この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,200MP3アルバムを購入

イン・ロック(紙ジャケット仕様) Limited Edition

5つ星のうち 4.7 46件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 4,600より 中古品の出品:9¥ 1,250より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ディープ・パープル ストア


キャンペーンおよび追加情報



登録情報

  • CD (2006/2/22)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Limited Edition
  • レーベル: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 収録時間: 42 分
  • ASIN: B000CSUUKU
  • JAN: 4943674061396
  • 他のエディション: CD  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 46件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 485,465位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
4:23
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
2
30
4:16
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
3
30
10:20
アルバムのみ
4
30
7:57
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
5
30
3:30
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
6
30
4:34
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
7
30
7:11
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 

商品の説明

内容紹介

Japanese Limited Edition Issue of the Album Classic in a Deluxe, Miniaturized LP Sleeve Replica of the Original Vinyl Album Artwork.

メディア掲載レビューほか

リッチー・ブラックモアのギター・リフが、イアン・ギランの高音シャウトが炸裂!このアルバムで奴らはロック界のマウント・ラシュモアになったのだ!元祖ハード・ロック・バンドが、アート志向の第1期を抜け出して、ヘヴィな真骨頂を発揮する1970年作。「スピード・キング」他、全7曲収録。 (C)RS

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
ここでのアルバムは英国盤なので米国日本盤のようにいきなり始まるSpeed kingでは無く、24カラット収録テイク同様リッチーの歪み気味のギターソロそしてキーボードソロと続き、曲が始まるノーカットテイク収録。アルバム自体は説明不要の大傑作なので追加されたボーナストラックの説明をします。Speed kingだけでも、テイク1、ラフなボーカルのピアノバージョン、ロジャ ーグローバーによる(1)のリミックスとなんと4種類のバージョンが聞けること。未発表曲のCry free/jam stew そしてリミックスのFlight of that rat そして最大の聞
きモノは(この1曲のためオリジナルCDを持っていても買い直す価値あり)あの最大のヒット作 Black nightがロジャーのリミックスにより無編集版として帰ってきました。演奏前のリラックスした雰囲気から急に白熱した演奏が始まる。正規版ではさっさとフェイドアウトで終わるのですがここではリッチーを中心としたジャム演奏がかなり長く聞け、約1分20秒も正規版より長いリッチーのソロが体感出来ます。
結論 すべてのロックファンに推薦出来る名作です。ぜひオリジナルより曲数の多いAniversary editionをお勧めします。
1 コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mc 投稿日 2006/5/6
形式: CD
 ハードロックの何たるかをいきなり確立した、驚異の大名盤。

 このアルバム以前、DPは、ハードロックではありません。

 これ以前にもツェッペリンは当然いましたが、ツェッペリンって、ハードロックに全然執着していません、と言うか、きっと自分たちがハードロックをやっていると言う意識が、恐らく全然ありません(プラントは地声がああだし、ボーナムは、きっとアート・ブレイキーやマックス・ローチなどのスタイルの、より大音量での、エイトビート化したアプローチですよね)から。

 ブルーチアーとか、MC5とか、ストゥージスとかステッペンウルフなんかも、曲によってはハードロック的ですが、多分意識はしていない。大きな音を出してやろうって言う気はあったとしても。

 ところが、DPは、初めてハードロックをコンセプトとして作ったのです。リッチーが、「ハードロックをやるんだ!失敗したら俺は一生ロックやらないから」ってジョン・ロードを説得して、向いていないメンバーを交代させてね。

 その結果出てきたのが、これです。

 どうです?これ。ハードなロックじゃ、ないですか?

 音圧とか、言っちゃいけません。当時のテクノロジーでは、これが限界です。

 ギ
...続きを読む ›
コメント 98人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
これを超えるハードなアルバムがあるだろうか?
爆音の中にもクラシック的な幻想的サウンドが
自由自在に散りばめられ唯一無二の感動をくれます。
1曲目「Speed King」から爆発だ。ギランの全てを薙ぎ倒すような
シャウトが聞ける。そしてリッチーとジョンのソロのぶつかり合い
がまた凄まじい。3曲目「Child in Time」の最後の加速度は
まさに狂気じみてる。オーディオがぶっ壊れるかと思ったよ(笑)。
4曲目「Flight Of The Rat」はジャズっぽさも感じさせてくれる軽快な曲
イアン・ペイスのドラミングが聴き所。
5,6曲目の「Into The Fire」、「Living Wreck」では
ジョン・ロードのオルガンが唸る。もう慣習や伝統にとらわれない
とはこのこと。自由自在で無重力空間を行ったり来たりって感覚に襲われる。

この作品は史上最高にハードだと思う。あまりにハード過ぎた。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 このアルバム"IN ROCK"は、ディープパープル第二期の代表的な作品です。
彼らは元祖ハードロックと呼ばれ、レッドツェッペリンと共に’60年代〜’70年代前半にかけて、全米を席巻しました。
時にプログレッシブに、時にハードに、イアンギランのシャウトが光ります。
特に"CHILD IN TIME"におけるイアンの雄叫びのようなシャウトは、聞いていて鳥肌が立ちました。

 皆さんがラジオなどで一度は耳にしたことのある曲が多いと思いますので、どうぞ手に取って、ゆっくり聞いてください。
次は"LIVE IN JAPAN","BURN"を聞いてみたいと思いますので、皆さん、またいろいろ教えてください。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー