イン・ザ・パッシング・ライト・オヴ・デイ がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,456
345pt  (10%)
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

イン・ザ・パッシング・ライト・オヴ・デイ

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 3,456 通常配送無料 詳細
ポイント: 3pt  詳細はこちら
残り5点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、玉光堂が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:9¥ 3,100より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ペイン・オヴ・サルヴェイション ストア

ミュージック

ペイン・オヴ・サルヴェイションのアルバムの画像
ペイン・オヴ・サルヴェイションのAmazonアーティストストア
26 点のアルバム、その他の情報をチェック。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • イン・ザ・パッシング・ライト・オヴ・デイ
  • +
  • REMEDY LANE RE:VISITED
総額: ¥6,034
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2017/2/22)
  • ディスク枚数: 2
  • レーベル: マーキー・インコーポレイティド
  • 収録時間: 115 分
  • ASIN: B01MY1SCKC
  • JAN: 4527516016548
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 63,855位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. オン・ア・チューズデイ
  2. タング・オヴ・ゴッド
  3. ミーニングレス
  4. サイレント・ゴールド
  5. フル・スロットル・トライブ
  6. リーズンズ
  7. エンジェルズ・オヴ・ブロークン・シングス
  8. テイミング・オヴ・ア・ビースト
  9. イフ・ディス・イズ・ジ・エンド
  10. パッシング・ライト・オヴ・デイ

ディスク:2

  1. イントロダクション
  2. タング・オヴ・ゴッド (イントロ)
  3. タング・オヴ・ゴッド (デモ)
  4. ミーニングレス (イントロ)
  5. ミーニングレス (デモ)
  6. サイレント・ゴールド (イントロ)
  7. サイレント・ゴールド (デモ)
  8. フル・スロットル・トライブ (イントロ)
  9. フル・スロットル・トライブ (デモ)
  10. リーズンズ (イントロ)
  11. リーズンズ (デモ)
  12. エンジェルズ・オヴ・ブロークン・シングス (イントロ)
  13. エンジェルズ・オヴ・ブロークン・シングス (デモ)
  14. ブルーパーズ

商品の説明

メディア掲載レビューほか

スウェーデン出身の前衛ロック集団“ペイン・オヴ・サルヴェイション”による、二部作『ロード・ソルト・シリーズ』後初となる、約6年ぶりのスタジオ・アルバム。本作では、これまでMESHUGGAHやIN FLAMESらを手掛けてきたダニエル・ベルグストランドをプロデューサーに迎え、再び従来の先進的な音楽性に回帰、一筋縄ではいかない展開や複雑なポリリズムといった彼らの魅力が詰まった充実作に仕上がっている。 (C)RS


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
Pain of Salvationの今作には、かなり期待していました。
 前作でヴィンテージ路線が2作続き、完結したことで、路線変更は、判っていたからだ。
 とは言え、相次ぐメンバーの脱退、更に、FacebookでDaniel Gildenlöwの点滴やら色々くっついてる写真で何が起きてるのか心配もした。(英文を読めば解ったであろうが(笑))
 Ragnar Zsolbergの写真とDaniel Karlssonの加入のニュース、そしてGustaf Hielmの出戻りにより、メンバーが(総入れ替えだが)揃った矢先なだけに・・・
 2016年11月、YouTubeにてMeaninglessが公開されたのを見て、驚いた。新メンバーRagnar Zsolberg(g・vo)のパフォーマンスは、Johan Hallgren(元g・vo)の抜けた穴を補って余りある正に強力な片腕(それも剛腕)ともいえる。
 かつて、ベーシスト不在でもスタジオ盤を発表していたPain of Salvation、Daniel Gildenlöwではあっても、Johan Hallgrenがいないままの新譜の発表は、あり得ないという事か?!と認識した。
 しかし、12月YouTubeにて、第2弾Reasonsが公開され更に気付かされた。G
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
全体としては音的には4thアルバム「Remedy Lane」以前のようなヘヴィなサウンドが多くを占めておりますが、雰囲気としてはヘヴィ路線とRoad Saltシリーズを混ぜ合わせたような感じに思います。よって、渋く難解ではあると思いますが、依然として「よくこのようなメロディーを思いつくな~」と感心させられるような流麗さがあります。
コンセプトは、簡単に言うとヴォーカリストのダニエルが人食いバクテリアにより経験した入院生活での苦闘、怒り、葛藤などであり、文字通り死の一歩手前まで行ったそうです。なかでもその際の臨死体験を通して、死を受け入れ妻への愛を綴ったタイトルトラックは心にしみます。
間違いなく買う価値あります。私にとっては人生で長いスパンで聴き続けられる数少ないCDのうちの一つです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告