブサイトの印象を

テーマカラーが仕切ってるってことに

気づかせてくれる

この本は、ファースト・クラスです♪

追伸

1:サイトのテーマを決める

2:テーマカラーを試してみる

3:場合によっては、お色を追加する選択も・・・

競合のサイトを見る余裕も

必要なことかもしれません
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
見た目だけでなく効果を求めるデザインを行う上で必要な知識を盛り込んだ、とてもいい本。著者がビジュアルデザインのためのカラーコーディトではグランドデザインまでを知り尽くした上で配色を語ってる。広告の世界では色は購買に結びつくので学ぶべき必須項目なのだが、Web業界の方々は、職種に応じて効果の出る色があるのはご存じだろうか?この本はそれが書いてある。ゲームじゃないけど一歩上にいくためにはアイテムを集めることは必要だ。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック