ウィンターズ・ボーン スペシャル・プライス [Bl... がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ウィンターズ・ボーン スペシャル・プライス [Blu-ray]

5つ星のうち 4.1 34件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,944
価格: ¥ 1,606 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 338 (17%)
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:9¥ 1,605より 中古品の出品:3¥ 1,199より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ウィンターズ・ボーン スペシャル・プライス [Blu-ray]
  • +
  • アメリカン・ハッスル スペシャル・プライス [Blu-ray]
  • +
  • 世界にひとつのプレイブック Blu-rayコレクターズ・エディション
総額: ¥6,923
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジェニファー・ローレンス, ジョン・ホークス, デイル・ディッキー, ギャレット・ディラハント, ローレン・スウィートサー
  • 監督: デブラ・グラニック
  • 形式: Color, Dolby, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: Happinet(SB)(D)
  • 発売日 2014/04/02
  • 時間: 100 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 34件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00HF506IO
  • JAN: 4907953040106
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 61,638位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

全世界絶賛!各国映画賞46部門受賞!139部門ノミネート!
『世界にひとつのプレイブック』『ハンガー・ゲーム』で世界的ブレイクを果たしたジェニファー・ローレンス映画初主演作!

▼アカデミー賞主要4部門ノミネート[作品賞] [主演女優賞] [脚色賞] [助演男優賞]
サンダンス映画祭グランプリ&脚本賞2冠を含む、主要映画賞【46部門 受賞】【139部門 ノミネート】!
▼主演:ジェニファー・ローレンス!
▼監督・脚本:デブラ・グラニック
▼脇を支える実力派俳優

【ストーリー】
ミズーリ州南部オザーク山脈の村に住む少女リーは17歳にして一家の大黒柱として、
心の病んだ母親の代わりに幼い弟と妹の世話をし、その日暮らしの生活を何とか切り盛りしていた。
ある日、地元の保安官から衝撃的な事実を突きつけられる。とうの昔に家を出て逮捕されていた父親が、自宅と土地を保釈金の担保にして失踪。
もしこのまま裁判に出廷しなかったら、リーたちの家は没収されるのだという。やむなくリーは、たった一人で父親探しに乗り出すが、
ならず者だらけの親族は全く協力してくれず、露骨な妨害工作さえ仕掛けてくる。
“非情な掟"に縛られた村で真実を探り当てることは不可能に近い。果たしてリーは父親を見つけ出し、家族を守ることができるのだろうかー。

【キャスト】
ジェニファー・ローレンス(リー)、ジョン・ホークス(ティアドロップ)、デイル・ディッキー(メラブ)、
ギャレット・ディラハント(バスキン保安官)、ローレン・スウィートサー(ゲイル)、シェリル・リー(エイプリル)

【スタッフ】
監督:デブラ・グラニック、脚本:デブラ・グラニック/アン・ロッセリーニ、原作:ダニエル・ウッドレル「Winter's Bone」

【映像特典】(合計約64分)
○メイキング
○初期バージョンのオープニングシーン
○未公開シーン集
○「Hardscrabble Elegy」 by ディコン・ハインクリフェ(音楽)
○予告編集(US版オリジナル+日本版)
○キャスト・スタッフ プロフィール(静止画)
○ビジュアル・パンフレット(静止画)イントロ/ストーリー/監督インタビュー

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

過酷な現実に立ち向いながら強く生きる少女の姿を描いた人間ドラマ。ミズーリ州に住む17歳の少女・リーは、心を病んだ母に代わり一家の生活を支えていた。そんな折、ドラッグの売人である父親が借金を残して失踪し、彼女は父親捜しの旅に出る。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 bunocio VINE メンバー 投稿日 2012/4/25
形式: DVD
19世紀のアイルランドで、主食のジャガイモ疫病によって、
人口の20%近くの餓死、病死者を出したとされるジャガイモ飢饉。
その影響で、200万人以上のアイルランド人が国外に脱出して、
その一部がアメリカに移民することになりました。
しかし、WASPと呼ばれるアングロ・サクソン系の人種によって
支配されていたアメリカで、宗教や風習の違いから差別された彼らは、
農耕や牧畜に適さないアバラチアの山奥に追われるように移り住み、
本作のオザーク高原に住む人々の様にコミューンを形成して、
外界から孤立した生活を送るようになり、ヒルビリー(丘に住む田舎者の
アイルランド人)やクラッカーズ(貧しい白人)の蔑称で呼ばれるようになります。
彼らが持ち込んだ音楽はヒルビリー・ミュージックと呼ばれ、
カントリー・ミュージックのルーツとされていて、本作でも、画面全体に漂う
寒々とした荒涼感に満ちた風景にマッチしたマリデス・シスコ(カメオ出演)の
物悲しいが優しさに包んでくれる歌や、曲を奏でるバンジョーが小道具として、
効果的に使われています。

あらすじは、ドラッグの売買で収監された父親の代わりに、精神を病んだ母親と
幼い弟妹の面倒を見てい
...続きを読む ›
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
見ていて、ちょっと前に見た『フローズンリバー』を思い出していた。

描かれるのは厳しい現代のアメリカ。
そして題材はアメリカ映画の紋章ともいえる「家族」の問題で、いわばその崩壊と再生とが扱われる。

ひとつの成長物語でもあるわけだが、その種の物語にありがちな甘さやご都合主義は感じられない。
一頃、アメリカ映画といえば、必ずしも根拠のない楽天主義がやたら表に出て、
悲惨な現実を扱う内容の場合ですら、だいたいは何らかの希望や救いが必ず用意されていて、
それに感動することも少なくない一方で、ときに鼻白むこともあったように思う。

この映画はしかし、現実の厳しさを正面から描いているし、
17歳というヒロインもけっこうギリギリのところでそれと向き合っていると感じられた。
そうした描き方が、細かく丁寧で、同時に引き締まった揺るぎのない映像を作り出している。

最終的には、ギリギリの切ないところに賭ける想いへの共感があり、
それがまたややこしい人々をもついには動かしていくわけで、
そうしたところにはアメリカ伝統の価値観なり美学なりはしっかり生きていると思うのだが、
題どおりに地味めで渋く、いかにも真剣な映像には好感がもてた。
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
アメリカ中西部の貧しい山村。
そこで暮らす人々の、生活を守るための厳しい掟。
などなど物語の背景は奥が深いのですが、主人公のリー(ジェニファー・ローレンス)が家族と家を守ろうと過酷な状況の中を真っ直ぐに突き進んでいく姿が最も印象に残ります。

脅されても、リンチを受けても、くじけることなく黙々と立ち上がり前を向いて歩んでいく。
さりとて男勝りに腕っぷしが強いわけじゃないし、銃をぶっ放したりもしない(猟はするようですが話の大筋とは関係ありません)。
そればかりか、解決の鍵となる人物について最初は「怖くて近寄ることもできない」と言ったりします。
いわば、あたりまえの17才。
しかしその人物と会って話をしなければ家を失ってしまう。
家を失ったら、彼女が養っている幼い弟と妹、病気の母親は生きていけない。
覚悟を決めたリーは、敢然と面会を求めに行きます。

そのような少女の行動を淡々と描くこの作品は、ともすると「つまらない」という評価に結びついてしまうことでしょう。
娯楽的要素は皆無ですし、謎もあってないようなもの。
派手な山場もなく、カメラは静かに少女の姿を追い続ける。
ですがその静けさと、策を弄したりしない少女の真っ直ぐさが「何としても家族
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
かなり渋いインディペンデント映画だが、廉価版化されたことで多くの方が気軽に手に取れるようになって嬉しい。ただ、映画の中身は結構ヘビーなので、決して「気軽に観れる」映画ではないのだが(笑)。
本作が公開された2011年は、少女俳優が大人たちを向こうに回して、男勝りのタフさを見せつけ大活躍した年だった。『キック・アス』のクロエ・グレース・モリッツに始まり、『トゥルー・グリット』のヘイリー・スタインフェルド、『ハンナ』のシアーシャ・ローナン。しかし、最後の最後で真打ちの登場となった。『ウィンターズ・ボーン』のジェニファー・ローレンス。この映画の何とも言えない息苦しさも凄かったが、彼女が演じるヒロインの存在感に、ただただ圧倒されっ放しの100分間だった。

ミズーリ州南部のオザーク地方。その山間部に、現代社会から見捨てられたかのような貧しい人々の住むコミュニティがある。家の周りに捨てられたガラクタの山や、錆びついた車。おそらくは、出荷されずに投棄されたと思われる、カーペットらしき巨大なロール。湿って苔むして変色したその異様で巨大な塊の上を、子供たちが無邪気に飛び跳ねて鬼ごっこをしている。痩せこけた動物たちに、寒々とした冬に取り囲まれた風景が、生活苦を一層際立たせる。ここに住む人々は、ヒル(山)に住むビリー(スコットランド人)=「ヒルビリー」という蔑称で呼ばれる
...続きを読む ›
2 コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す