無料配送: 4月17日 - 18日 詳細を見る
最速の配達日: 4月 17日の土曜日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ウィカ (Euromanga collection... がカートに入りました
最も早いお届け日: 明日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 帯付き(折れ跡有)【配送:メール便(ポスト投函にて配達完了となります)】◆中古品のため、経年劣化・色褪せ・折れ・汚れ・シール痕等がある場合がございます。可能な限りチェックしておりますが、数ページに書き込みがある場合がございます◆コンディションはAmazonマーケットプレイス「コンディションガイドライン」に準拠します。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

ウィカ (Euromanga collection) (日本語) 単行本 – 2015/2/25

5つ星のうち3.4 4個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥1,760
¥1,760 ¥714
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

遠い昔、人間たちの世界から遙か遠く離れた妖精王国。美しき妖精女王タイタニアは、妖精王国を統べるオーディンの息子オベロンに憎まれ、夫である公爵クレイモア・グリムとともに命を狙われる。2人の間にはウィカという名の娘がいた。彼女もまた狼女ロウェナに襲われるが、忠臣ハギスの働きで、一命を取りとめ、強力な妖精の力を封印したまま、ある農夫に育てられることになる。やがて、妖精王国は、オベロンの統治のもと、狂気と闇の時代に突入することになる。13年後、成長したウィカが、王都アヴァロンに辿りつく。その地で、彼女は自らの生い立ちを知り、運命に翻弄されるまま、オベロンの軍勢と立ち向かうことになる―フランスが誇るダークファンタジーの帝王オリヴィエ・ルドロワ見参!目眩く人工楽園で繰り広げられる、真夏の夜の“悪”夢。機械仕掛けの暗黒妖精譚。妖精物語×スチームパンク。

著者について

作画:オリヴィエ・ルドロワ
パリのデュペレ高等美術学院で2年間勉強したのち、イラストレーターを志す。さまざまなゲーム雑誌のためにイラストを制作するが、BD原作者フロワドヴァルと出会うことで転機を迎える。共作した『Chroniques de la Lune noire(黒い月年代記)』はカルト的人気を博し、販売累計100万部以上の大ヒット作となった。1997年、フィリップ・K・ディックの小説作品を原作に、短編『Ennemis mortels(不倶戴天)』を発表。ディックの世界は、ソレイユ社から刊行された『La Porte écarlate(深紅の扉)』のコンセプトにもインスピレーションを与えている。その語、パット・ミルズを原作に迎え、『Requiem Chevalier Vampire(吸血騎士レクイエム)』(既刊11巻)を発表。この作品は、彼が愛してやまない象徴的表現や幻想的なもの、流血や血しぶきを描く格好の機会となった。オリヴィエ・ルドロワの原稿はすべて直接彩色が施され、絵画を思わせる豊かな量感や質感に特徴がある。1990年代には、ヒロイック・ファンタジーやRPG、アングロ・サクソン系の新しいコミックスに魅了された作家たちが多くフランスでデビューしているが、彼はその代表格である。ブルターニュ在住。

原作:トマス・デイ
1971年パリ生まれ。SFおよびファンタジーの分野で活躍する小説家。2002年以降、15作ほどの小説を発表している。代表作は『L'Instinct de l'équarrisseur(屠体解体本能)』と『Le Trône d'ébène(黒檀の玉座)』など。2003年、『La Voie du Sabre(剣の道)』(グレナ社でBD化)で、優れたSF・ファンタジー作品に授与されるジュリア・ヴェルランジェ賞を受賞。作品に散りばめられた幻想的な要素と資料に裏づけられた想像力、センセーショナルな文体が特徴。世界中を旅しており、東南アジアと北米のロッキー山脈、スコットランドをこよなく愛す。作家の仕事と並行して、大出版社のコレクション・ディレクターも務める。パリ在住。

翻訳:原 正人
1974年、静岡県生まれ。学習院大学人文科学研究科フランス文学専攻博士前期課程修了。BDの専門誌『ユーロマンガ』で翻訳や執筆に携わる。主な翻訳にニコラ・ド・クレシー『天空のビバンドム』、セルジュ・ル・タンドル&レジス・ロワゼル『時の鳥を求めて』、アレハンドロ・ホドロフスキー&メビウス『天使の爪』、アルチュール・ド・パンス『カニカニレボリューション』(すべて飛鳥新社)など。監修に『はじめての人のためのバンド・デシネ徹底ガイド』(玄光社)がある。

登録情報

  • 出版社 : 飛鳥新社 (2015/2/25)
  • 発売日 : 2015/2/25
  • 言語 : 日本語
  • 単行本 : 76ページ
  • ISBN-10 : 4864104018
  • ISBN-13 : 978-4864104012
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.4 4個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.4
星5つ中の3.4
4 件のグローバル評価
星5つ
51%
星4つ
13%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ
36%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2018年6月22日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2018年5月5日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2015年7月23日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2015年6月23日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告