¥ 1,944
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
インド・シフト 世界のトップ企業はなぜ、「バンガロ... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
5点すべてのイメージを見る

インド・シフト 世界のトップ企業はなぜ、「バンガロール」に拠点を置くのか? 単行本(ソフトカバー) – 2018/2/22

5つ星のうち 4.6 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本(ソフトカバー)
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 3,916

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「MATOME3」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック
click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • インド・シフト 世界のトップ企業はなぜ、「バンガロール」に拠点を置くのか?
  • +
  • 最後の超大国インド 元大使が見た親日国のすべて
  • +
  • 改訂版 インドのことがマンガで3時間でわかる本 (アスカビジネス)
総額: ¥5,508
ポイントの合計: 167pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon.co.jp限定】君たちはどう生きるか(Special Note付き)
作中でおじさんからコペル君に宛てられたノートをモチーフにした、特製「コペル君ノート」の付録付き。ギフトにもおすすめ。 ⇒詳しくはこちら

商品の説明

内容紹介


大前研一氏推薦!

日本企業はシリコンバレーへ。シリコンバレー企業はインドへ。

本書で言う「インド・シフト」とは、「インドにグローバル戦略拠点や研究開発拠点を置き、インドの高度IT人材とともに、インドから世界的イノベーションを生み出していく」ことである。
ここ数年、世界のトップ企業は軒並みこのシフトを進めている。しかもその勢いは増すばかりだ。

特に、“インドのシリコンバレー"と言われる南部の都市「バンガロール」には、マイクロソフト、グーグル、アマゾン、オラクル、SAP、IBM、アクセンチュア、インテル、クアルコム、エヌビディア、アーム、ノキア、ファーウェイ、サムスン、ウォルマート、3M、ゴールドマン・サックス……多くの世界のトップ企業が開発拠点を設置している。
顔ぶれも豪華だが、驚くのは、その多くが本国以外では最大規模の開発拠点を構えていることだ。数千人のスタッフがいるのは当たり前である。

世界のトップ企業が「インド・シフト」を急速に進めているのはなぜか? 日本企業はどうすべきなのか?
世界をリードするインドIT業界とイノベーションの新潮流を、ソニー・インディア・ソフトウェア・センターの責任者としてバンガロールに約7年駐在した著者が徹底解説!

【本書の構成と主な項目】
第1章 なぜ世界のトップ企業は「バンガロール」に拠点を置くのか
・2020年、バンガロールがシリコンバレーを抜く日
・バンガロールにいれば、次のITトレンドがいち早くわかる
・「未来のグーグル」「未来のアマゾン」がインドから生まれる可能性も

第2章 インドのシリコンバレー、バンガロール
・人口1000万人を超えるインド南部の大都市
・近代化が進んだ「ガーデン・シティ」
・教育水準が高く、航空宇宙・防衛産業、バイオテクノロジーが盛んな街

第3章 激変するインドIT業界
・オフショア拠点から、上流工程まで手がける一大拠点に
・IT以外の業種や新興企業も次々とバンガロールに進出
・インド戦略がアップルの将来を左右する

第4章 インドのスタートアップ
・充実するスタートアップ・エコシステム
・続々と登場するユニコーン企業
・インド政府による「スタートアップ・インディア」政策

第5章 グローバル人材輩出国インド
・グーグル、マイクロソフト、ノキア。いずれもCEOはインド人
・高度IT人材を数多く輩出する「IIT」とは?
・人材争奪戦の蚊帳の外にいる日本企業

第6章 インド発・世界的イノベーションの可能性
・バンガロールは「リバース・イノベーション」の前線基地
・登録者12億人! インド版マイナンバー「アーダール」
・インドは「新興国にもかかわらずIT先進国」という稀有な国

第7章 IT分野での日印連携に向けて
・中国やベトナムではなく、インドである理由
・加速するIT技術革新とグローバル・ティルト
・GICの設立・運営のポイント
・インドIT人材の獲得戦略
・インドITサービス企業とのパートナー戦略
・日本企業とインド・スタートアップ連携
・日本とインドで世界的イノベーションを創出する

【本書第1章より抜粋】
欧米をはじめとした先進国や中国・韓国のトップ企業は、すでに何年も前から、大規模な研究開発拠点をバンガロールに置き、社内のトップ人材や資金といったリソースをそこに投入し、本気で勝負しに行っている。
ところが、多くの日本のトップ企業は、ITの世界で言えばシリコンバレーばかりを意識している。しかし、そのシリコンバレーの企業はバンガロールやインドのほうを向いているのである。このまま、日本企業だけが流れに乗り遅れてしまえば、挽回不可能なほどの差がついてしまいかねない。

【推薦の言葉】
インドでは20年前にシステム開発の合弁事業をインフォシスなどと展開した。共同創業者のナンダン・ニレカニ氏に、「大前さんはアメリカ人よりも早くインドのIT能力を発見した」と言われたが、それ以来、IITやIIMなどの卒業生が世界中で活躍し、今では初任給で日本の技術者の6倍にもなっている。今やインドのIT技術者や経営者を知ることなく世界企業の経営はできなくなっている。本書を通じて躍進するインド最大の武器と言われる人材資源を知り、私がなぜ21世紀の経営資源は人、金、モノではなく「人、人、人」と言っているのかも併せて理解してほしい。──大前研一(ビジネス・ブレークスルー大学 学長)

内容(「BOOK」データベースより)

日本企業はシリコンバレーへ。シリコンバレー企業はインドへ―世界をリードするインドIT業界とイノベーションの新潮流。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 285ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2018/2/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569831494
  • ISBN-13: 978-4569831497
  • 発売日: 2018/2/22
  • 梱包サイズ: 18.8 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 9,307位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(10)

トップカスタマーレビュー

2018年5月23日
形式: Kindle版|Amazonで購入
2018年5月20日
形式: Kindle版|Amazonで購入
2018年2月25日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2018年4月21日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2018年4月26日
形式: Kindle版|Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2018年3月11日
形式: Kindle版|Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2018年3月3日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2018年3月20日
形式: Kindle版|Amazonで購入