Kindle Unlimited読み放題の対象です
中古品
¥160
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に出荷可能です。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


インターネット的 (PHP新書) (日本語) 新書 – 2001/7/14

5つ星のうち4.3 35個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
新書
¥160
¥66
お届け日: 7月4日 - 5日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

商品説明

 「インターネットそのものが偉いわけではなく、インターネットは人と人をつなげるわけですから、豊かになっていくかどうかは、それを使う人が何をどう思っているのかによるのだとぼくは考えています」
   糸井重里のこの言葉に、本書のテーマと主張がつめ込まれている。人々のこの新しいつながり方、豊かさ、あるいは新しい価値観(「インターネット的」としている)を、自らが主宰する人気サイト「ほぼ日刊イトイ新聞」の体験をもとに示していこうという。その行き着くところにユートピア的な世界を見出そうとする、野心作といえる。

 「インターネット的」世界については、さまざまな観点から説明されている。その特徴には、「リンク」「フラット」「シェア」という「3つの鍵」があるとしている。人と人との自由意志的なつながりや、満足し合い、分け合うという意識などが、そこでの重要な価値になっているというのだ。糸井自身が生きてきた広告・メディア業界を支配する価値観、プライオリティーは、その対極にあるものとして批判的に語られている。さらに、信頼や本音の関係を基礎にした「インターネット的思考」や、消費の立場から「クリエイティブ」を実現する方法などの行動指針についても提言されている。体験から「ワン・トゥ・ワン」「消費者主権」といったビジネス用語のウソを暴く記述などもあり、おもしろい。

   インターネットの可能性やその未来像を論じた書物は数多いが、本書は2つの点で際立っている。ひとつは、文科系の視点しかもたない職業的コピーライターの手により、インターネットが鮮やかに表現されている点である。もうひとつは、論じられる世界を著者が実際につくり出し、すでに生きている点である。いまだ「実験中」という雰囲気が漂っている、生々しさのある書物と言えるだろう。バラ色のインターネット観と現在進行形の説得力、そして世界を語る熱気が印象深い。(棚上 勉)

メディア掲載レビューほか

インターネット的
 文章はあくまで平易で分かりやすい。しかし――いや、それゆえと言うべきだろう――読み手のインターネットに対する態度を試す、かなり怖い本だ。

 周知の通り、著者は著名なコピーライターだ。自らが立ち上げたWebサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」を運営していくなかで考えたこと、感じたことを淡々とつづっている。語り口はやさしく、インターネットに触れたことがない人にも理解しやすい例えが多用される。インターネットの本質を「リンク、フラット、シェア」とするのは、ネットに触れた人には常識だろう。しかし、それを「これまでの社会でも当たり前にあった助け合いの態度」と説明するあたりが、著者の真骨頂だ。そのほかにも、分かりやすい例えや比較が多数出てくる。インターネットに漠然とした不安感を抱いている人は、インターネットといっても、今までの社会と対して変わりないと感じて安心するだろう。

 しかし、著者の代表作が西武百貨店のコマーシャルに使われたコピー「おいしい生活」だったことを思い出そう。なんとなく分かるが、「おいしい生活」の中身は、読んだ人それぞれが作らなくてはならない(それは西武の売る商品ですよ、というコピーだったわけだが)。

 同じことが本書にも言える。インターネットというものを万人が納得する言葉で説明しているが、「それで、インターネットは自分にとって何なのか」と考えずに安心しただけの人は、自分でも知らないうちに思考停止におちいってしまうだろう。結果、ものの見事に社会の変化から置いてけぼりになるのである。

 安心するためにではなく、自分なりの考えを固めるために、読むべき本だ。

( 松浦 晋也=ノンフィクションライター)
(日経パソコン 2001/10/15 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画


登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
評価の数 35
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

ベスト50レビュアー
2019年5月31日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年7月28日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年12月8日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年3月2日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
VINEメンバー
2007年2月10日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2009年3月20日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2019年11月13日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2014年9月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入