¥ 2,200 + 配送料無料
残り1点 ご注文はお早めに 販売元: bacgame

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

センチメンタルグラフティ2

プラットフォーム : Dreamcast
5つ星のうち 3.5 3件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 7,344
価格: ¥ 2,200
OFF: ¥ 5,144 (70%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、bacgame が販売、発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
  • 『センチメンタルグラフティ』の2年後を舞台にした続編。 キャラクターの入れ替わりや新規投入は行われず、前作の12人がそのまま成長した姿で登場する。声優陣もほぼそのままだが唯一、結婚出産のため休業中だった岡田純子氏に代わって、有島モユ氏が安達妙子役を勤めた。
  • 前作はともかくとして、アニメ版『センチメンタルジャーニー』は好評価を得ていたこともあって、次世代機での続編発表の際はそこそこ期待が集まった
  • 2000年1月27日とアナウンスされていた当初の発売予定は遅れに遅れ、ちょうど半年後の7月27日にようやく発売となった。 専門誌の1つである『ドリームキャストプレス』が、最終号で山本るりかのセミヌードを表紙に起用し、ユーザーを仰天させた。

Amazonランキング 売れ筋ゲーム
Amazon.co.jpの売れ筋ランキングでゲームのベストセラーをチェック。ランキングは1時間ごとに更新されます。 今すぐチェック

キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記: Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)、その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。


製品情報


よく一緒に購入されている商品

  • センチメンタルグラフティ2
  • +
  • センチメンタルグラフティ
総額: ¥3,039
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


不明な点がある場合

商品情報、Q&A、レビューで回答を検索

有効な質問が入力されていることを確認してください。質問は編集することができます。または、そのまま投稿してください。

お探しのものが見つかりませんでしたか?
リクエストの処理中に問題が発生しました。後でもう一度検索してください。
すべて 商品情報 カスタマー Q&A カスタマーレビュー

登録情報

  • 国外配送の制限: この商品は、日本国外にお届けすることができません。
  • ASIN: B00006LJFX
  • 商品パッケージの寸法: 14.2 x 12.6 x 2.4 cm ; 200 g
  • 発売日: 2000/7/27
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 28,958位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる

商品の説明

全国各地を旅しながら12人を相手に恋愛をするという異様な設定が笑いのネタとなった前作と違い、東京を舞台に心に傷を負ったヒロインと交流、恋愛するという、正統派の恋愛アドベンチャーに回帰している。 プラットフォームがドリームキャストに移ったことにより、前作で非難轟々を呼んだグラフィック面が格段に向上し、甲斐智久ファンを納得させた。また発売延期の間にVGA対応に仕様がグレードアップした。 初回版には甲斐智久のデジタル画集『サードウィンドウ』が付属する。 ハッピーエンドのためには日本全国に散らばった12人全員をまたにかけざるをえず、純愛派ゲーマーから大いに顰蹙を買った前作と違い、本作では特定のヒロインに一途に接することも可能になった。 また舞台を東京に集約したことで、ヒロイン達の横のつながりが出来、ストーリーに絡むようになった。前作ではほとんど主人公1人としか関わっていなかったヒロイン達の描写がより奥深いものとなった。 後にライトノベル『迷い猫オーバーラン!』『パパのいうことを聞きなさい!』シリーズをヒットさせる松智洋氏がシナリオ監督を担当。最後までプレイした人の間では、感動的なストーリーを評価する声も多い。 逆に前作のライターであり、本作を「正統な続編でない」と非難した大倉らいた氏は、一時的にファンの支持を得たものの、現在は廃業状態となっている。


カスタマー Q&A

3件のカスタマーレビュー

5つ星のうち3.5

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2005年8月8日
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2004年1月15日
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2003年11月24日
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。プレス機