Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540

¥ 119の割引 (18%)

(税込)
ポイント : 5pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[沼津マリー]のインドでキャバクラ始めました(笑)(1) (モーニングコミックス)
Kindle App Ad

インドでキャバクラ始めました(笑)(1) (モーニングコミックス) Kindle版

5つ星のうち 3.5 17件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] インドでキャバクラ始めました(笑)(モーニングコミックス)の2の第1巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 4,164 ¥ 97

紙の本の長さ: 160ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

服飾の専門学校に通う傍ら、軽い気持ちで始めた夜の世界にどっぷりハマりこんだ“ゆとり世代の落とし子”沼津マリーは、常連の社長にそそのかされ、単身インドに乗り込みキャバクラを経営することに! 日本の常識はインドの非常識。右も左もわからぬインドで、現地の駐在員相手に悪戦苦闘しつつキャバクラ「クラブマリー」を切り盛りする様子を本人が描いた、ほぼ実録エッセイ。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 37075 KB
  • 出版社: 講談社 (2014/9/22)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00NIEU1LS
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
スキャンの解像度が低くて、Retinaディスプレだと常に全体がぼやけた感じ。そして拡大してもぼやけているので、小さな文字は判読が難しくて、ちょっとストレスたまる。せっかく内容はおもしろいのに。Webの無料版の方が多少解像度が高くてクリアに見えるのがこれまた悲しい。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2014/9/23
形式: コミック Amazonで購入
本の内容に関しては文句ひとつありません
しかしweb漫画から紙媒体の漫画になるにあたって編集部は写植を打つことを考えなかったのでしょうか?
というのも面白い本なので他人に勧めたところ「文字が小さく読みにくい」「字が汚い」などと言われがっかりしたからです
「こういう人生もあるよ」「こんな生き方もあった」と知って欲しかったのに
作者は何も悪くないのにこういうところで損をしてしまうのにひどく編集部の無能を感じました
内容は☆5つです
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
あと、違法だ違法だと騒いでいる奴は、
アクション映画見るな、カーチェイスや銃を無差別にぶっ放すのは違法だ。
太宰治の人間失格読むな。主人公がヒロポン中毒になるのは違法だ。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
マリーさんの口元の線。これがこの作品を象徴していると思う。(なお、この書籍のコラムにこの口元の線の裏話が載っている。)
主人公であるマリーさんは、はっきりと言葉で表現できないが何かビビッと感じるものを大事にしてそれを信じて進んでいく。その感覚がもっとも際立っているのが口元に一本の線を加えたことで、インドへ行くこと、ハロプロにはまっていること、その他この漫画のいろいろなエピソードにもこの感覚が流れていると思う。だからなのか、特にゴールに向かって進んで行く物語ではないのに、何か全体のつながりがあるように感じられる。
大げさな言い方かもしれないが、このような感覚をそれぞれのやり方で取り入れることは、毎日のなかで充実感を感じ、人それぞれであることを出発点に他者を大事にしていくための一つの大きな道ではないだろうか。少なくとも「自分とは何か」や「人生の意味とは」の答えを探して考え詰めるよりもはるかに有効だと思う。
キャバクラの舞台裏の話として楽しく読みつつも、自分のことも振り返りながらそのようなことを考えた。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
口の下の線が血を吐いてるみたいでずっと気になりました。

あと、インドと言っても日本人社会の話が多くて、駐在してるとこんな感じだよねというのは面白かったですが、国は別にインドでなくても変わらない気がしました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
かわいい絵で読みやすく、グイグイ引き込まれる衝撃体験の数々。
あっという間に読み終えました。
人間行動力があるとなんでもできるんだなと思わされた本作。
英語もできないのにインドに行って水商売を実質一人でやってしまう思い切りの良さ…

こういう人生もあるのだなぁと衝撃を受けました。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2017/5/26
形式: Kindle版
インドには時々仕事で訪れますが、概ね、駐在員の雰囲気はこんなものですね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
モーニングのwebで面白かったので購入。
毎朝の通勤電車で読んでいます。

21歳の英語すら出来ないキャバ嬢がインドでキャバクラを開く話。
インドならではの災難が多々降りかかってくるが
主人公兼著者、沼津マリーはは決してめげない。へこたれない。
そんな彼女のポジティブさには敬服する。
これを読むと仕事が一日、頑張れる気がする。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
オーナーもマリーも行き当たりバッタリでなんとかしてしまう、いい意味でいい加減さが必要、特にグローバルではと思える作品
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
お店で中々見つからなかったのでとても助かりました。発送も早い
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover