この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

インタープレイ+1 Limited Edition

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ビル・エヴァンス ストア


キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • CD (2004/9/22)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Limited Edition
  • レーベル: ビクターエンタテインメント
  • 収録時間: 46 分
  • ASIN: B0002V00PC
  • JAN: 4988002467570
  • 他のエディション: CD
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 568,436位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. あなたと夜と音楽と
  2. 星に願いを
  3. アイル・ネヴァー・スマイル・アゲイン (テイク7)
  4. インタープレイ
  5. ユー・ゴー・トゥ・マイ・ヘッド
  6. 苦しみを夢に隠して
  7. アイル・ネヴァー・スマイル・アゲイン (テイク6)

商品の説明

内容紹介

ビル・エヴァンス(p) / フレディ・ハバード(tp) / ジム・ホール(g) / パーシー・ヒース(b) / フィリー・ジョー・ジョーンズ(ds)
(1)(2)(5)(6) 1962年7月16日 NYC録音
(3)(4)(7) 1962年7月17日 NYC録音
トリオによる名声を確立したエヴァンスがF・ハバード、J・ホールらを従えたクインテットのリーダーとして録音したオールスター・セッション。

メディア掲載レビューほか

2004年9月22日~12月29日までの期間限定出荷で実施される、ビクターのナイスプライスキャンペーン`NICE PRICE 2004`(全163タイトル)。本作は、ピアニスト/ビル・エヴァンス他による演奏を収録した1962年録音盤。 (C)RS

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ファイブスポット VINE メンバー 投稿日 2004/9/21
形式: CD
1962年の録音なので、もう40年以上前のアルバムだ。独特の美しいピアノでブレークした直後のビル・エヴァンスに、相性のいいギターのジム・ホール、パーシー・ヒース(ベース)、フィリー・ジョー・ジョーンズ(ドラム)、若きフレディー・ハバード(トランペット)と最高のメンバーのクインテット。一曲目の「あなたと夜と音楽と」と「インタープレイ」の美しさに息を呑む。若々しいが、突出しないハバードのトランペットがいい。ジム・ホールの透明感あふれるギター・プレーもエヴァンスのピアノにピッタリ。ピアノトリオでないエヴァンスの別の面を楽しめる。夜に聴きたい一枚。(松本敏之)
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
盟友スコット・ラファロの死はビル・エヴァンスにとって想像に絶する衝撃であったに違いない。しばらくはトリオという形式になじまず、デイブ・パイクを加えたユニットやジム・ホールとのデュオなど、ラファロとの蜜月を忘れるかのような異なった編成によるレコーディングが続いた。このアルバムでも、ジム・ホールやフレディ・ハバードを加えた変則的なパーソネルでの演奏である。インタープレイという名称をあえて使用している点にも、こだわりとラファロへの思いが感じられる。曲目もあなたと夜と音楽と、星に願いを、アイル・ネヴァー・スマイル・アゲイン 、ユー・ゴー・トゥ・マイ・ヘッドなどスタンダードが中心で聴き応えがある。しかし、全体のバランスという意味では今ひとつしっくり行っていない気がする。もちろんラファロ、モチアンの鉄壁のトリオを望むべくはないが・・。それでも、新たな一歩を踏み出そうとしたエヴァンスの気概が感じられるアルバムであることにはかわりない。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告