¥3,080
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ウィトゲンシュタイン『秘密の日記』: 第一次世界大... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

ウィトゲンシュタイン『秘密の日記』: 第一次世界大戦と『論理哲学論考』 (日本語) 単行本 – 2016/4/20

5つ星のうち3.0 2個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2016/4/20
¥3,080
¥3,080 ¥2,800
お届け日: 11月30日 - 12月4日 詳細を見る
最も早いお届け日: 12月1日 火曜日 詳細を見る

本2冊以上で3%ポイント還元

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • ウィトゲンシュタイン『秘密の日記』: 第一次世界大戦と『論理哲学論考』
  • +
  • 反哲学的断章―文化と価値
  • +
  • ラスト・ライティングス
総額: ¥8,470
ポイントの合計: 110pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


5日間のBig Sale 11/27[金] 9:00 - 12/1[火] 23:59
第1弾 ブラックフライデー 開催中
今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

戦場の哲学者の恐怖、欲望、叫び、祈り!20世紀最大の哲学者ウィトゲンシュタインが、第一次世界大戦の激戦のさなか哲学的アイデアとともにノートに書きとめた戦場の現実と感情生活。ウィトゲンシュタインの生の姿を明らかにし、『論考』をはじめ彼の哲学の解釈に多大な影響を及ぼすに違いない『秘密の日記』、世界初の完全版!

著者について

[著者] ルートヴィヒ・ヨーゼフ・ヨーハン・ウィトゲンシュタイン (Ludwig Josef Johann Wittgenstein)
1889年-1951年。20世紀最大の哲学者と呼ばれ、分析哲学を中心に現代哲学に多大な影響を与えた。主著に『論理哲学論考』『哲学探究』。

[訳者] 丸山空大 (まるやま・たかお)
1982年、東京都生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科修了。現在、東洋英和女学院大学、東京工科大学非常勤講師。博士(文学)。専門は宗教学、近代ドイツ・ユダヤ思想。主要論文に「ローゼンツヴァイクの回心譚を再考する」(『京都ユダヤ思想』、第5号、2015年)、「後期へルマン・コーエンの宗教哲学とメシアニズム」(『宗教哲学研究』、第30号、2013年)、"Prayer and Paganism" (The Proceedings of the Franz Rosenzweig Gesellschaft,vol.1, 2014)、「血、民族、神――初期マルティン・ブーバーの思想の展開とそのユダヤ教(Judentum)理解の変遷」(『宗教研究』第368号、2011年)ほか。

[解説者] 星川啓慈 (ほしかわ・けいじ)
1956年、愛媛県生まれ。筑波大学大学院博士課程哲学・思想研究科単位取得退学。現在、大正大学文学部教授。博士(文学)。専門は宗教学・宗教哲学。主な著書に『人はなぜ平和を祈りながら戦うのか?』(石川明人氏との共著、並木書房、2014年)、『言語ゲームとしての宗教』(勁草書房、1997年)、『宗教者ウィトゲンシュタイン』(法藏館、1990年)、『ウィトゲンシュタインと宗教哲学』(ヨルダン社、1989年)ほか。主要論文に"A Schutzian Analysis of Praye with Perspectives from Linguistic Philosophy"(with Dr. M. Staudigl, Human Studies, vol. 39, 2016)、「神経生理学とユダヤ教――決定と自由の狭間を生きたB・リベットの場合」(『宗教研究』第377号、2013年)ほか。

[解説者] 石神郁馬 (いしがみ・いくま)
1977年、千葉県生まれ。國學院大学文学部卒業。軍事研究家。主要論文に「第一次世界大戦における東部戦線――ブルシーロフ攻勢を中心に」(『宗教研究』第385号、2016年)、「永遠なる大東亜戦争」(『神青協』第116号、2006年)ほか。主要講演に「尖閣諸島に迫る軍事的脅威とは何か?」(神奈川県神社庁横浜三支部連合主催教養研修会、2014年)、「國學院大学における神職養成と神道教育の特徴」(東京大学宗教学講義《ゲストスピーカー》、2013年)ほか。

登録情報

  • 発売日 : 2016/4/20
  • 単行本 : 304ページ
  • ISBN-10 : 4393323661
  • ISBN-13 : 978-4393323663
  • 出版社 : 春秋社 (2016/4/20)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.0 2個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.0
星5つ中の3
2 件のグローバル評価
星5つ
49%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ
51%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2016年4月23日に日本でレビュー済み
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年8月17日に日本でレビュー済み
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告