通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ウイルスは悪者か―お侍先生のウイルス学講義 がカートに入りました
+ ¥297 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★経年相応の使用感がございますが、中身に汚れや書き込みはございませんので読む分には全く問題のない状態です。★記載のないものに関しましては、原則として帯は付属しておりません。★簡易クリーニングの後に、中身の透けない防水封筒に厳重に梱包して発送致します。★Amazon専用在庫ですので品切れの心配もございません。★通常ご注文から48時間以内に発送致します。★商品説明に誤りがございました際には速やかに返品・返金対応致しますので、ご遠慮なくお申し付け下さい。ご注文お待ち致しております(^^
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ウイルスは悪者か―お侍先生のウイルス学講義 単行本(ソフトカバー) – 2018/10/25

5つ星のうち3.6 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2018/10/25
¥2,035
¥2,035 ¥998
この商品の特別キャンペーン まとめ買いで日用品等が30%OFF。 1 件
  • まとめ買いで日用品等が30%OFF。
    Amazon.co.jpが販売、発送する【A】対象の日用品等と【B】ドラッグストア・ビューティー・お酒・ベビー&マタニティ・ペット・ホーム・家電・オフィス用品・スポーツ&アウトドア・本などをまとめて購入すると、注文確定時に【A】が30%OFF。10/10(木)から10/30(水)まで。詳しくは キャンペーンページをご確認下さい。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


本まとめ買いクーポン
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売、発送する【A】対象の日用品等と【B】ドラッグストア・ビューティー・お酒・ベビー&マタニティ・ペット・ホーム・家電・オフィス用品・スポーツ&アウトドア・本などをまとめて購入すると、注文確定時に【A】が30%OFF。10/10(木)から10/30(水)まで。詳しくは キャンペーンページをご確認下さい。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • ウイルスは悪者か―お侍先生のウイルス学講義
  • +
  • ウイルスの意味論――生命の定義を超えた存在
総額: ¥5,115
ポイントの合計: 51pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

ウイルスは悪者なのか<? br> そう決めつけるにはまだ早い
エボラ出血熱、デング熱、新型インフルエンザなどをもたらし、
時に人類にとって大きな脅威となるウイルス――
しかしそれは、この「生物ならざるもの」が持つ一面に過ぎない

ザンビアの洞窟でコウモリを捕まえ、モンゴルの大草原でひたすら糞を拾う
ラボと世界各地のフィールドを行き来し研究を続ける"お侍先生"が、その本質に迫る

私の研究対象が人獣共通感染症病原体だったからか、頻繁にフィールドでの調査に赴く機会に恵まれた。次第に、自然界におけるウイルスのあり方について、思いをよく巡らせるようになった。そしていまでは、ウイルスへの見方がずいぶんと変わってきた。(本文より)

===================
もくじ

プロローグ エボラウイルスを探す旅

第1部 ウイルスとは何者なのか
1章 ウイルスという「曖昧な存在」
2章 進化する無生物
3章 ウイルスは生物の敵か味方か

第2部 人類はいかにしてエボラウイルスの脅威と向き合うか
4章 史上最悪のアウトブレイクのさなかに
5章 研究の突破口
6章 最強ウイルスと向き合うために
7章 長く険しい創薬への道程
8章 エボラウイルスの生態に迫る

第3部 厄介なる流行りもの、インフルエンザウイルス
9章 1997年、香港での衝撃
10章 インフルエンザウイルスの正体に迫る
11章 インフルエンザウイルスは、なぜなくならないのか
12章 パンデミックだけではない、インフルエンザの脅威

エピローグ ウイルスに馳せる思い――ウイルスはなぜ存在するのか

===================
装丁:吉岡秀典(セプテンバーカウボーイ)

【書評・メディア情報】
現代ビジネス(1月15日)/紹介(萱原正嗣氏)
しんぶん赤旗(3月10日)/書評(松橋隆氏・サイエンスライター)

内容(「BOOK」データベースより)

エボラ出血熱、デング熱、新型インフルエンザなどをもたらし、時に人類にとって大きな脅威となるウイルス。しかしそれは、この「生物ならざるもの」が持つ一面に過ぎない。ラボと世界各地のフィールドを行き来し、研究を続ける“お侍先生”がウイルスの本質に迫る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 360ページ
  • 出版社: 亜紀書房 (2018/10/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4750515590
  • ISBN-13: 978-4750515595
  • 発売日: 2018/10/25
  • 梱包サイズ: 19 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 384,199位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.6
評価の数 3
星5つ
33%
星4つ
34%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ
34%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

3件のカスタマーレビュー

2019年1月26日
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年11月29日
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年5月9日