この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

イントゥ・ザ・ワイルド [DVD]

5つ星のうち 4.3 127件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: エミール・ハーシュ, マーシャ・ゲイ・ハーデン, ウィリアム・ハート, ジェナ・マローン, ブライアン・ダーカー
  • 監督: ショーン・ペン
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: Happinet(SB)(D)
  • 発売日 2009/02/27
  • 時間: 148 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 127件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001O01SGU
  • JAN: 4907953026780
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 36,089位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

ショーン・ペン監督最高傑作、衝撃の実話を映画化!
恵まれていた22歳の青年は、なぜ独りアラスカを目指したのか-

1992年アメリカ最北部、アラスカの荒野でクリストファーという若者の死体が発見された。裕福な家庭に育った優等生の彼が、なぜ全てを捨てて旅立ち、2年間の放浪の果てにアラスカで最期を迎えたのか。
ジャーナリストで登山家のジョン・クラカワーはこの出来事を綿密に取材し、ノンフィクション「荒野へ(原題:Into The Wild)」を発表、一躍ベストセラーとなった。この「荒野へ」に激しく心揺さぶられたショーン・ペンが10年近くをかけて映画化権を獲得。実力派のスタッフ&キャストが結集し、ついに本作「イントゥ・ザ・ワイルド」が完成した。理想と現実のギャップに悩み、全てを捨てて真実を追い求めた主人公の姿は、見る者すべてに衝撃を与える。
旅の終わりに彼が知った“真実の幸福”とは・・?

主演のエミール・ハーシュは、18キロの壮絶な減量を敢行。実際にクリスが着ていた服に身を包みアラスカに立つ渾身の演技は必見!
他にも、共にアカデミー賞受賞者であるクリスの両親役のマーシャ・ゲイ・ハーデンとウィリアム・ハートや、本作で83歳にして初のアカデミー賞助演男優賞候補となったベテラン俳優のハル・ホルブルックなど、実力派のキャストが結集!

アラスカの壮大な自然、臨場感のある圧倒的な映像美や、映像とシンクロするエディ・ヴェダーのエモーショナルな音楽が作品を盛り上げる!


【ストーリー】
1990年夏、大学を優秀な成績で卒業したクリストファー・マッカンドレスは、ハーバードのロースクールへの進学も決まり、将来を有望視された22歳の若者だった。ところがある日、周囲に何も告げることなく全てを捨て、彼は姿をくらました。これがクリスの“真実を探す”壮大な旅の始まりだった。最終目的地は、アラスカ。

【キャスト】
エミール・ハーシュ、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ウィリアム・ハート、ジェナ・マローン、ブライアン・ダーカー、キャサリン・キーナー、ヴィンス・ヴォーン、クリステン・スチュワート、ハル・ホルブルック、ジム・ガーリエン

【スタッフ】
監督・脚本:ショーン・ペン、プロデューサー:ショーン・ペン、アート・リンソン、ウィリアム・ポーラッド、撮影監督:エリック・ゴーティエ、プロダクション・デザイナー:デレク・R・ヒル、編集者:ジェイ・キャシディ A.C.E、衣装デザイナー:メアリー・クレア・ハナン、美術監督:ドメニク・シルベストリ、作曲家:マイケル・ブルック、音楽・歌曲:エディ・ヴェダー、音楽:カーキ・キング

【特典】
・特典映像(約40分):ショーン・ペン監督インタビュー、メイキング

【収録音声】
1.英語ドルビーデジタル5.1chサラウンド、2.日本語ドルビーデジタル5.1chサラウンド

【収録字幕】
1.日本語字幕、2.日本語吹替用字幕

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ノンフィクション小説「荒野へ」をショーン・ペンが10年もの構想、準備期間を経て映画化。すべてを捨て旅に出た裕福な青年・クリスが2年間の放浪の果てに何を見て、どんな最期を遂げたのか?緻密な取材を元に“真実を探す”彼の旅路を描く。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray Amazonで購入
この映画が好きな人は今の生活に満足していない人でしょう。
もうこんな生活やめてどこか遠くへ行きたいと思う人は現代人では少なくないはず。

この映画が気に入らない人は今の生活に満足している人か
平穏な生活を手放すことを理解できない人でしょう。
ある意味堅実で自分の人生に自分で敷いたレールの上から動かない守りの人。

この映画は確かに愚かしいとも言えますが、それが若者でそれが自然なんだと思います。
家でじっとしている人には本当に意味で理解できるものでないところがなんとも映画ファン泣かせな作品です。
自分の人生をどう思っているかを再確認する為にも是非一度見てもらいたい映画です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazon カスタマー 投稿日 2014/10/30
形式: DVD Amazonで購入
最高の映画。しかし、最後はあまり悲しいので、心の準備してください。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
ベストセラーである原作の邦訳版のタイトルは「荒野へ」。
その映画化である本作は原題通り「イントゥ・ザ・ワイルド」。
微妙にニュアンスが違う気がします。
原題の方が文明社会に背を向けて荒野に分け入ってゆく若者のプリミティブな衝動を強く感じさせて秀逸ですね。

原作はノンフィクション作家であるジョン・クラカワーの手による作品で、前途有望な若者がどのような経緯でアラスカの凍てついた地で命を落とすこととなったのか
彼がたどった足跡を綿密な取材で解き明かしてゆきます。
その手法は正にノン・フィクションのそれであり主人公の生涯を過剰にドラマチックに仕立て上げることは避けている印象でした。

しかし映画化された本作の印象は予想以上に「人間ドラマ」としての印象が強い。
その大きな要因は主人公クリストファーと彼の父親との間に横たわる確執が彼の行動の要因であったことをはっきりと打出している点にあります。
そしてクリスが広大なアメリカの大地を西に向かって放浪する中で出合う事になる人たちとの交流。
彼が目にするアメリカの様々な都会、そして大自然の風景...

実は原作が出版された時期にアメリカに留学していたのでその時に原作を読んだのですが、周りのアメリカ人の友人たちの
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
精神科の仕事をしてると、主人公のようなタイプの青年っているなと思った。
原作「荒野へ」を読んでいないが、事実に基づいて丹念に、取材を重ね、主人公の足跡や家族の思いを取材したことを反映しているのだろう。
家族の思いも、切実さが込められている。

そして、主人公は、嫌な世界から距離を開け、世界や自己を見つめ直していく。
その考え方が極端ではあるが、そういうタイプの人もいるのである。

そして、彼は荒野に行くことを選んだけれど、このような結果は、都会でも起こり得ると思う。
1人暮らしの一室、住所もなく野宿をする人々。
以前、野宿者の支援をしていたときに、彼らの中にも、それまでにいろいろな人間関係で辛い思いをしてきて、そのような境遇になった人たちがいた。
一般の人から見れば、福祉で何とかすればいいと思うかもしれないが、社会との絆にすんなりと身を預けるのが難しい人もいるのである。

主人公が旅の中で、出会うような人々に誰しも出会えるわけではないが、何らかの人との接点をなくしてほしくないと思った。

映画を見て、そんな思いをshareしたくなった。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
裕福な家庭に育った優等生の若者が、不仲の両親への反発心、また現代社会への疑問から、全てを捨てて放浪の旅に出、その先で死を迎えるという、実話に基づいたロードムーヴィー。

主人公の行動は、いかにも「若気の至り」であるし、「お坊ちゃん」的でもある。しかしこの映画は、そんな彼に対する批評的な視点も確かに存在する(主人公は、子供が行方不明になったことを嘆く人物に会う)。カメラは、主人公を決して美化せず、しかし共感を寄せながら、雄大で美しいアメリカの大自然(美しい映像が満載!)とともに彼を追っていく。

ヒッピーや孤独な老人等との味わい深い出会いを通じ、彼はアラスカの荒野へ足を踏み入れる。そこで彼はついに「幸せとは何か」に対する一つの解答を見出し、両親と心の中で和解するのだが、彼は厳しい自然に飲み込まれ、生きて帰ることはできなかった。このラストには、正直心を揺さぶられた。

これは、放浪の旅を称賛するわけでもなく、若者の無軌道な行動を批判する映画でもない。ただ、自分の内なる声に正直に生きた聡明な青年の死を、深い共感と敬意をもって描いた作品である。ロードムーヴィー好きな自分にとっては、とりわけ素晴らしいと感じられる感動的な作品だった。ぜひ、多くの人に観てもらいたい。
コメント 109人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す