¥ 2,646 + ¥ 350 関東への配送料
残り1点 ご注文はお早めに 販売元: アサヒレコード
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【*送料無料です*代引き決済・コンビニ・ATM・ネットバンキング・Edy等の支払いも可能 です。】☆☆帯無しです。プラケースに関しては割れなどなく状態良好です。ブックレット(日本語解説書付きです)に関しては状態良好です。ディスクに関しては状態良好です。再生確認済みです。Amazon配送センターが対応し、発送させていただきます。【**大きな見落としや問題等ありました際には返金対応させていただきますので、ご安心してお買い求め下さい。】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

インフルエンセス・アンド・コネクションズ~MR.BIG トリビュート スペシャル・エディション CD+DVD, Limited Edition

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,780
価格: ¥ 2,646
OFF: ¥ 1,134 (30%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、アサヒレコード が販売、発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • CD (2003/8/13)
  • ディスク枚数: 2
  • フォーマット: CD+DVD, Limited Edition
  • レーベル: ユニバーサル インターナショナル
  • 収録時間: 60 分
  • ASIN: B00009WKUX
  • EAN: 4988005340207
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 184,980位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. ミスター・ビッグ
  2. テイク・カヴァー
  3. コロラド・ブルドッグ
  4. ワイルド・ワールド
  5. プライス・ユー・ガッタ・ペイ
  6. プロミス・ハー・ザ・ムーン
  7. アディクテッド・トゥ・ザット・ラッシュ
  8. ジャスト・テイク・マイ・ハート
  9. シャイン
  10. クロール・オーヴァー・ミー
  11. トゥ・ビー・ウィズ・ユー
  12. シックスティーズ・マインド
  13. ダディ、ブラザー、ラヴァー、リトル・ボーイ

ディスク:2

  1. A BEHIND THE SCENES VIEW OF THE RECORDING

商品の説明

内容紹介

MR.BIGの元メンバー3人が集結、自ら演奏したセルフ・トリビュートというべきアルバム。ポール・ロジャース、スティーヴ・ルカサー、イングウェイ・マルムスティーンなど豪華ゲスト陣が参加。初回限定盤には、参加メンバーのインタビューが収録されたDVD付き。

メディア掲載レビューほか

ロック・バンド、MR.BIGのメンバー、ビリー・シーン/パット・トーピー/リッチー・コッツェンが集結し、ゲスト・ヴォーカリストを迎え、MR.BIGの曲をセルフ・カヴァーしたトリビュート・アルバムの初回限定盤。参加者のインタビュー、レコーディング風景を収めたDVD付き。通常盤(UICE-1060)も同時発売。 (C)RS


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
MR.BIGの元メンバーが3人集まり、自分達も大々的に演奏に参加した「セルフ・トリビュート」とでもいうべき作品。しかし、やっぱりポ-ル・ギルバートとエリック・マーティンに声がかからない部分にファンとしては複雑な気分を持たざるを得ない。
選曲もベストだし、参加者も、ポール・ロジャース(彼との競演で「MR.BIG」を演奏できて、さぞかしメンバーはうれしかっただろう)やジョー・リン・ターナー、スティーヴ・ルカサー、イングヴェイ・マルムスティーン、アン・ウィルソン、マット・ソーラム、グレン・ヒューズ等など、豪華この上ない。演奏も悪かろうはずがない。
個人的にはジョン・ウェイトが切々と歌う「ワイルド・ワールド」が耳から離れない。
この初回限定盤には、参加メンバーのインタビューが8分ほど収められたDVDがついている。ボリューム不足ではあるが、面白い裏話(バッド・イングリッシュに最初はパット・トーピーが加入するはずだった、等)も聴けて、それなりに見所がある。
とはいうものの、こうして元メンバーが健在で、現役である以上、トリビュートなどで安易な縮小再生産を繰り返すような事は真にファンを感動させるまではいかないと思い、敢えて星は4つとした。できるものなら、夢の再結成を期待したい。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 エリック・マーティンとポール・ギルバートを除いた、元Mr.Bigの面々がセルフ・カヴァー・アルバムを作りました。何と言っても興味深いのは、それぞれの曲に元メンバーが関わっていること。唯一、バンド名に授かった1曲目のポール・ロジャースとの競演で元三人が集まっていますが、残りはそれぞれの参加といった感じで、できることならすべての曲にこの三人が「演奏で」関わって欲しかった。
 個人的にはこのバンドの音楽性に大きく関わっていると思う4、6、8は、そのまま通用しそうで「何かしてくれないかなぁ」などと思ってしまいます。また、元ディープ・パープルのヴォーカリスト2人が参加しているのも、パープルファンにとって捨ててはおけぬアルバムではないでしょうか?
 白眉はラストに収録されているイングウェイ参加の曲で、明らかにポールに対抗してレコーディングされています。さすがはイングウェイといった弾きっぷりには脱帽です。
 9のドッグスターは映画俳優としての方が有名なキアヌ・リーヴス在籍のグループ(ミュージシャンとしての来日公演アリ)で、趣味的な集まりではなく、かなり本格的なバンドでお遊びなし。
さてVol.2とは一体どんな素晴らしいないようになるんでしょうか?
参加アーティストは以下の通り。
1.ポール・ロジャース
2.King's X<
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
B.Sheehan, P.TorpeyプロジェクトでR.Kotzenも参加のこのアルバム。
MR.BIGはP.Rodgersが歌ぃ、コロブルとダディブラはJ.L.Turnerが
歌ってぃます。まさかとは思いましたが、ダディブラは完璧に、
Highway Starのイントロに変わっていたのでウケました(笑)
Price You Gotta PayはG.Hughes。M.Friedman、S.Lukather、Yngwieもギター参加。
Keaun Reevesも参加してぃてShineのベースを弾ぃます。
そぅ言った豪華なメンバーですが、やはりP.Gilbertが参加してぃなくて残念です。
Mr.BIGは、やはり「E.Martinの声」が重要なファクタだと思ってぃるもので…。
しかし、私的に嬉しかったのはWild WorldをBadenglishのJohn Waiteが歌ってるのと、
Just Take My HeartをStarshipのMickey Thomasが歌ってるコトです。
J.WaiteのWild WorldはWhen See You Smileの様なカンジで聞いていて気持ちeeです。
M.ThomasのJust Take My Heartは、少しハスキーなところがカッコeeです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
「Influences & Connecitons」シリーズの第一弾。対象となるアーティストのルーツと関係性を明らかにするという主旨で作られてます。
Mr.Bigはその名の通りFreeの同名曲から採られていますが、それを反映するかのように「黒い」アルバムに仕上がってます。
 ビリー、パット、リッチーの3名がオリジナルメンバーとして参加しており、セルフカバー集としての趣も持ち合わせてます。
 上記3人のみが参加ということはエリックとポールは外されたわけで、この二人がいないためかとてもブルースっぽいアルバムに仕上がっています。
 売れ線の曲を書くポール、耳に心地よく、シャウトに特徴のあるエリックのボーカル、Mr.Bigが商業的に成功するにはこの二人が不可欠だったということがこのアルバムを聴いて逆説的によく分りました。
 参加しているゲストも豪華でフリーのポール・ロジャースがグループ名にもなった「Mr.Big」を、ジョン・ウェイト(なつかし~)が「Wild World」、Heartのアン・ウィルソンが「Promise "her" the moon」、そして何故か「Shine」では俳優のキアヌ・リーヴスがベースとして参加(確かに自分のバンド持ってるけど)。他にも「Price You Gotta pay」でTOTOのスティーヴ・ルカサーが「D
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック