イン・ザ・ミッドスト・オブ・ビューティー がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

イン・ザ・ミッドスト・オブ・ビューティー Original recording

5つ星のうち 4.4 28件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 4,800 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、☆丁寧梱包堂☆ 年中無休-迅速発送店が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:3¥ 4,449より 中古品の出品:20¥ 459より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の マイケル・シェンカー ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • イン・ザ・ミッドスト・オブ・ビューティー
  • +
  • Temple of Rock
総額: ¥6,216
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2008/5/21)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Original recording
  • レーベル: Geneon =music=
  • 収録時間: 50 分
  • ASIN: B0016KFNVY
  • JAN: 4988102316358
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 28件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 198,523位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

“神”マイケル・シェンカー率いるMSG約2年半ぶりの新作。
参加メンバーは、ゲイリー・バーデン、ニール・マーレー、ドン・エイリーなどファンにとって涙ものの豪華な布陣!!
叙情的なメロディやギター・プレイが詰め込まれた復活作の誕生!!!



【レコーディング・メンバー】
Michael Schenker(Guitar)
Simon Phillips(Drums)
Neil Murray(Bass)- ex Whitesnake, Gary Moore, Black Sabbath
Don Airy -(Keyboards)- ex Whitesnake,Rainbow, Gary Moore,Ozzy Osbourne
Gary Barden(Vocals)- Original singer of MSG 1980 - 1984.


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 脂カーニバル トップ500レビュアー 投稿日 2015/2/14
形式: CD Amazonで購入
マッコリー期はアメリカンナイズされたサウンドに賛否両論あったけど、Save Yourselfとか名曲もあるしそれはそれで好きだったけど、それ以降は何かピンとこなかった。が、このアルバムは曲、リフともに久々ににハマった。
加えて、個人的にはやっぱりマイケルの曲にはゲイリーが一番相性がいいと思った。
マイケルは歌メロに関してはノータッチって何かの雑誌で読んだけど、マイケルの曲にはゲイリーの作るある意味クサい歌メロが一番合うんじゃなかろうか。
翌年発表されたアコースティックアルバムのジプシーレディーもやはり素晴らしかった。別に特にいつもと違うことやってるわけじゃないと思うけど。
このコンビでまたアルバム出してほしいな。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 pengin 投稿日 2017/5/28
形式: CD Amazonで購入
マイケル・シェンカーは聴いてませんが、このアルバムは結構好きですね。ヴォーカルのゲイリー・バーデンはいろいろ難癖付けられているようですが、マイケルのギターに一番相性がいいんではないでしょうか。まだ今回は、レコーディングメンバーが凄いですね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 alice63 投稿日 2012/5/26
形式: CD Amazonで購入
発売からだいぶ経ってからの購入でファンとしては恥ずかしいが、子育て中は情報を得てなかったから・・・・(言い訳ですみません。)
最近買ったブルーレイで観て、いい曲だと思ってCDを買ったのも理由の一つ。
(このコンサートにも行ったのにその時はなんとも思わなかったのに・・・)
全てにおいて素晴らしい曲ばかりで、聞くほどにその良さが解る。
あのギターの音色は健在で、今でも癒してくれます。
マッコリーは違和感あったけど、やっぱりゲイリーの歌声です。(ライヴでは上手いと言いがたいですが・・・)「神」のギターの音色がマッチしてます。
「RIDE ON MY WAY」は勇気づけられます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
ロビンと別れた後、クソみたいなアルバムを数枚出し神もクソもねえな~と思っていたのですが、このアルバムをジャケ買いしたら、久々に神が戻ったようです。ゲイリーバーデンは相変わらずのヘタウマVoを披露し、(もうこの声癖になるね・・・)Ride On My WayなんてBuilt To Destroyに収録されていても違和感ない曲です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
久しぶりにマイケルらしいギターが聴けたと思う。当然年齢なりに渋くなって、往時のエネルギーは望めないが。

ゲイリーバーデン、ボーカルとしてはいろいろ難くせつけられるし、確かにそうなんだけど、相性という意味では一番いいのかと思う。なにより心理的に安心できるんだろうな、マイケルのプレーにそれが表れている。歌メロ作る能力はやっぱり秀でたものがある。

他のボーカルと合わせたとき、例えばテンプル・オブ・ロックなんかだと緊張感からか、テクニックや表面的なカッコよさに終始してしまい、自分の本心は表現していないような印象を受ける。

このアルバムで聞けるのは自分の心情を素直に表現したプレー。特有の哀愁が込められたフレーズにあふれている、これが聴きたいんだよね、ファンとしては。SUMMERDAYS、THE CROSS OF CROSSES、I AM THE ONE、珍しく明るめなRIDE ON MY WAY、なかなか弾きまくってくれてます。

気になるのはDEANのギター、やっぱり音が硬いような気がする。Gibsonのトーンが印象に残っていて、こっちでやってくれないかな、また。

やっぱりマイケル、と思わせる一枚。未聴の方はいかがでしょうか、お薦めです。
2 コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
会心の一枚だと思いますよ!
年齢を考えてもまだこれだけの作品を提示してくれるマイケルはやっぱりすごい。
ゲイリーも渋さがでて、昔みたいに無理もしないで、いい味出してます。
やはり、この二人のタッグはしっくりくる。
互いの書くメロディの組み合わせは必然であるがごとく。
これはきっとゲイリーのセンスなんだろうな。

リズム隊も美味しい面子。
またいつかこの面子でやってほしいなあ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 LED LEPPARD トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2009/12/28
形式: CD
 2008年、Michael Schenker Groupのアルバムです。

 黄金ラインナップで製作されています。(上記「商品の説明」・参照)
 どのメンバーも、いい仕事をしています。

 Michaelのギターが、特に素晴らしいです。
 グイグイと進む「リフのドライブ感」、一気に歌いだす「ソロの飛翔感」が、本当に素晴らしいです。
 「ギターをアンプに直結」といった感じの、かなり生々しいサウンドで、
ピッキング、フィンガリング、グリッサンド(弦をこする音)が、よく聴こえます。
 無駄を一切排除したサウンドのお蔭で、
まるでMichaelがそこで演奏しているかのように、指さばき・弦さばきを、ありありと楽しめます。

 また、Gary Bardenのボーカルは、中域・中高域を中心に、ベテランらしく味のある歌唱をしています。
 Garyは、さっぱり目の声質をしていますが、
「マイケルのギターとバッティングをせず、引き立たせる」ような、相性の良さが感じられます。

 初め聴いた印象は、「平凡」
 「せっかく買ったのだから、聴かないともったいない」と思って、かけ流し。
 何回か聴いていくうちに、徐々に「いいな〜♪
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー