通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
インデックス がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 希望社
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですが概ね良好です。なお、こちらの商品はAmazon配送センターが商品の保管、梱包、配送を行ないますので、安心してご利用ください。ラベルは跡が残らず剥がせます。万が一品質に不備があった場合は返金対応。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

インデックス 単行本 – 2014/11/14

5つ星のうち 4.1 41件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 436

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • インデックス
  • +
  • 硝子の太陽R-ルージュ
  • +
  • 硝子の太陽N - ノワール
総額: ¥4,860
ポイントの合計: 113pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞ノミネート作品決定
全国の446書店、書店員564人の投票により上位10作品がノミネート作品として決定しました>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

姫川玲子、捜査一課復帰へ! 全読者待望、2年ぶりの最新刊

所轄に異動し、幅広い事件捜査に、日夜全力で挑む姫川玲子。
忙しい日々の中で、玲子はようやく、本部復帰のチャンスを掴んだ。
ただ、捜査一課に戻るなら、あの仲間たちを呼び戻したい──。姫川班、再結集なるか!?

内容(「BOOK」データベースより)

池袋署強行犯捜査係担当係長・姫川玲子。所轄に異動したことで、扱う事件の幅は拡がった。行方不明の暴力団関係者。巧妙に正体を隠す詐欺犯。売春疑惑。路上での刺殺事件…。終わることのない事件捜査の日々のなか、玲子は、本部復帰のチャンスを掴む。気になるのは、あの頃の仲間たちのうち、誰を引っ張り上げられるのか―。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 391ページ
  • 出版社: 光文社 (2014/11/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 433492977X
  • ISBN-13: 978-4334929770
  • 発売日: 2014/11/14
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 41件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 16,844位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
どんな姫川玲子に会えるか、すごく楽しみにしてました!短編集なので、少しボヤけるところもありますが、姫川玲子が帰ってきたことが嬉しい!最後にやっと、ヤツも帰ってきた!と思いました。個人的には、姫川玲子シリーズの長編が読みたいです。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
もう、あかん。
姫川のイメージが、完全に竹内結子になってもた。ページめくりながら、竹内結子がセンター分けのロングヘアーを、かきあげてるのが見える。好きや。竹内結子、姫川玲子、好きやぁーーー!
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
まったくの想像だけど、近年の誉田哲也の警察小説全体ににじみ出てる誉田哲也のマイブームはおそらく法律学習だろう。

しかし、誤解釈が多い。
例えば、「善意の第三者」という言葉を何度か使っているが、この「善意」を道徳的な意味の善悪の善意と解釈しているようだ。
「善意の第三者」とは、事情を知らない第三者という意味であるので、その意味を知っている者にとって文脈がおかしくなってしまう。
(同様に「悪意」とは、事情を知らないという意味になる。)

また、好んで「秘密の暴露」という語を使うが、安易すぎる。
誉田哲也の場合、捜査上、調室でもない場所での発言において、公開されていない情報を犯人が知っていることを、すぐに「これは秘密の暴露にあたる」だと書いてしまうが、そこに誘導がなかったどうか、厳に検証されるべき問題であるので、もっと謙抑的に使ったほうがいいと思う。

次に刑法に関しても、おそらく各論にばかり目がいってるのではないか。さらにこの罪の法定刑はどうだってことに注目してるような節がある。
それ故、犯罪行為に対して、罪を列挙して、量刑はどうだったと安直に書いてしまう。
本作所収の「女の敵」でも、犯人の女が、集団準強姦罪、MDMAの使用罪、逮捕監禁致傷罪で懲役6年9月とまとめて
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
姫川玲子が好きな人には面白いと思う。短編集をうまく組織論で繋いで、一冊にまとめた感じがある。だからタイトルもインデックスなのだと腑に落ちる。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kuro 投稿日 2015/2/3
形式: 単行本
誉田作品の中でも一番好きなのが「姫川玲子シリーズ」です。
解散してしまった姫川班が、いつ再結集するのか、も楽しみで待っていました。
今回は短篇集ですね。

一番好きなのは「女の敵」
これには、亡き大塚巡査が出てきます。
彼の生真面目で優しいところが生かされたいい作品でした。
もっと彼に活躍してほしかったな、と思うのは私だけでしょうか?

ラスト2作品「夢の仲」「闇の色」は連作です。
今問題になっているネグレクトを取り上げた内容で、読み応えがありました。
母に捨てられた子供の想いと、捨てた母の心、重なることはあるのでしょうか?
悲しく読みました。
そして、最後の最後、菊田登場!
これは、嬉しくて、少し飛び上がってしまいました。

次はだれが戻ってくるのかな?と期待しながら次作を待つことにしましょうか。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 たくこん トップ500レビュアー 投稿日 2014/11/22
形式: 単行本 Amazonで購入
短編集ではありますが、大きなストーリーとしては繋がっています。
姫川主任の人間性が今まで以上に伝わってきます・・そんなエピソードがズラリ。
そして、捜査一課へ復帰!
そんな中、まさかの『あの男』が・・・

次は、長編が読みたいな。

PS:短編の中では「彼女のいたカフェ」が1番のお気に入りです。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
姫川玲子シリーズの7つの短編集。

どの作品もよく考えられていて楽しめた。今回は事件がメインというよりも、姫川の感情がよく描かれていたと思う。個人的には「夢の中+闇の色」が好きだった。

「夢の中+闇の色」は、すでに犯人が確保されているにも関わらず、計画的な犯行なのか通り魔的な犯行なのかを調査する事案。最後は悲しい結末が待っているが、いかに捜査の視点を切り開くいていくのか読み応えがあった。

今回、新しい姫川班の面々が登場したが、姫川以外はそれほど活躍していなかった。個性的な人物が揃っていそうなので今後の活躍に期待したい。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
どうして作者は女を巧みに描くのだろう。
姫川の肩肘張った姿勢、それを支える故人達への思い、表面はあくまで男なのに根底にはしっかり女性的な理屈がちゃんとある。
短編集でありながら、姫川の深溝をしっかり描かれていて、次回作への礎になる作品。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー