通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ウェブとはすなわち現実世界の未来図である (PHP... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

ウェブとはすなわち現実世界の未来図である (PHP新書) 新書 – 2014/3/15

5つ星のうち 3.9 21件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ウェブとはすなわち現実世界の未来図である (PHP新書)
  • +
  • シェア <共有>からビジネスを生みだす新戦略
  • +
  • フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略
総額: ¥4,817
ポイントの合計: 147pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

「『フリー』などの潮流を見通してきた著者による新・ウェブ進化論」……大前研一氏(ビジネス・ブレークスルー大学学長)
「激変するウェブとテクノロジーが向かう先は? 本書にその答えがある」……伊藤穰一氏(マサチューセッツ工科大学メディアラボ所長)


瞬く間に普及したスマートフォン、SFの世界からやってきたかのようなグーグルグラス、製造業の在り方を一変させる3Dプリンタまで、テクノロジーとそれをつなぎ合わせるインターネットなくしてもう、人間の生活を語ることはできない。かつて一部の人だけのものだったウェブはいまや現実世界を塗り替え、社会のルールすら変えようとしている。

しかも、その変化はあまりに急だ。産業革命以上ともいわれるインパクトのなか、私たちはいま何を経験しているのか。そもそも一世を風靡した「ウェブ2.0」からウェブはどう変貌し、どこに向かおうとしているか。インターネット黎明期からネットの進化と歩をともにした著者が本書で示すのは、ウェブ2.0以降の座標軸とこれからの羅針盤である。

著者いわく、いまや「社会がウェブをコピーする」時代になった。つまりウェブで起こっている潮流を理解すれば、現実世界の未来が見通せる。グーグルに代表されるアルゴリズムが世の中を支配するかと思いきや、いま私たちが過ごしているのはソーシャルメディアによって人間と人間とが接続された「人間中心主義」の世紀なのだ。

時間と空間を超えてつながる新しい人間関係のもとで、ハイパー資本主義以前にみられた贈与経済を彷彿させる「シェアリング・サービス」が勃興している。さらに「社会がウェブをコピーする」なかで、絶対に安泰と思われていた事業が思いもよらない競合に浸食され、組織づくり、イノベーションの作法、教育までもが根本から変化している。

はたして「昨日の常識が通じない時代」に私たちが身につけるべき「視座」とは何か。人間はウェブの力を味方にできるのか……。フェイスブックの歴史的意味からウェアラブルコンピュータによるパラダイムシフト、日本企業が行き詰ったほんとうの理由、そうした混沌の先にある未来までをも一つの線上で論じきった、渾身の一作。


内容例:インターネット黎明期に創刊した『ワイアード』日本版/情報の影響力は「露出量」から「強弱」へ/ソーシャルグラフを外部に公開したフェイスブック/グーグルが無料で利便性を提供する理由/「エアビーアンドビー」はライフスタイルのシェア/会社という形態は「20世紀の遺物」なのか/日本企業にはびこる「上司説得型マーケティング」/企業が「メディア化」するのは当然の流れ/サイエンティストとロマンティストでタッグを組もう/SFの世界を想起させるグーグルグラス/3Dプリンタを活用するアメリカ、立ち遅れる日本/「ムーク」が問う新たな教育の在り方とは/グーグルの善は私たちの悪か?/リアル社会にこそ「ウェブ的思考」を持ち込もう ほか

内容(「BOOK」データベースより)

とてつもない速度で世の中を変えていくテクノロジーとインターネット。いまや私たちの社会はウェブ抜きでは成立しえず、それどころか今後は「現実世界のほうがウェブで培われた思考様式、心理状態をコピーしていく」と著者はいう。ウェブ2.0以降の世界でソーシャルメディアがもたらした「人間中心主義」、そのなかで胎動し、新しいビジネスを次々と生み出す「シェア」とは何か。グーグルグラスや3Dプリンタは人間の生き方をどう変化させ、昨日の常識が通じない時代に企業や個人はいかなる視座をもつべきか。インターネット黎明期からその進化と歩をともにした著者が、未来への希望を描き出す一書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 216ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2014/3/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569816711
  • ISBN-13: 978-4569816715
  • 発売日: 2014/3/15
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 58,408位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
インターネットの普及から約20年、Googleの誕生から10年以上。ウェブはもはや完全に世界を覆い尽くし、私たちのありとあらゆる活動に欠かすことのできない「インフラ」となった。しかもまだ一向に留まることのない進化を続けている。

本書は、ウェブがこの20年で私たちの社会にもたらした変化を大きく俯瞰し、またこれから遠くない未来に起きてくるであろう変化を「社会はウェブをコピーする」というキーワードのもとに予見した本だ。

従来のコンテンツ産業と同様に、プロの手で作られたコンテンツを皆で消費していた時代から、消費者と制作者がシームレスに入り交じり始めた「ウェブ2.0」の時代へ。そして情報の選別に人間力を活用するFaceBookを初めとしたSNSが巨人Googleの対抗軸として立ち上がり、群雄割拠の様相を呈し始めた現在に至るまでを、その底に流れる大きな流れを踏まえながら的確に解説している。

さすがに小林弘人氏と言うべきか、個々の技術や事象の紹介や説明に留まらず、それがどういった文脈に紐付いているのか、将来どういったことに結び付きそうなのかについても言及しており、なかなかに参考になる。

この本に掲載されている情報の多くは、「シェア 〜 <共有>からビジネスを生みだす新戦略〜」や、「パブリック 
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
”実際に人に会い、そこでみつけた課題を、ネット的な思考法を活用して解決していく。そうしたフィールドワークを通し、リアルなコミュニケーションで知性を獲得するには、自らがそういった場所へ出向き、発信しなければならない。”

”ここで強調したいのは、ブログを書くだけではなく、リアル社会へもそれを同時に発信していかなくてはダメだということだ。特定のイベントに足しげく通うのもいいし、自分で勉強会を主宰してもいい。とにかく痕跡を残すことを積み重ねていき、そしてその過程をすべてオープンにする。ある日、突然ファインダブルにはなれない。”

ウェブの世界は限りく拡張している。それは紛れも無く存在している。
そして、その境界は曖昧になる。
体と心の2元論に似ている。
私を構成しているのは体だけではない。心だけでもない。お互いが関連しあっている。
私達の社会は今、心を持ち始めている。そしてそれは世界により生かされ、世界を支えている。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
日進月歩のウェブの社会。
とにかく、日々新しい造語が生まれ、新しい考え方、テクノロジーが誕生している。

この本は、そんな複雑怪奇に日々成長し続けるウェブのいま、
そしてちょっと未来を、説明してくれる。

やさしい説明ではないが、一般的なウェブの知識さえあれば、
十分に内容の消化ができる。

帯には、大前研一氏の推薦文もある。
大前氏がウェブでいちばん信頼をおいている人なのだろう。

ウェブのいま、そしてちょっと先を知りたいなら、まずこの本(2014年中は)。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
ヴァーチャルの世界で行われているやり口を、リアルの世界でやってみよ、とチャレンジしてくる書。

より効率的で効果的な世界があるなら、なぜそれを活用しない? 今のやり方に固執する?

トライすべきだなと(成否は別にして)、納得しました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
モヤモヤと、
ふだん私たちが感じていることが言葉で表現されています。
捉えどころのない世の中の変化、
特にインターネットによる変化が前向きに解説されているので、
読んでいてとても勇気が湧いてきます。

変化といっても、
キーワードはオープンとシェアであり、ウェブ文化の根底にあたるものですが、
これらはソーシャルメディアによって拡張された古くて新しい作法だそうです。

予め、古くて新しい概念だと分かっていれば、
私たちの議論が「それって当たり前なんじゃない?」という結論になったとしても、
堂々巡りせずに素直に納得することができると思います。

ソーシャルメディアは、
情報のあり方を「露出量」から「強弱」へ変化させたそうです。
感心したのは、
「自分にとって大切なニュースなら、ニュースが私を発見してくれる」
という視座です。
インターネットやソーシャルメディアはハイテク技術ですが、
「ハイテクを使ってアナログな人間力をゴールさせるという方向性が見えてきた」
とあるように、インターネットによって個人や組織の人間力が見直されているということです。

企業はこれまで
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック