¥ 1,674
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ウィンター・ホリデー がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ウィンター・ホリデー 単行本 – 2012/1

5つ星のうち 4.4 17件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,674
¥ 1,674 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 724 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ウィンター・ホリデー
  • +
  • ホリデー・イン
  • +
  • ワーキング・ホリデー (文春文庫)
総額: ¥3,694
ポイントの合計: 114pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

元ヤン&ホスト→宅配便ドライバーの父+しっかり者の小学生の息子
一人から二人、そして仲間と……大人気「ホリデー」シリーズ第二弾!

元ヤンキーで元ホストの大和と突然現れたしっかり者の息子・進のひと夏の絆を描いた『ワーキング・ホリデー』、その待望の続編!
冬休みに進がやって来るのを心待ちにしつつ、自分の知らぬ間に女手一つで頑張っていた元恋人で進の母親・由希子のことが気にかかって仕方ない大和。しかし、クリスマス、お正月、バレンタインとイベント盛り沢山のこの季節は、トラブルも続出で……。

そんな季節を舞台に、大好きな人と一緒に過ごせる幸せに改めて気づかせてくれる、6編の物語が収められています。 --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

届けたい。間に合わないものなんてないから。一人から二人、そして…。父子の絆の先にある、家族の物語。父親は元ヤン・元ホスト・現宅配便ドライバー、息子はしっかり者だけど所帯じみてるのが玉にきずの小学生。冬休み、期間限定父子ふたたび。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 397ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2012/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163811400
  • ISBN-13: 978-4163811406
  • 発売日: 2012/01
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.8 x 3.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 367,000位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
何年も前に前作ワーキングホリデーを読みました。 読むのがもったいないと少しずつ少しずつ読みました。 それは、飛ばし読みをする私にとって稀なことなので、いつまでも記憶に残っていました。 それを踏まえての感想なので、実際この本だけの感想ではありません。 基本的にこのお話に悪い人はほぼでてきません。 みんないい人です。 リアリティがあるかと聞かれれば、ないかもしれません。 おとぎ話のように感じるかもしれません。 文章も元ヤンキーの主人公目線の一人称で語られているので、軽いと思います。 だけど、それが苦じゃない人はぜひ読んでみてほしい。 ほっこり幸せな気分になれるから。 大好きな一冊です。 続編がでるのを期待しています。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
前作のワーキング・ホリデーはミステリー色が濃くないとの理由で★3つにしましたが、続きが読みたくて文庫化が待てずかなり迷ったのですが(文庫化待とうかなあと本を手にして本屋の棚で逡巡すること15分)結局購入して読みました

結論から言うとやはり面白かったです。
夢中になるとさっくり読めてしまうので他の方もおっしゃる通りわざとゆっくり読むのに苦労しました
(高くてもったいなかったので・・)

今回は本のタイトルの通り冬休みをはさんで11月から3月ぐらいまでの話
イベント盛りだくさんのこの季節にまたまたおなじみのメンバーとトラブルに巻き込まれながら四苦八苦する大和と相変わらずのしっかり者の進の掛け合いはとても楽しいし、またこの物語にたびたび描かれる気持ちのすれ違いなどもう〜んとうなずけるものでした

ハチさん便にどこか憎めないイマドキの若者新人アルバイト大東くんや進の学校の友人のワルガキコウタも登場。進の意外な行動にハラハラさせられたり、進の母由紀子も登場し大和と3人の関係の物語が進行、最後には坂木さんらしいシメで終了しますが最後まであきさせなかったので★5つ

親子の情にほのぼのとし出来すぎの結末かもしれませんがこんな話もいいのではないかと思いました
猛暑の夏と寒い冬宅
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 suihou トップ100レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/2/4
形式: 単行本 Amazonで購入
『ワーキングホリデー』の続編です。
 今度は冬休みから春休みにかけての、新米お父さんヤマトと、繊細でしっかり者の少年、進の心の接近と微妙な揺れが描かれます。ヤマトお父さんは恋人に対するように、息子に夢中、という感じですが、その中にやっぱりハードボイルドな隠し味もあって、元ヤン、元ホストの面目躍如。

 今回は脇役にもスポットライトが当たります。引き続いて出演の王道ホスト雪夜、ホストクラブの客のナナ、ご町内の根岸夫妻などが、宅配おせちやバレンタインをめぐる事件に気配りを見せるほか、フィギュアオタクのコブちゃん、そして新アルバイトの「チャラい現代青年」大東くん、進の友達でおくてなのかませているのかわからないコウタくんなど、それぞれの人物がいい味を出しています。

 ほのぼのだけでなく、進も大東くんも、ちゃっかりしていたり計算もあったりし、ジャスミン・ママの「感情のブーム」など人生の機微に触れた洞察もあちこちに。

 最後は予想のつくゴールへ向かってまとめられていくので、「男塾」塾長ヤマトさん、それでいいのか? とちょっと突っ込みたくもなりますが、進のひたむきさや「族」の後輩たちの団結心、意外に空気が読める大東くんなど、等身大の人物のイキイキ感に説得されてしまいました。本当に気持ちがよかった。
 もうこれで一段落かなと思いますが、ヤマトお父さん、進少年に加えて、続編があればお母さんのがわからのドラマも見てみたい気もします。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ワーキングホリデーの続編ということで、何かすごい展開があるかと思えば、そうでもないです。相変わらずの主人公の日常が続くだけで、そこはちょっと期待はずれでした。ただ、宅配便の冬の苦労や、主人公が新人教育に悪戦苦闘する姿など、宅配便の仕事の面としては、前回よりいろいろなことを知ることができ、あと現場の苦労も描かれていて、そこは、前回よりよかったと思います。これで、親子関係にももう少し展開があれば星5なのですが、夏から冬に舞台が移っただけのような気がするのは、3巻があるのかなということでいいんですけど、あと、ラストのシーンが前回とほとんど同じなのも気になったので星3つで。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
坂木 司さんの作品は概ね好きで、ワーキング・ホリデーもとても面白かったので、
とても期待して購入。ところが、第二話(エリア2歳末特別配送)から本格的に
登場する新しいキャラクターにゲンナリ。途中で読むのをやめました。
大和と進の今後や、他の登場人物がどうなっていくのか、とても気になるところ
なのですが、続編がでても購入しないと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック