Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,700

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[ジョーナ・バーガー, 吉井智津]のインビジブル・インフルエンス 決断させる力
Kindle App Ad

インビジブル・インフルエンス 決断させる力 Kindle版

5つ星のうち 4.3 30件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,700
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,836 ¥ 1,450

商品の説明

内容紹介

お昼のレストラン選びから選挙の投票まで、人生とは小さな選択の連続だ。だがその選択のほとんどが、実は周囲からの社会的影響力によるとしたら? 実はあなた自身も気づかぬまま影響(インビジブル・インフルエンス) を受けているのだとしたら? 意識しないうちに、人と人とのかかわりは、私たちの人となりと行動をたえず方向づけている。
本書は、この社会的影響力という行動を方向づける隠れた要因をあきらかにする。いわば決断のメカニズムに精通するための内容である。よい人間関係づくり、部下のモチベーション向上、マーケティング戦略など、あらゆる問題解決に生かせるアイディアが詰まっている。

「『インビジブル・インフルエンス』は、ビジネス・心理学・社会科学の研究と考え方を統合することで、個人の選択の背景にある「見えない影響力」に焦点を当てている。社会的影響力がどのように作用するかを理解すれば、状況に応じてそれを避けたり、逆に利用できるようにもなる」――『ニューヨーク・タイムズ』

「J.K.ローリングの新刊の売れ行きからウェイターの注文の取り方まで、意思決定を左右する見えない力を論じている」――『ファイナンシャル・タイムズ』

「集団の心理を複雑に辿っていくその手腕は、見事の一言に尽きる」――『ワシントン・ポスト』

「『インビジブル・インフルエンス』は、豊富な情報量であり、かつ気楽に読める、ビジネス書としてたぐいまれな一冊と言える」――『フォーチュン』

「本書が魅力的であるのは、人の決断にかかわるミステリアスな仕組みを、具体的に見せてくれる点にある」――『パブリッシャーズ・ウィークリー』

「前著同様、ジョーナは魅力的な結論とともに、私達を物事の深層まで我々を誘います。『インビジブル・インフルエンス』は、我々がこの世の中で、人々や周囲の環境をどのように見ているか、その考え方を根本から変える力を持った本です」――アリアナ・ハフィントン(『ハフィントン・ポスト』 創始者)

「周囲に影響を与えたい、スマートな決断をしたい、あるいは単に人間の行動の謎に迫りたい……本書は、その要求に応えてくれる。素晴らしく、洞察に満ちた内容だ」――トニー・シェイ(ザッポス CEO)

「ジョーナは見えない影響力の覆いを取り除き、人の行動にまつわる謎を解き明かしている」――ロバート・チャルディーニ(『影響力の武器』シリーズ 著者)

「あなたの行動がどのように影響力に左右されているか知りたければ、ジョーナの最新刊『インビジブル・インフルエンス』がうってつけです。思考を刺激する研究結果、印象的なエピソード、そして優れた洞察。素晴らしい読書体験です」――ウィリアム・ユーリー(『ハーバード式交渉術』著者)

「バーガーが今度書き上げたのは、世の中をどのように見ていくか、そのアイディアやツールに満ちた、実に魅力的な本だ」――チャールズ・デュヒッグ『習慣の力 The Power of habit』著者)

「本書を読み始めるとすぐに、自分自身や周囲への見方が変わる事でしょう。啓発的で、実に魅力的です」――エイミー・カディ(『パワーポーズが最高の自分をつくる』著者)

「ジョーナは最もイノベーティブな心理学者として、精力的に出版を続けている。その主張は、我々の直感と異なる刺激的なものであるだけでなく、プラクティカルかつプラグマティックに言い表されている。彼の書いたものなら何でも読みたいし、それを活用したいと思っている」――ライアン・ホリデイ(『グロースハッカー』著者)

出版社からのコメント

ランチの店選びから投票まで、日々のあらゆる決断を左右する影響力のメカニズムに迫る。全米ベストセラーのマーケティング学者最新刊

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 2113 KB
  • 紙の本の長さ: 236 ページ
  • 出版社: 東洋館出版社 (2016/12/22)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01MRZVQ76
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 30件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 12,062位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
3つのことが特に印象に残っています。
1つ目は、社会的ファシリテーションの話です。単純なことは回りに人がいたほうがパフォーマンスがよくて、複雑なことは一人の方がよい、というのは、思い当たることがたくさんあります。山で岩場を登るときに登っている最中にあまり声をかけるな、という話があるのですが、それも集中を欠くからというのが理由で、通じるものを感じます。
ただ、それを裏付ける実験が、ゴキブリ実験だなんて!
2つ目は、近所が節電していると伝えるのが一番節電効果があったいう例です。こういうメッセージを自分も使っていきたいと思います。
そして、最後に出てきた、育った環境が収入に左右する、という例。
マンハッタンに住むと収入がよくなくなるなんて、住んだことがないからぴんとこないのか、高収入エリアならいいというわけではないのでしょうか。ちょっと謎は残りましたが、場の影響を受ける、ということなのかなと思っています。自分の周りのの空気もよくしたいですね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
会議での意見が、どのように決定事項に影響するのか理解できた。すべての記載事項に興味深いことが書かれていた。読みごたえ十分。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
こんなに言いきったら、出版社に怒られるのかもしれませんがマーケティングの本です。
いかに自分の商品を選ばせるかということを説明した本として読むと、とても面白く潜在意識がどのように消費者の決定に影響を及ぼすかといったことが興味深い事実と共に説明されています。本としては面白かったですし、今後も何度か読み返すと思います。

ただ、筆者と出版社の意図は、もっと大きな意味での意思決定のメカニズムを書きたかったのだと思います。で、私もそういう期待、特に上司や会社の上層部、他者のエグゼクティブに決断をさせるために、どのような手段を使えば良いのか?といった問題のヒントを求めて手に取ったので、そこは期待はずれだった気がします。筆者がマーケティングコンサル寄りな立ち位置だからだと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 日月白夜 VINE メンバー 投稿日 2017/3/30
形式: 単行本 Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
決断させる力という
タイトルに違和感がありますが、著者の見解、主張は
なるほどと頷くものが多く、タメになりました。
類は友を呼ぶなどのことわざを
具体例や実験結果を用いながら
色々な角度から証明、説明していくような感じです。

確かに実生活において、人の真似、印象、自らの行動に
至るまで他人の影響は受けていると思っていましたが、
ここまでとは。
社会的影響力の大きさを見せ付けられます。

アメリカが舞台なので個人的主張の強い人たちの集まりが舞台です。
個人主義における見えない影響力という感じですが、
必ずしも全てがそうでなく、どちらかといえば
アメリカにおける労働者階級は人と違うよりもよりも全体を重んじるそう。
アメリカでトランプ大統領が当選したのもその辺りがあるのかもしれません。
日本にも少し触れられており、出る杭は打たれるで妙に納得してしまいました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
行動経済学に興味があって海外ベストセラーの日本語版が出たと知り、本屋で購入しました。
「わたしはみんなとは違う。ただし、ほどよい具合に」という心理は確かにと思いました。
今度は自分がそんなしかけに騙されず、正しい選択ができるように、
また、社会的影響力を味方にするためにはどんな行動をとればいいのかを考えさせられました。
仕事や人間関係に生かしていきたいところも多く、とても勉強になりました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
著者は経営マーケティングの博士号を持つ米国人で、准教授として大学でマーケティング学の教鞭も執られています。

本書帯を拝見すると、一見は同出版社が動画サイトに上げられている『著者メッセージ動画』で語られている通りに、相手の行動を【真似】する事で社内コミュニケーションが潤滑になると言う内容の、ビジネス指南書の様に見受けられます。
しかし実際には、業界を限定せずに広義におけるビジネスモデルの研究書と言え、そのテーマも人の言動を【真似】する事よりも、商品やサービスの【模倣】が主題となっており、個人的には『正しいオマージュ』とか『コピー製品の逆襲』等と言うタイトルが適切と感じる書籍です。

ニュースにも名前が踊る様な著名な車&デジモノ&アパレルから、著者地元の飲食産業や映画&スポーツと言うコンテンツ事業まで、各業界で起こった上述テーマに沿った逸話を、実名を挙げて読み物調に記されています。
方向性としては【心理学】が機軸となっており、『集団における個人感情』と『社会における集団心理』から探求され、ヒット商品が売れるべくして売れた理由をテーマに沿って分析されたりもしています。

具体的な解説手法としては、企業が損害を被る様な【コピー商品】の存在を、限定的に肯定する記述まであり、かなり世界の実状に沿った現実的な提案が
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover