中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ウェブが創る新しい郷土 ~地域情報化のすすめ (講談社現代新書) 新書 – 2007/1/19

5つ星のうち 3.4 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 83,055 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

自分たちの愛する郷土はこうやって作ろう!地域分権、子どもの安全、団塊世代の退職などにより、地域の重要性が高まっているいま、各地で情報技術を駆使した積極的な地域作りが始まっている!

内容(「BOOK」データベースより)

ネットとメディアで地域の力を取り戻せ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 224ページ
  • 出版社: 講談社 (2007/1/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061498738
  • ISBN-13: 978-4061498730
  • 発売日: 2007/1/19
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 990,931位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
「ウェブ」をタイトルで謳いながら 「ウェブ」が主人公ではない。

 著者の関心は 地域の「村おこし」のような点にある。「村おこし」を企画する中でWEBを起用するケースが散見されることで タイトルにやや強引に「ウェブ」を飾ったという事なのかと思う。WEB2.0が声高に語られている現在の販売戦略として頷けるものはある。

 但し内容的には IT関係ではなく 寧ろ これも現在語られている「格差社会」に近い地点に立っているのかもしれない。著者は いくつかの地域が その地域発の「発信」を 先進事例として 取り上げている。「格差」とは 直接言及されていない。しかし 「弱者が 知恵を絞って 世界に向けて発信する」という著者の基本的ベクトルは 今の「格差社会」への一つの処方箋を提出していると理解した。

 取り上げられた先進事例は、しかしながら、力強さには若干欠けていると感じた。そもそも「地域発の発信」という事は 僕らにとっては未だ「新しい」のかもしれない。また 日本では 文化の中央集権性向が強いのかとも 再度考えた。

 
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
本書が論じようとしているのは、実体の希薄化が危ぶまれる「郷土」が、インター
ネットメディアを中心とする「地域情報化」によっていかに復興できるかという問い
だ。「地域プラットフォーム」と「地域メディア」の二つの試みに大別される実例を
追うことで、その可能性を探る。

近年盛んに論ぜられる地方分権だが、著者は本書で紹介する営みをそれとは一
線をかしている。というのも「地方分権」はあくまで中央政府という「官」から、地方
自治体という「官」への権限委譲にすぎないからだ。「計画」と「設計」の対比で論
じているが、本書があつかうのは「官」からトップダウン式に降りてくる地域復興の
計画的手順ではなく、地域住民という「民」が草の根的に参画することで構築され
ているボトムアップ的な営みであって、どう転がっていくかわらないわくわく感がそ
こにはある。

冒頭にて、戦後の中央集権的な産業構造の発展と地域情報化を抽象的にとりあ
げた後、実例の紹介に移る。定年を迎えた人材をアクティブシニアとして登用する
「シニアSOHO」に成功した三鷹市や、市民が自らの知識を講座にして提供し合う
「学びのフリーマーケット」が活況にある富山インターネット市民塾などの「
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
地域活性化のために (Web にかぎらない) インターネットなどを利用した例を 6 件ほど紹介している.実践例を紹介するだけでなく,それにさきだって大店法や「まちづくり三法」の失敗など,政治や社会を分析し,それをのりこえて地域情報化をはかるための理論をしめしている.さきに理論だけが紹介されているため理論だおれなのではないかとおもったが,例の紹介のなかできちんとそれがフォローされている.

とはいえ,こうしたとりくみはまだはじまったばかりであり,この理論がただしいにせよ,まちがっているにせよ,この本がさらにいろいろなこころみがおこなわれていくきっかけになればよいのだろう.
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
著者、著者の紹介する事例は、20年間、同じ幻想を売り物にしていないだろうか。
本当に、地域に根ざして、世界に発信しているWEBは、著者のグループからは出てこないだろう。
著者らは、地域に根ざして、世界に発信しているWEBを解説しているだけなのだろう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 もり VINE メンバー 投稿日 2007/2/25
形式: 新書
郷土というのは、実は実在するものではなくて、

人と人とが地理的に近いという理由などから結びついて出来上がった、

共同幻想の一種であるということ。

だから、人と人との結びつきがなくなってしまったら、郷土もなくなってしまう。

もしくは、地図に記載された境界線で区切られた範囲内と、同義になってしまう。

それで、

最近は田舎でも人と人との関係は希薄になっていっているから、

郷土というものもそれだけ薄れてしまっている。

それではいけないということで、

ネットを使って人と人とを結びつけ、郷土という共同幻想を再構築しようと。

そういうことが書かれた本だと思う。

その例の一つが、私の故郷においては、

<a href="[...]" target="_blank">HAMAZO</a>

だと思う。

今後これらの試みがどのように発展してゆくのか?

気になるところではある。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告