¥ 1,085 + ¥ 350 関東への配送料
残り1点 ご注文はお早めに 販売元: MSMコーポレーション

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

イーグル・アイ スペシャル・エディション【2枚組】 [DVD]

5つ星のうち 3.5 113件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,890
価格: ¥ 1,085
OFF: ¥ 805 (43%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、MSMコーポレーション が販売、発送します。

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオイーグル・アイ (字幕版)¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • イーグル・アイ スペシャル・エディション【2枚組】 [DVD]
  • +
  • デジャヴ [DVD]
総額: ¥2,667
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: シャイア・ラブーフ, ミシェル・モナハン, ビリー・ボブ・ソーントン, ロザリオ・ドーソン, マイケル・チクリス
  • 監督: D・J・カルーソ
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: 角川映画
  • 発売日 2009/06/19
  • 時間: 117 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 113件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B002915JB8
  • JAN: 4582194842070
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 84,959位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

それは、全てを見ている。しかし、その姿は決して見えない。
●製作総指揮スピルバーグ×『トランスフォーマー』シャイア・ラブーフ×『M:i:III』ミシェル・モナハンで贈るサスペンス・アクション超大作!

●全米NO.1大ヒット! 監督は『ディスタービア』で全米10週連続トップ10入りの快挙を遂げたD・J・カルーソ!撮影監督は『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのダリウス・ウォルスキー! 音楽を『コンスタンティン』『ランボー 最後の戦場』のブライアン・タイラー!

●60分を越える充実の映像特典!2枚組の豪華仕様。 迫力のアクションシーンの舞台裏を記録したメイキング、追跡技術の現実を探るドキュメンタリー、未公開シーンや別エンディングなど、『イーグル・アイ』のすべてが分かる特典を収録!

■ストーリー
コピーショップで働き退屈な毎日を送るジェリー。一卵性双生児の兄の葬儀からアパートに帰ったジェリーの携帯が鳴った。「30秒でFBIが到着する。今すぐ逃げなさい」。 シングルマザーのレイチェルはひとり息子を楽団の演奏旅行に送り出した後、同じ女からの着信を受ける。「息子のために命を懸けられるか。」 まったく面識のないこの2人に共通するのは、見知らぬ女性からの電話。その声に従い引き合わされた二人は、FBIからも追われる身となる。生き延びるには、その声に従うしかない。その声はいったい何者なのか?何の目的のために、2人は選ばれたのか?そして、選ばれた2人に突きつけられた使命とは―?

■キャスト
シャイア・ラブーフ、ミシェル・モナハン、ビリー・ボブ・ソーントン、ロザリオ・ドーソン、マイケル・チクリス
■スタッフ
監督:D.J.カルーソ 脚本:ダン・マクダーモット(原案も)、ジョン・グレン、トラヴィス・アダム・ライト、ヒラリー・サイツ 製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ、エドワード・L・マクドネル 撮影監督:ダリウス・ウォルスキー 音楽:ブライアン・タイラー 視覚効果スーパーバイザー:ジム・ライジール

内容(「Oricon」データベースより)

スピルバーグ製作総指揮、シャイア・ラブーフ&ミシェル・モナハン主演のノンストップ・サスペンス・アクション!平凡な男女の生活がある日突然かかってきた謎の女からの電話によって激変する。その女は携帯電話、監視カメラ、電光掲示板などのテクノロジーを駆使して次々と2人に指令を下す。監視から逃れることは死を意味する。自分が選ばれた理由も目的も一切わからぬまま、2人は国家に追われる身となり、翻弄されて行く…。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 羽純 VINE メンバー 投稿日 2009/7/28
形式: DVD Amazonで購入
 せきたてられ急かされ、更に追われて、
男女二人が追い詰められながらも、徐々に核心に近づいて行きます。
そのスピード感は飽きさせない、最後まで釘付けでした。

 人間vsコンピューターはよくある設定。
誤作動、ダウンなどされたら日常の機能は停止、大混乱に陥る。
それどころかコンピューターが独自の意志を持ち、暴走などした日には、
ボタンひとつで一瞬にして世界が終わってしまうかもしれない。

 今作品ではあるコンピューターが独自に、あるミッションを開始します。
利用するコマに選んだ二人を調べ上げ、意のままに動かして行きます。
どんなシステムにも易々と侵入しては乗っ取り、後は面白い様に自由自在。
 でもそんなコンピューターにも計算違いがあった…
目的地まで誘導するのは余裕、朝飯前だったのに、
追い詰められた人間がとる行動は読めなかった?まさに想定外だった。

 いろんなことを考えながら、ストーリーとスピードにまんまと乗せられて
最後まで楽しむことのできた作品でした。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
普通の一般人だった男がある日家に帰ると、大量の武器が家の中に送られていて、しかも銀行に数千万の現金が振り込まれていて、それから理由も分からずFBIに追われ、またそこから逃がすように謎の女から電話がかかってきて・・・
という不条理なカフカの世界から入り、ボーン・アイデンティティー並みのカーアクションが続く。
いったい謎の女の正体は???とウズウズしだした1時間半後、その正体が分かる!
展開的に「2001年宇宙の旅」を思い出した。
最強の敵で相手を倒す解決口が見つからないようなときに、充分に観客を納得させるラストを準備できたときに映画は評価される。
そういう意味では、いつものハリウッド映画よろしく、何かを壊せば終わるという、ラストの対処方に問題がある。
が、それまでの展開が及第点だったので、私は三つ星をあげたい。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
映画は2008年9月26日リリース。制作費7,300万ドル。この作品を観たきっかけは携帯電話のプログラムの開発に関わる仕事があって、その現場でこの作品のことが話題になったことだった。つまり携帯電話の持っているGPS機能と筐体識別番号がそれを持っている人間を常にトレースすること可能にしている現代は、それをターゲットに人を完璧に狙うことだってできるんじゃないのか、と思ったわけだがそれって『イーグル・アイ』みたいですねという話になった。それでは観なくてはということで観た。

出来映えは良くも悪くもスピルバーグらしく派手で、いかにも『ハリウッド』らしさ満載だが、心に残るまではいかなかったが随所に考えさせられる点があった。つまり現代社会の持っているインフラを全て悪用してしまえばこういう映画のような世界も可能だろうと思う。そしてそれを阻むものは人間のアナログな部分なのだな、とも思った。ある意味『エネミー・オブ・アメリカ』と重なる。

少し荒唐無稽が過ぎるがそれでも色々考えさせてくれる作品はやはり『いい映画』と言うべきなのだろうか。どうもすっきりしない。ただ観るべき価値はあると思う。一度くらいは。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
ストーリー展開、最後のオチ等に目新しさは無い。
とは言えスピルバーグ×アクション大作の組み合わせなので「一定水準の面白さ」は維持されてます。

「よくあるハリウッドアクション映画」と知った上で観れば、まぁまぁ楽しめるかと。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
「イーグルアイ」というアメリカ政府が開発したコンピュータが謀反するお話。
収録内容は本編に加えて、「もう一つのエンディング」を含めた未公開シーン集とメイキング、
インタビュー、解説、コメンタリーとなかなかの収録具合。

この映画の特徴は、巻き込まれ系のノンストップアクションという体裁をとりつつ、アメリカ政府への痛烈な皮肉が込められているところだ。
「イーグルアイ」に搭載されたAIである"アリア”は「お前は何者か」と問われて、合衆国憲法を引用しながら「市民」だと回答する。
アメリカ市民は自由を脅かす存在に対する革命権が憲法で保障されている。
アメリカ政府自身が市民の自由を脅かしたとき、”アリア”はどのような行動を起こしたのか。

コンピュータが「暴走」し、平凡な2人の人間をテクノロジーを駆使し執拗に追跡するというストーリーだが、
そのテクノロジーも結局のところ、お膳立てをしたのは人間である。
暴走しているのは本当にコンピュータなのか、と価値観を逆転させる仕掛けが見事。
自由の国を標榜するアメリカが監視社会を強いるという矛盾を嫌味ったらしく突きまくる恐るべき作品だ。
(劇中に登場する新型爆弾の起爆コードの正体が明らかになった時は「そこまでやるか」と苦笑いする
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す