ウェイストランド [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ウェイストランド [DVD]

5つ星のうち 2.0 1 件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 4,104 通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 監督: 釣崎清隆
  • 形式: Color, Dolby
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アップリンク
  • 発売日 2012/10/05
  • 時間: 80 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.0 1 件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B008OZTTR8
  • JAN: 4932487026210
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 231,846位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

『死化粧師オロスコ』『ジャンクフィルム』で世界を華麗なる衝撃の淵にたたき落とした
死体写真家、釣崎清隆が送るショックメンタリー三部作の最終篇がついに完成

『死化粧師オロスコ』(1999年)、『ジャンクフィルム 釣崎清隆残酷短編集』(2007年)で世界を華麗なる衝撃の淵にたたき落とした死体写真家、釣崎清隆が送るショックメンタリー三部作の最終篇は、ついに実現した当代アンダーグラウンドを代表する二大カリスマアーチストの本格タッグ。
ドゥームを核にメタル、ハードコアシーンを舞台に新機軸に挑戦し続ける世界的ロックバンドCorruptedの2005年に発表した一曲71分39秒の傑作アルバム『El Mundo Frio』に一目惚れした釣崎が、この十年に世界の危険地帯で取材したショック映像のフッテージを、本曲に乗せて縦横無尽にコラージュで紡ぐ、壮麗なる重爆音により世界の悲劇と絶望をうたう壮大な映像詩巨篇!(あるいは、和製『コヤニスカッティ』)

監督・撮影・編集:釣崎清隆 音楽:コラプテッド“El Mundo Frio”(H:G fact)
制作・発売:オロスコ製作委員会 販売:アップリンク ジャケットデザイン:HEVI

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『死化粧師オロスコ』を手掛けた死体写真家・釣崎清隆が贈るショックメンタリー3部作の最終編。ロックバンド・Corruptedの「El Mundo Frio」に乗せて、監督が世界の危険地帯で取材したショック映像をコラージュで紡ぐ。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.0
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
1
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 Border Collie トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/11/15
釣崎さんの死体に目が眩んで―世界残酷紀行を読み、独特の乾いた文章に惹かれファンになりました。
死体を撮影するなんて不謹慎だ、死者への冒涜だと言いつつ、いざ殺人事件が起こると野次馬にたかる人々……。
それだけ死体というものが、人を惹き付けてやまないインパクトを持っているからなのでしょう。
そんな死体に対して、堂々と向き合う釣崎さんの “俺は死体カメラマンだ!” という潔さがどこか気持ち良く、また、
釣崎さんが放つ独特のオーラも相まってか、気がつくと目が離せない存在になっておりました。

僕はてっきり、このDVDは
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告