この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

インディストラクティブル

5つ星のうち 4.0 9件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:6¥ 3,980より 中古品の出品:11¥ 331より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ディスターブド ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック



登録情報

  • CD (2008/6/4)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: Warner Music Japan =music=
  • 収録時間: 53 分
  • ASIN: B0015DMNP6
  • JAN: 4943674079148
  • 他のエディション: CD  |  LP Record
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 97,572位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. インデストラクティブル
  2. インサイド・ザ・ファイア
  3. デシーヴァー
  4. ザ・ナイト
  5. パーフェクト・インサニティー
  6. ホーンテッド
  7. イナフ
  8. ザ・カース
  9. トーン
  10. クリミナル
  11. ディヴァイド
  12. ファサード
  13. パラサイト (日本盤ボーナストラック)

商品の説明

内容紹介

アルバム前2作が連続全米NO.1獲得のロック・モンスター“ディスターブド”待望の新作!!
全てを飲み込み、強大な世界観を繰り広げる!!USロックシーンの最重要バンドが放つ2年半ぶりの4thアルバム!!

メディア掲載レビューほか

破壊の業火の中から立ち昇るような咆哮ヴォーカルに絡む、デスな呪文の如き呟きの怪しさが、ヘヴィーにメロディアスに聴く者を幻惑する--。米国HR/HMシーンを牽引するロックモンスター、ディスターブドの待望の第4弾アルバム。 (C)RS

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0

トップカスタマーレビュー

投稿者 主観音 VINE メンバー 投稿日 2008/6/5
形式: CD Amazonで購入
前作において、究極な形で提示されたディスターブド流メタル。今作は、それを更に深化させた印象がある。
前作から導入されたギター・ソロをほぼ全曲に配し、展開に幅をもたせた上で緻密に構築された楽曲。やや増量気味の破壊力抜群なリズミック・ヴォーカル。全編において隙間なく、リズムとメロディが渾然一体となって押し寄せてくる。
今作はサンプリングが表に出てくる割合が増えた分、1stに近い印象もあるが、大枠では前作を引き継ぐ硬派なメタル。
セルフ・プロデュースも全く問題なく、もの凄い音圧で迫ってくる。あいかわらず強烈なアルバムだ。
今作も個々の楽曲は個性的で新機軸といえる展開も見られるが、唯一、問題点を挙げるとすると、聴後の印象が前作までの楽曲と被ってきている点。今後も、自分たちの築き上げた音楽性を深化させていくのであれば、ヴォーカル・メロディに更なる工夫が必要かもしれない。
進化か深化か。メタリカとなるかスレイヤーとなるかは、次作辺りではっきりするような気がする。
個人的には、彼らがヘヴィ・ロック界のAC/DCを目指してても、全く問題なく支持し続けるけどね。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
メロディアスなメタルっぽくなってます。
曲の美しさや完成度は高まっていると思います。
ただTEN THOUSAND FISTSやBELIEVEあった凶悪なまでのパワーはやや衰えているように感じました。
メロディアスで聴きやすくなった分ソフトになってしまったというか。
彼らはこの路線で行っちゃうんだろうか。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
すばらしい。緻密な計算とHMに不可欠なアグレッションを両立できる天才バンドです。幼稚な表現ですがなにしろ曲がかっこいい、うまい、血がさわぎます。ストレートに聞いてくださいとおすすめします。メタリカの新作も決して悪くはないのですが、こんなのを聴いた後だと厳しい・・・てぐらいすごい!もっともっと日本での知名度が上がってほしい。アメリカではもう何度もナンバー1に輝いてるんですから。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
いかにも、ディスターブドというスタイルを持ったサウンドが詰まった作品です。
ギターフレージングも前作より深みを増しているように感じられます。
ただ、この今後も自らのスタイルに固執し過ぎてしまわないかと心配な気もしますが。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
熱狂的にdisturbedを支持する人であればあるほど、このアルバムを聴いた際に困惑と感動が綯い交ぜになった感覚があるのではないかと思う。
自分はそれがあった。
前作よりもかなりメタル色が強く出ている。全曲に配されたギターソロ。そしてdisturbedならではのメロと歌声。迫力。重低音。disturbedであることは一聴で判る。けれどもこのメタル色の強さ。それらが混ざり合って感動と、困惑が発せられるらしい。
そして、ああそういえば、と気付くのは彼らが何度となくインタビューで答えていた「1stのような」という表現だ。そういえば、1stはメタル色が強めだった。彼らはこのことを指していたのだろうか?と考えた。

前作"Ten Thousand Fists"の完成度は非常に高かった。傑作と呼ぶ人も多かったと思う。(自分も同意!)
傑作と呼ばれる作品の後に全くアルバムが出なくなるバンドは結構ある。方向性を見失い、崩壊していく場合も多い。そんな中、disturbedはコンスタントと言えるペースで作品を発表した。1stの当時を思い起こすような…何故かリラックスして作った印象すらある気がする…作風で。同時に、深化を示しながら。力み過ぎて崩壊しなかったことが、素直にうれしい。
感動と同時に困惑しつつ自分が考えたのは、fanへの、シ
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告