¥ 2,160
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ウィニング 勝利の経営 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ウィニング 勝利の経営 単行本 – 2005/9/13

5つ星のうち 4.7 59件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 267

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ウィニング 勝利の経営
  • +
  • 巨象も踊る
総額: ¥4,860
ポイントの合計: 146pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 ノミネート作品決定!
「サピエンス全史」や『鬼速PDCA』、『LIFE SHIFT』など話題作ほか >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

GEを時価総額・世界№1企業に育て上げ、「20世紀最高の経営者」と呼ばれるジャック・ウェルチが、「人材採用のチェックポイント」から、「いやな上司への対処法」「天職の探し方」「中国との競争に勝つ方法」まで、ビジネスで成功するためのノウハウをたっぷりと、驚くほど具体的に明かす。

【推薦の言葉】
「この1冊があれば、もう他の経営書はいらなくなるだろう」
――ウォーレン・バフェット(バークシャー・ハザウェイ会長)
「新人からベテランまで、あらゆる人が使える、わかりやすく
て網羅的なビジネス成功指南本だ」
――ビル・ゲイツ(マイクロソフト会長)

本書の内容
●優秀な人材とダメな人材を、どう扱ったらいいのか
●ライバル会社に勝つ・戦略・の選び方
●社内に率直なコミュニケーションを根づかせるには
●いつもは退屈な予算作りを、もっと楽しくする方法
●新規事業に挑戦するときのガイドライン
●昇進するためにやるべきこと、やってはいけないこと
●シックス・シグマはなぜ重要か
●M&Aの利点と落とし穴
●人に辞めてもらうときのポイント
●仕事と家庭のバランスをとる秘訣……etc

出版社からのコメント

「この1冊があれば、もう他の経営書はいらなくなるだろう」ウォーレン・バフェット氏推薦(バークシャー・ハザウェイ会長)、「新人からベテランまで、あらゆる人が使える。わかりやすくて、あらゆることをカバーしたビジネス成功指南本だ」ビル・ゲイツ氏推薦(マイクロソフト会長)

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 437ページ
  • 出版社: 日本経済新聞社 (2005/9/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 453231240X
  • ISBN-13: 978-4532312404
  • 発売日: 2005/9/13
  • 商品パッケージの寸法: 19.4 x 13.8 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 59件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 5,029位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
著者についてはもはや何も言う必要がないですね。またウェルチやGEの経営についても多くの著書があり、最高の経営者・最高の会社との評価が定着しているようです。(勿論GEが今後50年以上安泰かの保障はありませんが。)

本書では様々な問題についてウェルチが率直に語っており、なるほど最高の会社を作れた所以が良く分かります。(但し「人事部門を上に置く」(P.120)には疑問あり。優秀で客観的な人事部門であることが前提でしょうが、もしそうでなかったら最悪の結果になります。)但しリ−ダ−シップ・天職・買収などはウェルチでなくても言えることではないかと思います。寧ろ本書の中で素晴らしいのは、戦略(P.194)と予算(P.223)についてです。多くの経営学者やコンサルタントがポ−タ−を援用して説明し、予算といえば何十年も前からの説明を飽きずに使っていますが、ウェルチはこれらをボロクソにこき下ろしています。飛び切り優秀な経営者が最高の会社を作った秘密の一端がここにあるのでは?ここだけ読んでも本書を買う価値があると思います。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
経営の書として、現場の言葉で書かれたわかりやすい本です。

単に抽象的な経営論ということではなく、現場レベルの言葉を使った事例もふんだんに盛り込まれ、その豊かな経験(失敗も成功も)を披露してくれています。

経営者として、何が必要か。経営者ではなくても、リーダーとして、どんなことに感心を持ち、注意をはらって、業務(使命)を遂行するべきなのかを学び取るのにもってこいの一冊です。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
さすがジャック・ウェルチ氏。会社の経営とは難しい理論ではなく、真摯に問題の本質を捉え、ひたすら誠実に解決にあたることという著者の主張がストレートに伝わります。よく「仕事の大半は人事に割いた」との氏の発言を見かけますが、「背景はそういうことだったのか」と納得させられました。

人事制度など、よく日本とアメリカの社会土壌の違いが強調されますが、本書を読むと、そんなことはただの言い訳に過ぎないことが分かります。要は経営に対する思い次第。「目指せウェルチ!」です。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
全米NO1 ビジネス・ベルトセラー 「ウィニング 勝利の経営」。20世紀最高の経営者と言われるジャック・ウェルチ氏の最新作ですね。GE(ゼネラル・エレクトリック)を世界NO1企業に育て上げたジャック・ウェルチ氏ですが、そのGEを辞めてから、世界各国で講演などの機会があるとき、多くの人たちに、興味深い真摯な質問を受け、その質問に答えるうちに、新たに多くのことを学んだそうです。そのジャック・ウェルチ氏から全ての人たちへの解答とも言えるビジネス指南書の決定版です。

大変実践的なこの本は、非常に役に立ちそうです。彼の考え方はいつも非常にシンプルでわかりやすく、面白いです。特に前半では、率直であること、本音で話す事の大切さという所が印象的でした。周りに気をつかったり、本当のことを言わないことで、多くの機会をロスしているということは、なるほどと非常に良くわかります。日本で言うならどこまでも腹を割って話す事がビジネスでの一番の秘訣ということですね。

また、彼の仕事のほとんどが人事であるという事も非常に驚きですね。ビジネス、仕事は人である。人事こそその会社にとって一番大事なポジションであると、非常に明快です。人が一番大事、まさに人的資源であるということは昨今大きく取り上げられるテーマですが、真から実践をしているところは非常に少ないのではないでしょうか。<
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
この本は会社という生き物をどう楽しむか、どう活性化させ、
自分のモチベーションを保とうとするかを教えてくれる、
いわゆるハウツー本。

中でも4つのEと1つのPのフレームワークが印象に残った。

最初のEはエレルギー、第二にエナジャイズ(周囲の人のエネルギー
を吹き込む能力)、第三にエッジ(決断を下す勇気)、
第四にエグゼキュート(仕事を実行する能力)、そして、
Pはパッション(情熱)。

やはり経営において、人材採用は非常に大切で重要な部分であり、
手を抜いてはならないところであると改めて実感させられた。

やはり、情熱・素直さ・直観は大事にしたい。ここにも書かれていた。

とても分厚い本だが、非常に参考になり役に立つ意外に読みやすい本。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー