通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ウェディングストーリー 大切な人に会いたくなる結婚... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ウェディングストーリー 大切な人に会いたくなる結婚式の物語 単行本(ソフトカバー) – 2012/1/14

5つ星のうち 4.0 21件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,252 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ウェディングストーリー 大切な人に会いたくなる結婚式の物語
  • +
  • 結婚式で本当にあった心温まる物語 (心温まる物語シリーズ)
総額: ¥2,661
ポイントの合計: 36pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

日本で一番有名なカリスマ・ウエディングプランナーが語る思わず泣いてしてしまう感動的なウェディングストーリー。

本書は、新婦とその父との親子の強い絆を綴った『優しい記憶』を含め、著者の有賀明美さんが12年間のウェディングプランナー人生の中で自身が手掛けた印象に残っている結婚式の実話と、T&Gに在籍する全国のウェディングプランナーが創り上げた結婚式の実話、計12エピソードを収載した書籍です。


【優しい記憶】
   「父から娘に伝えたい溢れる想い」。その想いを託した手紙を結婚式で父が読んだとき、小さな奇跡が起こった。

【奇跡の青空】
「1か月後に結婚式を挙げたいんです」末期ガンのお父様に花嫁姿を見せたいと、新婦は話しをしていた。
ところが、その翌日に突然のキャンセルのお電話が。

【言えなかった言葉】
長い長い兄弟げんかだった。仲のいい兄弟がふとしたことで、もう2年も、口をきかなくなっていた。
そんな中迎えた、弟の結婚式。言えずにいた想いを弟は結婚式で兄に伝えた。

【30年目の結婚式】
ありがとうでは伝えきれない想いがあった。その日、結婚式を迎えた息子。育ててくれた両親に感謝の気持ちを伝えたい。ありがとうの代わりに息子は、おめでとうを言うことにした。
式を挙げていない父と母のために内緒で準備した30年目の結婚式

ほか、涙なしでは読めない12の物語

内容(「BOOK」データベースより)

日本で一番有名なウェディングプランナーが書いた結婚式でおきた奇跡のような12の物語。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 136ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2012/1/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478014221
  • ISBN-13: 978-4478014226
  • 発売日: 2012/1/14
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13.2 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 324,516位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 緋川静紅 VINE メンバー 投稿日 2012/3/22
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
結婚式で起きた感動的な実話を集めた、12編の物語。

本の帯に、堂々と「涙止まらない。」の文字。
……先に言っておくと、私はとても涙もろい人間です。
だからこういう、感動必至!みたいな内容の本は逆に敬遠しがちなのですが、なんとなく表紙の絵に惹かれて入手。

読んでみると、ああやっぱり、1話目から涙腺崩壊(笑)。
「優しい記憶」と「奇跡の青空」、この2つは悔しいけど涙止まりません。

さすがに全部の話が泣けるかというと、それほどでもないのですが……読み終わった後、なるほどタイトル通り、「大切な人に会いたくなる」、声を聞きたくなる、そんな温かい内容ですね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
 こうした心温まる話しは嬉しい。 結婚式で、ブライダルプランナーという仕事を通して、こんなことがあったという内容になっている。 
 エッセイとは違う。 ブライダルプランナーがたずさわった新郎新婦、その親、兄弟などの ちょっと、いい話しのエピソード集となっている。 筆致(書き方)が、多少たどたどしいけれどもその点も却って、好感が持てた。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
執筆のきっかけになったブログに書かれたエピソードは、
やはり書籍で読んでもいい話でしたが、
それ以外のは、まぁまぁの話という感じでした。

ました。ました。ました。
とおなじ語尾がつづく箇所が多く、
推敲のないまま本になったという印象が
ちょっとありました。

とはいえ、幸せを描いているので、
よい本です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
この本を買ったきっかけは、ちょっと不純。メルマガで新刊案内の来た日が、ちょうど仕事で原稿を考えている最中で、何かヒントになればいいなと思ったから。著者はたぶん日本で一番有名なT&G(テイクアンドギヴ・ニーズ)のウェディングプランナー・有賀明美さん。有賀さんとT&Gのプランナーたちが手がけた結婚式の、まるで“奇跡”のような、実話が12の物語として綴られた、ウェディングプランナーのバイブルとも言える一冊。帯の“涙止まらない。”のコピーは決してウソではありません。中でも、私が特に心揺さぶられたのは、娘が子どもの頃、いじめにあっていたときのことを結婚式で話した父と娘の「優しい記憶」と、末期がんの父親になんとか花嫁姿を見せたいと病室で結婚式をしようとする「奇跡の青空」の2つ。ちょっと涙もろい人なら絶対涙することまちがいなし! 過剰気味な演出や“サプライズ”にあふれた最近の結婚式に眉をひそめていた人も、きっと結婚式の大切さを再認識することでしょう。ただ、少しだけ不安なのは、魔法の時間はやがて醒めるときが訪れることと、これ以上ないほどの幸せの絶頂は、ふたりにとってゴールではなく、スタートであるのだということ。この本の物語はとてもすばらしいのだけど、私はやっぱり結婚式までよりも、結婚してからのふたりがいくつ幸せな物語を紡ぐかというほうが大切だと思う。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
 心温まる12のエピソードに“人生”を感じた。
 結婚式というものをきっかけに、疎遠になっていた家族や親戚が親密さを増したり、今まで表面化されなかった親の愛、子の愛、夫婦の愛に気づいたりと、どれも実話であるだけに説得力がある。
 それに加えて、不慮の災難などで式を中止せざるを得ない状況の時、今この場で力添えできることは何かを常に考える、ウェデングプランナーの機転と配慮、仕事を越えた“人間としての優しさ”には、胸を打つものがある。
 特に、第2話「奇跡の青空」は非常に印象的だった。
“事実は小説よりも奇なり”という表現はここでは不適切かもしれないが、先の読めない成り行き、二転三転する展開、深い悲しみを乗り越えて初めて見えてくる幸せの青空、素晴らしいドラマを観るような結末には、真実胸が熱くなった。
 ただ、一つ一つの話がごく短く、世間話のようにさらりと語られているだけなので、うっかりするとつい他人事として読み過ごしてしまいそうになる。これはやはり、今現在真剣に結婚を考えている人こそが読むべき書であると思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
ウェディングプランナーならではのお話がギュッと詰まっています。

知人にウェディングプランナーがいて、悲喜こもごもな話を持っています。
持っていますが、この「ウェディングストーリー〜」ほどのモノは難しい、
と言っていました。

著者は、日本で一番のプランナー。
そんなウェディングプランナーならではこそ感じ入れるお話が12本。
「結婚式」をテーマにしたお話綴りと考えても、心優しくなるモノばかりです。

そして、そんな新しい門出にふさわしい結婚式を提供する、というお仕事が
とても魅力に感じました。

機会があれば、続編を出してもらいたく思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー